フランスと王室

現在のフランス人の王室に対する考え方について、興味深い見方です。
economist.comの記事と試訳です。

***

The French and monarchy
Vive la reine!
フランス人と王室
女王陛下万歳!

Why the French love Britain’s queen
Jun 14th 2014 |PARIS | From the print editio

フランス人が英国女王を好きな理由
2014年6月14日/パリ/紙面より

THE capital of the French republic is better known for beheading monarchs than celebrating them. But Paris went wild for Britain’s queen during her state visit last week. Crowds on the Champs-Elysées cheered as her royal convoy drove past. Socialist ministers lined up enthusiastically to greet her at her birthday garden party.

フランス共和国の首都は、王室を称えるというよりは斬首することで知られている。ところが、先週、パリは英国女王の公式訪問に熱狂した。人々はシャンゼリゼを通り過ぎる女王の車列に熱い声援を送った。女王の誕生日を祝う庭園パーティでは、社会党の閣僚が意欲的に勢揃いした。

mashable.com

Image: mashable.com

The queen’s arrival at the international ceremony on “Sword” beach to remember the 70th anniversary of D-Day drew louder applause than that of America’s president. Anne Hidalgo, the Socialist mayor of Paris, even had a flower market named after her on the capital’s Ile de la Cité, which happens to be home to the Conciergerie prison where Marie-Antoinette was held before being carted to the guillotine in 1793. “The queen of the French” ran a headline in Le Monde, a left-leaning daily.

Image: Wikipedia

D-デイ70周年を記念するソード・ビーチの国際式典に女王が到着すると、米国大統領のときよりも大きな喝采がわき起こった。社会党のアンヌ・イダルゴ・パリ市長は、首都のシテ島にあるフラワーマーケットに女王の名前をつけたほどた。そのシテ島には、偶然にも、1793年にマリー・アントワネットがカートに乗せられてギロチン台に出発するまで捕らえられていたコンシェルジュリ牢獄がある。左派系新聞ルモンドには、「フランス人の女王」という見出しが載った。

Image: Wikipedia / La Conciergerie en 1790.

Why are the French so smitten by the world’s longest-reigning queen? Partly because she embodies the post-war era in which their modern republic was born: she was crowned in 1953 and has known all seven presidents of the Fifth Republic. Her affection for France, and grasp of the language, also help. After foie gras de canard at a state dinner at the Elysée Palace, with François Hollande, the president, she spoke of her “grande affection” for the French people. This was the queen’s fifth state visit to the republic.

フランス人はなぜ世界で最も長く君臨する女王にこんなにも魅了されるのだろう。一つには、女王はフランスの近代共和制が誕生した戦後を体現していることだ。1953年に女王の座につき、第5共和制の7人の大統領全員と会っている。また、女王のフランスへの愛着とフランス語を理解するところも理由にあげられるだろう。エリゼ宮でフランソワ・オランド大統領との公式晩餐会でフォアクラ・ド・カナールを楽しんだ後、女王はスピーチでフランス人に対する「大いなる好意」を語った。今回は5度目の公式訪問になる。

Another reason is that the French, shorn of their own monarchy, have long become avid voyeurs of everybody else’s. Point de vue and Paris-Match, two magazines that splash photos of royals across their pages, were launched back in the 1940s. The French turned the Monaco royals into celebrities before reality television invented instant fame for everybody else. In 2011 the French cleared the airwaves to cover Prince William’s wedding on live public television; 9m viewers tuned in to watch.

もう一つの理由は、自らの王室を断絶したフランス人は、長い間、他国の王室に熱烈に興味を示してきた。王室関連の写真を大々的に掲載するポアン・ド・ヴュとパリスマッチの2誌は1940年代に創刊した。フランス人は、現実的なTVが誰でも瞬時に有名人に仕立て上げるようになる前に、モナコの王室を有名人にした。2011年には、TV番組はウィリアム王子の結婚式のライブ放送一色になり、900万人がチャンネルを合わせた。

Perhaps the hidden reason for French royal fervour, though, is a secret envy mixed with regret. Mr Hollande, stuck with a 16% popularity rating, is said to have noted wryly how refreshing it was to hear cheering crowds when he accompanied the queen. Asked in a poll what they thought today of the execution of Louis XVI in 1793, more of the French (29%) judged it “unfair” than “understandable” (23%). The French “have a royalty complex”, wrote Hervé Gattegno in Le Point, and have built their republic on monarchical traditions as if to compensate. The president, who has more sweeping powers than almost any other modern democratic leader, is fussed over by much pomp and splendour—and the seat of the presidency is a palace.

だが、恐らく、フランスの王室に対する熱狂ぶりの本当の理由は、後悔の念が入り混ざった密かな羨望だろう。16%の支持率から抜け出せないオランド大統領は、市民が声援を送るをの女王の隣で聞いて、皮肉にも新鮮に感じたと言われている。世論調査で、1793年のルイ16世の処刑についての質問に、「不公正だ」と回答したフランス人の方(29%)が「理解できる」(23%)よりが多かった。フランス人は「王室コンプレックス」をもっていて、あたかも償うかのように共和国を王室の伝統の上に築いてきたとエルベ・ガッテニョ氏がルポワン誌に書いている。大統領は、近代民主主義のほぼどのリーダーよりも強力な権力をもち、華麗さと豪壮さでもてはやされ、そして、大統領府は宮殿だ。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.