これからのルーヴル

ルーヴル美術館が目指していることについて、nytimes.comの記事を試訳しました。

*****

Revamping the Louvre to Lose That Lost Feeling
喪失感をなくすために、ルーヴル美術館を改修

By DOREEN CARVAJAL DEC. 14, 2014
文)Doreen Carvajal
2014年12月14日

PARIS — The storybook rise of Jean-Luc Martinez begins where he grew up, in a Paris suburb dominated by blocky public housing. It ends deep within the opulent palace of the Louvre museum, where he is plotting what he calls a “petite révolution.”

パリ:ジャン=リュック・マルティネの立身出世ものがたりは、育った場所、パリ郊外の公共住宅街に始まり、ルーヴル美術館の豪華な宮殿奥深くにたどり着く。そこで、マルティネ氏は本人が言うところの「プティ・レヴォルシオン」を企んでいる。

Mr. Martinez, 50, son of a postman and the Louvre’s president since April 2013, is moving quickly to make a democratic mark on the royal stronghold that has the most visitors of any museum in the world, 70 percent of them foreign tourists.

父親が郵便局員のマルティネ氏(50)は、2013年4月にルーヴル美術館館長になり、王家の要塞を民主化しようと機敏に立ち回っている。そこは世界で最も来館者数が多い美術館で、その70%は海外からの旅行者だ。

A two-year, 53.5 million euro makeover, or nearly $67 million, is underway in the vast reception area below I. M. Pei’s glass pyramid, where long lines of waiting visitors stream into a chaotic, open space that Mr. Martinez likens to a noisy airport and that leaves many people disoriented and lost.

2年間の5,350万ユーロ(6,700万ドル)の改修工事が、I. M. ペイが設計したガラスのピラミッド下、広大な受付広間で進行中だ。そこは、入館待ちの長い列が、マルティネ館長が騒々しい空港にたとえている無秩序な広いスペースへと続き、来館者の多くは混乱し自分を見失うような空間だ。

He is also revamping the museum’s basic storytelling tools: almost 40,000 banners, wall text, signs and symbols that now explain its treasures in French. The plan is to make them more readable and concise, in English and Spanish for the vast majority of visitors searching for cloakrooms or the Mona Lisa in the sprawl of a museum that dates to 1190, when it was a fortress for King Philippe II.

また、美術館の基本的なコミュニケーションツールも改修する。4万ほどの標識や壁面の説明文書、掲示板など現在はフランス語表示になっている。それを英語とスペイン語でより読みやすく簡潔にする計画だ。1190年に国王フィリップ2世が城塞として建築して以来増築されていった広大な美術館で、クロークやモナリザを探す大多数の来館者に向けた改修だ。

In the past, museums catered to visitors schooled in art history, with detailed information like a book and “chapters, titles, paragraphs,” Mr. Martinez said, striding in a dark suit and tie by a marble centaur and a wounded alabaster Galatian in a gallery where a 17th-century king once meted out commands. “Our museum is not a book. It’s something physical. It’s necessary to move things around to try to increase understanding of our art.”

これまでの美術館は、美術史研究者が満足できるところだった。書籍や、マルティネ館長いわく「章や主題、節」のような詳細な情報を提供し、ダークスーツ姿の研究者が、かつて17世紀の国王が命令を下していたギャラリーで、ケンタウロスの大理石像や傷ついたガラテアの石膏像の間を闊歩していた。「われわれの美術館は書籍ではありません。体験する場所です。芸術作品をもっと理解できるように、館内を再編成する必要があります。」

His strategy to “think of the visitor” also reflects a museum trend toward creating narratives that are more relevant to a changing demographic. As major museums strive to become more mainstream and less elitist, most of the Louvre’s nine million visitors tend to be newcomers and art novices and it is searching for ways to make their experiences more meaningful.

館長の「来館者を考慮する」戦略は、変化する人口構成によりふさわしい語り口を作り出そうとしている美術館のトレンドを反映している。代表的な美術館がエリートよりメインストリームになるよう取り組んでいる中、900万人の来館者の大多数は、初めてルーヴル美術館を訪れるか美術の初心者の傾向があり、同美術館はそのような来館者の美術館体験を意味深いものにするための道を探っている。

“For nearly everybody, museums are scary spaces,” said James M. Bradburne, director of the Palazzo Strozzi in Florence, who has lectured widely on how museums can engage audiences more effectively. “It’s like going into the city for the first time. There aren’t signs at every point. It is very true that at the Louvre — and every museum — we underinform visitors.”

