ボリショイNY公演

2014年7月ボリショイバレエ団ニューヨーク公演にまつわる記事を、いくつか抜き書きしました。
それぞれ、本文の抜粋訳です。

***

rbth.comからの抜粋

Bolshoi dancers: Ballet is the art of overcoming oneself

ボリショイバレエ団ダンサー:バレエは自分自身を克服する芸術
July 25, 2014 Diana Bruk, RBTH

Why do you think the Bolshoi Ballet is so internationally revered?
ボリショイバレエ団が世界で称賛されている理由は何だと思いますか。

A.T.: I think it’s managed to retain its reputation from the Golden Age. We have a wonderful group and a great repertoire. And the standards for the dancers are still very high.

アンナ・チホミロワ(A.T.):黄金時代がら評判を維持しているからだと思います。ボリショイにはすばらし人たちと名高いレパートリーがあります。そして、ダンサーの水準はいまでもとても高いものです。

D.M.: Well, the Bolshoi blends the Italian, French, and Russian schools of ballet, so it’s all of the very best. And the instructors are excellent. They really instill a sense of discipline, which is important for ballet. They’re perfectly comfortable moving your foot into the proper position themselves if you’re not doing it right, and if you don’t like that, you can pack your bags and leave.

デニス・メドヴェージェフ(D.M.):ボリショイはイタリア、フランス、ロシアのバレエが融合して最高のものになっています。また、教師もすばらしい。規律心があり、それはバレエにとってとても重要なことです。ダンサーの足を正しいポジションに修正するのに、完璧な自信をもっています。それがいやなダンサーは、荷物をまとめて出て行けばいいのです。

Do you think the American approach to ballet dancing differs at all from the Russian? For example, are there any misunderstandings with [American Bolshoi dancer] David Hallberg due to cultural differences?

アメリカのバレエに対するアプローチはロシアと違いがあると思いますか。たとえば、文化の違いから、[ボリショイのアメリカ人ダンサー]ディビッド・ホールバーグと行き違いが生じることはありませんか。

A.T.: Not at all. He’s a great person and he really blended in with our troupe. I think artists have their own language – an international ballet language.

A.T.: そのようなことは一切ありません。ディビッッドはすばらしい人で、ボリショイバレエ団にしっかりとけ込んでいます。アーティストには独自の表現力、世界で通用するバレエの表現力があると思っています。

M.V.: He’s a very open and positive person. I think that when people are kind, cultural differences don’t matter so much.

マリア・ヴィノグラードワ(M.V.): デイビッドはとてもオープンで前向きな人です。いい人には、文化の違いはそれほど重要ではないと思います。

D.M.: If he continues in the same spirit in which he started, everything will be great. We’ve had lots of foreigners over the years, and what really matters is the person. If a dancer thinks he’s a star who has nothing left to learn, that doesn’t have good results, but David isn’t like that.

D.M.: 初心を忘れなければ、すべてがうまくいきます。これまで何人ものダンサーが海外からやってきましたが、そのダンサーの人物次第です。もし、自分はスターダンサーだからもう何も学ぶものはないと考えているようだったら、いい結果は生まれません。デイビッドはそういうタイプのダンサーではありません。

I was elated to hear that tickets to the Bolshoi were totally sold out. Did you worry that the current political tensions between America and Russia were going to affect sales, and have they affected your time here in any way?

ボリショイ公演のチケットが完売していると聞いて、たいへん喜んでいます。現在の米ロ間の政治的緊張関係が、チケットの売り上げに影響を及ぼすと思いましたか。また、皆さんがこちらに来て何か影響がありましたか?

A.T.: No, I’m very happy to say that there were no problems at all, because I’ve always believed that culture shouldn’t have to pay for politics. What happens in politics shouldn’t affect regular people or culture. Artists, after all, exist to bring goodness into the world.

A.T.:何もありません。何も問題はありませんとどうどうと言うことができます。というのは、常日頃、文化というものは政治の影響を受けるものではないと信じているからです。結局のところ、アーティストは善を世の中にもたらすために存在するのです。

Do you diet at all?
ダイエットしてますか。

Anna: Absolutely not, I eat everything. We especially love sweets. The idea of ballerina’s dieting is ridiculous, because we need the energy to exercise on stage.

A.T.: 一切していません。何でも食べます。私たちは特にスイーツが大好きです。バレリーナがダイエットしているという話は、ばかげています。私たちには、舞台で踊るためにエネルギーが必要なのですから。

Image: bolshoi.ru/ Anna Tikhomirova as Kitri in Don Quixote. Photo by Damir Yusupov.

**
online.wsj.comから抜粋

Soloist Kristina Kretova Gets a Big Break in ‘Don Quixote’

ソリストのクリスティーナ・クレトワ、ドンキホーテでブレイク

July 22, 2014 10:36 p.m. ET

About a month ago, she said, she danced the dramatic narrative ballet “Onegin” five times in one week with several different partners, a challenge for any dancer. Two of those performances, she said, were with David Hallberg, the American dancer who joined the Bolshoi as a principal in 2011.

クレトワは、1ヶ月ほど前、ドラマチックな文学作品を題材にしたバレエ「オネーギン」を1週間に5回、別の相手役と踊った語った。これは、ダンサーにとってきついことだ。そのうちの2回は、2011年にボリショイバレエ団のプリンシパルになったアメリカ人ダンサー、ディビッド・ホールバーグと踊ったと言う。

Ms. Kretova was impressed with Mr. Hallberg’s “open and friendly” personality, adding that it was unusual for an artist of his popularity to be so humble and communicative. She was also grateful that he attended her 30th birthday—a karaoke party—even though he was dancing the next day.

