ボリショイ@JPN

来日中のボリショイバレエ団に関する記事です。

ザハロワも来日できない可能性があったことを読み
驚きました。

itar-tass.comの記事の抜粋と試訳です。

Bolshoi Ballet goes on guest performances to Japan
ボリショイバレエ団日本公演

November 18, 10:10 UTC+3
Guest performances will be staged in seven cities
2014年11月18日
日本全国7都市で公演

MOSCOW, November 18. /TASS/. The Bolshoi Theater Ballet went on long guest performances to Japan that will begin on Wednesday. Tchaikovsky’s ballet Swan Lake will become a highlight of the guest tour. The line-up of the ballet company will be changed at guest performances, Bolshoi Ballet Artistic Director Sergey Filin told TASS.

モスクワ発11月18日 タス通信
ボリショイバレエ団日本公演が水曜日から始まる。この公演のハイライトは、チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」だ。また、同バレエ団芸術監督セルゲイ・フィリンは、日本公演の出演者が変更になることも、タス通信に語った。

This will be 20th anniversary guest tour for the Bolshoi Ballet in the Land of the Rising Sun. Guest performances will be staged in seven cities. Japan has selected a guest repertoire thoroughly for the Bolshoi Ballet with 17 ballets to be staged, Filin said.

今回で日出ずる国でのボリショイバレエ団の公演は20周年を迎え、全国7都市を回る。日本側が演目を選び17公演が開催されるとフィリン氏が語った。

/…./

“This was unclear until the very last moment whether our prima Svetlana Zakharova will be able to go on guest performances,” Filin said, noting that “In early October she had a kidney problem and dropped from the theater’s working schedule. Svetlana has luckily recovered quickly and doctors permitted her to go on guest performances.

「プリマバレリーナのスヴェトラーナ・ザハロワが公演に参加できるかどうか、ぎりぎりまではっきりしませんでした。」とフィリン氏が話す。「10月初旬に病気でバレエ団の公演から外れていました。幸いにも回復が早く、医師から日本公演に参加する許可が出ました。

“Our American Ballet Theater premier dancer David Hallberg should have been her partner. But he will not go to Japan over injury. So, Svetlana Zakharova will dance with another partner — young talented solo dancer Denis Rodkin.”

「アメリカン・バレエ・シアターのプリミエダンサー、デイビッド・ホールバーグがザハロワの相手役を踊ることになっていましたが、怪我で来日できなくなりました。そこで、ザハロワは若く有能なソリストのデニス・ロドキンと踊ります。」

Young Bolshoi Ballet star dancer Olga Smirnova will also be unable to dance in Japan. Doctors banned her from going on guest performances over a feet injury.

ボリショイバレエ団の若手スター、オルガ・スミルノワも来日できなくなりました。足に怪我をして、ドクターストップがかかりました。

“All of us are human beings and anything can happen to each of us. Our profession is very dangerous in terms of injuries,” Filin noted, adding that “We always should have actors in reserve which will be able to replace their colleagues falling out of the current line-up, moreover, to do so well. Our troupe is a collection of quite talented masters who can keep high the brand of the main musical theater in the country under any circumstances.”

私たちは皆普通の人間です。何が起きても不思議ではありません。怪我という意味では、バレエダンサーという仕事には常に危険が伴います。誰かが出演できなくなったら代わりに出ることができるように、常にそのためのダンサーを待機させている必要があります。ボリショイバレエ団は才能に恵まれた芸術家集団です。どのような状況下においても、ロシアを代表する芸術劇場としてのブランドを高く保つことができるようなバレエダンサーたちです。

/…./


Published on 3 Oct 2014 by Bolshoi Theatre

ザハロワとロドキンの練習風景(レジェンド・オブ・ラブ)

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.