「ほとんどの来館者にとって、美術館は恐ろしいところなのです」と、フィレンツェのストロッツィ宮殿のダイレクター、ジェームス M. ブラッドバーンが語る。ブラッドバーン博士は、美術館が来館者により効果的に対応する方法について、広く講演している。「それは初めての町を訪れるようなものです。すべての場所に標識があるわけではない。ルーブル美術館やすべての美術館が来館者への情報提供が不十分だというのは事実です。」

The idea is to help newcomers to crack the code, with clear information to interpret a vast trove that includes the Venus de Milo, “Winged Victory of Samothrace” and the colossal statue of Ramesses II. Mr. Martinez is also reducing temporary exhibitions to make way for an educational space for Louvre artworks grouped around revolving themes such as mythology and the origins of civilization.

それは、初めての人が暗号を解読するのを手助けする、明瞭な情報でミロのヴィーナスや「サモトラケの翼のある勝利の女神」、ラムセス2世の巨大像など膨大な所蔵品を解釈する手助けをするという考え方だ。マルティネ館長は、また、特別展の回数を減らして教育的な場を設けようとしている。そこで、ルーヴルの美術品を神話や文明開化の起源などテーマにそってグループに分ける。

Mr. Martinez, a descendant of Spanish immigrants who came five generations earlier from Almería, in southern Andalusia, grew up in Rosny-sous-Bois, a working-class suburb east of Paris. He said he reflects the demographic evolution. His own first visit to the Louvre was a history class trip at the age of 11. When he came home, he said, he told nothing to his parents, who had never taken him to a museum.

マルティネ館長は、5世代前に南アンダルシアのアルメリアからやって来たスペイン系移民の末裔で、パリ東部郊外の労働者階級の町ロズニ=ス=ボワで育った。自分は人口構成の発展を体現していると話す。初めてルーブル美術館に来たのは、11才のときの授業だった。家に戻っても両親には何も話さなかったと語る。両親には一度も美術館に連れて行ってもらったことがない。

“I lived in a suburb that was very modern, and everything was new,” he recalled. “And when I arrived here, everything was ancient. Imagine for a child, to see five centuries of art, some as old as two or three millenniums. In this space, I felt the depth of human history.”

「私が住んでいた郊外はとても近代的で、すべてが新しかった」と当時を語る。「それが、この美術館に来てみると、すべてが昔のものだった。 500年前からの美術品や、中には2000年から3000年前のものもある。そのような作品を見る子供を想像してみてください。この空間で、子供の私は人類史の奥深さを感じました。」

To this day, his 82-year-old father has never visited the Louvre, where his son has worked since 1997 as a curator and the director of the museum’s Greek, Etruscan and Roman department before becoming president last year.

今日まで、82才の父親は一度もルーヴルを訪れたことがない。その息子は、1997年に学芸員としてルーヴルに入り、次いで昨年館長になるまで古代ギリシャ・エトルリア・ローマ部門長だった。

It is a far different profile from his patrician predecessor, Henri Loyrette, a lawyer’s son who socialized with wealthy art patrons like the French luxury tycoon François Pinault and presided over the museum’s expansion to a satellite Louvre-Lens in northern France and the Abu Dhabi Louvre scheduled to open late next year.

それは、アンリ・ロワイエット前館長の人物像とはかけ離れている。前館長は法律家の家の出身で、フランスの大物資本家フランソワ・ピノー氏のような資産家の芸術擁護者と交流し、美術館の拡張事業を促進し、北フランスにルーヴル=ランス美術館を創設し、アブダビ・ルーヴル美術館は来年末に開館する。

And since Mr. Martinez’s arrival, some critics have sniped in the French press, labeling him “anti-mondain,” uncomfortable with high society and neglecting rich patrons at a time when French museums are facing reductions in state subsidies. The Louvre, with 2,100 employees, will receive €102 million, or roughly $127 million, in state funding next year, but its makeover is financed by money flowing from the Abu Dhabi satellite in the Emirates, which is paying the Louvre €400 million, nearly $500 million, for the use of its name alone.

そこで、マルティネ館長が就任すると、一部の批評家はフランスメディアに批判的コメントを載せている。館長に「反社交界」とのレッテルをつけ、上流社会の不評を買い、フランスの美術館が政府の助成金削減に直面している最中、資産家のパトロンを軽視していると書きたてた。2100人が働くルーヴル美術館の来年度の政府予算は1億200万ユーロ(1億2700万ドル)だが、今回の改修事業は、アブダビ美術館分館からの資金で賄う。アラブ首長国連邦は、名称使用料としてだけで4億ユーロ(ほぼ5億ドル)をルーヴルに支払う。

Mr. Martinez scoffs at the criticism, saying sponsors are vital to museum strategy. But he said it is evident that his family background influences his quest to “search for our public, to make our museum more open, easier to understand and to access.”