クレトワは、ホールバークの「打ちとけた親しみやすい」人柄が印象的だったという。ホールバークほどの人気があるアーティストが、これほど控えめで話しやすいのは珍しいと話す。ホールバークが自分の30歳の誕生バーティ(カラオケ)に、翌日が舞台であるにもかかわらず参加してくれたことに感謝している。

“He came and he performed a rap in English. It was funny and everyone in the theater talks about it,” she said, adding that she herself mainly performs songs by the Russian star Alla Pugacheva.

「パーティに来てラップを英語で歌ってくれました。とてもおかしくて、バレエ団の語りぐさになっています。私はロシアのスター、アラ・プガシェワを歌います。」

*

Within the Bolshoi, Ms. Kretova said she looks up to principle Svetlana Zakharova, especially in “Swan Lake.”

“For Russians, the way she takes the stage is the ideal Swan. But Americans think it’s cold,” she said, expressing surprise at recent reviews.

クレトワは、ボリショイではプリンシパルのスヴェトラーナ・ザハロワを、特に「白鳥の湖」をお手本にしていると語る。

「ロシア人にとって、ザハロワの白鳥の演技は理想の舞台です。ところが、アメリカ人はそれを冷たいと受け取っているのでしょうか。」と、最近の(ニューヨーク公演の)芳しくない批評に驚きを隠さない。

Image: bolshoi.ru/ As Odette in Swan Lake. Photo by Damir Yusupov

**

NJ.com The Bolshoi Ballet at Lincoln Center: lots of swans, but not so many stars (on July 22, 2014 at 8:29 AM, updated July 22, 2014 at 8:51 AM)

online.wsj.com Don’t Blame the Dancers (July 22, 2014 6:51 p.m. ET)

Published on 27 May 2014 by LincolnCenterVideos

************************

マリインスキーバレエ団ロンドン公演の記事も、見てみました。

***

telegraph.co.ukからの抜粋

The Mariinsky Ballet: ‘as exciting as the World Cup’

マリインスキーバレエ団:「ワールドカップのような興奮」

9:00AM BST 25 Jul 2014

Seeing the Mariinsky, in particular, is like going to the root of ballet. This is the company, formed in the 18th century, where what we now think of as classical ballet was forged. The Paris Opera Ballet may be older, but it was in St Petersburg, not Paris, where Petipa made Swan Lake and The Sleeping Beauty the cornerstones of the traditional repertory.

特に、マリインスキーバレエを見るのは、バレエのルーツを探るようなものだ。18世紀に設立され、今私たちがクラシックバレエと呼んでいる演目を作り上げたのがこのバレエ団だ。確かにパリオペラ座バレエ団の方が歴史が古いかもしれないが、伝統的レパートリーの礎とも言えるプティパ作「白鳥の湖」や「眠れる森 の美女」を世に出したのは、パリではなくザンクト・ペテルスブルグなのだ。

In the years since Petipa’s death in 1910, the Mariinsky has gone through many, many changes. The version of Swan Lake they now perform is Konstantin Sergeyev’s 1950 revision, with a Soviet-approved happy ending. In recent years, massive reorganisation means that the purity of their training, where dancers only from the Vaganova Academy graduated into the company, has been disrupted. More recently still, that precious school itself has become subject to the political manoeuvrings of Russian cultural life.

1910年のプティパの死後、マリインスキーバレエ団は多くの変遷をくぐり抜けてきた。現在の白鳥の湖は、ソビエト政府がハッピーエンディングとして承認した1950年のコンスタンチン・セルゲイエフによる改訂版だ。ここ数年の大掛かりな組織改正により、ワガノワバレエ学校の卒業生のみがバレエ団に入団するという訓練基盤の純粋性が崩壊した。ごく最近も、この貴重な学校自体、ロシアの文化活動に対する政治的動機の対象となった。

Yet, when this magnificent company step out on to the stage, you can see in the lines of their bodies, in the quality of their commitment and, in particular, in the moral authority and seriousness of the corps de ballet, the lineaments of the standard by which all ballet is judged.

それでも、この格調高いバレエ団が舞台に踏み出せば、身体の線や質の高いコミットメント、特にコールドバレエの精神性や真剣さに、すべてのバレエ団を評価する基準の特徴が見て取れる。

There are some magnificent dancers – my own favourites are Viktoria Tereshkina and Vladimir Shklyarov – and some dancers the critics may argue over. There are some fascinating ballets; seeing Diana Vishneva in an unfamiliar version of Romeo and Juliet, or Uliana Lopatkina in Balanchine’s rarely seen A Midsummer Night’s Dream are tantalising prospects.

すばらしいダンサーが来る。個人的には、ヴィクトリア・テレシュキナとウラジミール・シュクリャーロフだが、他にも評論家のお眼鏡にかなうダンサーが来る。演目も魅力的だ。ディアナ・ヴィシュノーワが出演する珍しい演出のロミオとジュリエットや、ウリヤナ・ロパートキナのあまり見ることのないバランシン作真夏の夜の夢など、開演が待ち遠しい。

 

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.