ボッティチェリのトンド

ボッティチェリの円形絵画が、11月にドイツでオークションにかけられるという記事です。news.artnet.comから記事と、試訳です。

***

Restituted Botticelli up for Auction in Cologne
返還されたボッティチェリ、ケルンでオークションに

Henri Neuendorf, Friday, September 26, 2014
2014年9月26日

Image: res.artnet.com / Sandro Botticelli, Madonna With Child, John the Baptist and Angel (ca. 1475) Photo: van Ham Kunstauktionen

An extremely rare Madonna tondo by the renowned Renaissance painter Sandro Botticelli (1445-1510) and his studio is up for auction at van Ham, Cologne, Art Magazin reported.

Art Magazin によると、ルネサンスの有名な画家サンドロ・ボッティチェリとその工房が制作した非常に珍しい聖母のトンドが、ケルンのオークションハウス、ヴァンハムで競売にかけられる。

The vivid, exceptionally well-preserved painting was consigned by a collector from the Rhine region. It depicts the virgin Mary and the young Christ flanked by John the Baptist and an angel. According to van Ham’s catalogue, Gaudenz Freuler, an expert on Italian Renaissance painting at the University of Zurich, said that “the rediscovery of the Renaissance tondo gives us a fascinating insight into the activity of the successful Florentine Renaissance studio of Sandro Botticelli.” He wagers that “the inspiration of the theme and the similarity of the figure of the angel on the right of the canvas, to the Madonna del Magni-Ficat of [the] Uffizi painted in 1480, indicates the artwork was painted by Botticelli himself.”

この鮮明で非常に保存状態の良い絵画は、ライン地方の美術品収集家が依頼した。左右を洗礼者ヨハネと天使に囲まれた聖母子が描かれている。ヴァンハムのカタログによると、チューリッヒ大学イタリア・ルネサンス絵画の専門家ガウデンツ・フロイラは、「ルネサンスのトンドを再発見して、フィレンツェ・ルネサンスの繁栄を極めたサンドロ・ボッティチェリ工房の素晴らしい様子を推測することができます」と話している。「主題の思いつきや、キャンバス右側の天使像がウフィッツィ美術館が所蔵する1480年制作の『マニフィカトの聖母』に類似していることから、ボッティチェリ自身が描いた作品にちがいない」と、フロイラ氏が語る。

Image: Wikipedia / Sandro Botticelli “Madonna of the Magnificat” 1481 Uffizi, Florence

Aside from the painting’s art historical significance, it boasts a storied provenance. The painting was formerly part of the extensive Jewish-owned Nardus collection which along with 150 other artworks was labeled as “enemy property” by the Nazis in 1940, and was eventually confiscated in 1942. In 1943 the painting was bought at auction by the family of the consignee.

この絵画の歴史的重要性の外に、来歴にも見るべき物語がある。この絵画は、元は膨大なユダヤ系Nardusコレクションの一部で、150点の作品とともにナチにより1940年に「敵の資産」と烙印を押され、最終的に1942年に押収された。1943年に今回の依頼人の一族がオークションで落札した。

After three years of extensive research by van Ham, restitution experts identified the painting as an example of Nazi-looted art. The consignee, who had inherited the artwork, was unaware of the piece’s provenance and after being informed of its origin agreed to return it to its rightful owners. An agreement between all parties was reached to allow the auctioning of the tondo to go ahead.

ヴァンハムが実施した3年に及ぶ徹底的な調査の結果、返還の専門家がこの絵画をナチが略奪した芸術作品と認定した。依頼人はこの絵画を相続していたが、そのような来歴を知らなかった。この物語を聞いて正当な所有者に返還することに同意した。全関係者の同意にもとづき、このトンドを競売にかけることになった。

The Botticelli painting, estimated to fetch between €250,000-300,000 is due to hit the auction block at van Ham, Cologne on November 14.

このボッティチェリの絵画の予想落札価格は€250,000-300,000となっている。ケルンのヴァンハムで11月14日にオークションが開催される。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.