マルティネ館長は、そのよな批判を笑い飛ばす。スポンサーは美術館の戦略にとってなくてはならないものだが、「一般市民のための美術館、美術館を解放し、わかりやすくアクセスしやすくする」道を追い求めるのは、自身の出身が影響しているのは明らかだと語る。

He tested the Louvre experience as a tourist last year. His wait in line dragged more than two and a half hours, he said, an annoyance he intends to reduce by expanding entrances to five from three. That will allow the Louvre to control traffic as it ebbs and flows, also making the grand entrance easier to navigate by rearranging information desks and ticket counters in a more logical fashion.

館長は、昨年、旅行者の立場でルーヴルを体験してみた。入館待ちの列に2時間30分並いんだ不快感を、入口を現在の3箇所から5箇所に増やすことで緩和しようとしていると館長が語る。入り口の増設で、ルーヴル美術館は人の流れの満ち引きをコントロールすることができるようになる。また、インフォメーションデスクやチケットカウンターを、理路整然としたやり方で再配置することで、グランドエントランスをわかりやするする。

But as a global museum, he concedes there are limits, such as the glut of selfie-snapping crowds surrounding the Mona Lisa. “There are no miracles,” Mr. Martinez said, adding that he intends to drive traffic elsewhere, diverting some of the more than 850,000 French students who visit yearly to an educational space with revolving exhibits.

ただ、世界的な美術館として限界もあることを館長は認める。たとえば、モナリザと一緒に自分撮りしようと大勢がその絵画に集中する。「奇跡的は方法などありません。」と館長が話す。そこで、人の流れを他に向けようとしている。展示品を回転することで、毎年授業で訪れるフランスの85万人を超す生徒を分散するなどだ。

His new strategy has clearly struck a chord with visitors suffering the anxiety of being lost in the Louvre.

マルティネ館長の新しい取り組みは、明らかに、ルーヴルで迷子になることを心配する来館者の胸の内に応えようとしている。

“We couldn’t find the Michelangelo paintings,” said Berke Erat, 24, of Turkey. “It was actually like being in ‘The Da Vinci Code.’ ”

「ミケランジェロの絵が見つからなかった」と、トルコから来たバーク・エラ(24)が話す。「実際に『ダビンチコード』に出てきたのに。」

Naama Barel, 27, of Israel, navigated by retracing the same path. “I was really depressed that I didn’t take the audio guide, because all of the descriptions were in French. Other than that, it was amazing.”

イスラエルから来たナアマ・バレル(27)は、「オーディオガイドを借りなくて後悔した。解説がすべてフランス語だったから。それ以外は、最高だった。」と話す。

When Mr. Martinez strides through the Louvre, he becomes the university archaeology professor he once was, pointing out shortcomings. “Look at this,” he said as he paused to peer at a sign. “It’s in English and such tiny print. Who can read this? Who?”

マルティネ館長は館内を歩きながら、かつての考古学の大学教授にもどり欠点を指摘する。「これを見てください。」と、立ち止まって標識を見つめる。「英語が書かれいますが、とても小さい。誰が読めますか?誰が?」

Part of his work will be to attract more French visitors, whose numbers have been slipping, particularly the young, such as Kimberly Sebas, 18, a fashion student, who described the Louvre as a labyrinth.

フランス人来館者を惹きつけることも、館長が目指している取り組みのひとつだ。フランスでは、とくに若者の入館数が減少している。ファションを専攻するキンバリー・セバ(18)は、ルーヴル美術館を迷路のようだと語る。

“It’s not easy to find the way,” she said. “It’s really big and really difficult, and without our professor, we would be lost.”

「どこに行けばいいのかわかりずらいわ。本当に広大で実に難解。先生がいなければ迷子になってしまう。」と話す。

Experts give Mr. Martinez credit. “A major institution like the Louvre has such organizational and political and historical momentum that it’s like moving a supertanker,” said Dr. Bradburne, who noted that the Louvre’s new 18th-century decorative arts wing was confusing because it was difficult to tell whether objects were antiques or recently made.

専門家はマルティネ館長を評価している。「ルーヴルのような代表的な公共施設には、組織的、政治的、歴史的な勢いがあり、まるで超大型タンカーを動かしているようなものです」と、ブラッドバーン博士が話す。博士は、ルーヴルが最近開設した18世紀装飾芸術ウィングはわかりずらいと語る。「展示品が当時のものか最近製作したものか見分けずらいからです。」

“By trying this,” he added, “Jean-Luc Martinez is being a hero.”

「この試みを続けるかぎり、ジャン=リュク・マルティネはヒーローであり続けるでしょう」と博士が語った。

Sophie Dimitriadis contributed reporting.

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.