ボッティチェリ作「パラスとケンタウロス」の解説です。
palazzo-medici.itから文章と、試訳です。

***

Work: Painting showing Pallas and the centaur
作品:パラスとケンタウロスを描いた絵画

Author, circle: Alessandro Filipepi, known as Sandro Botticelli (Florence 1445-1510)
作者:アレッサンドロ・フィリペピ、別名サンドロ・ボッティチェリ(フィレンツェ 1445-1510)
Commissioner, collector: Lorenzo di Pierfrancesco or Lorenzo il Magnifico (?)
注文主:ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ、または、ロレンツォ・イル・マニフィコ
Epoch, date: circa 1482-1485
制作年:1482-1485頃
Location: Florence, Uffizi Gallery, inv. Depositi no. 29
所蔵場所:フィレンツェ、ウフィッツィ美術館、所蔵番号:29
Technical details:tempera on canvas: 205×147.5 cm
技法・材質・寸法:テンペラ、カンバス、205×147.5 cm

Image: Wikipedia

Provenance:”old house” of the Medici of the branch of Pierfrancesco, in Via Larga (1499, 1503, 1516); Villa di Castello (at least from around 1540, cf.: Anonimo Gaddiano or Magliabechiano circa 1537-1542; Vasari 1550; Vasari 1568); Pitti Palace, c.1830; Pitti Palace, Palatine Gallery; Pitti Palace, Royal Apartments, 1893; Uffizi Gallery, 1922.

来歴:
・ラルガ通り[現カヴール通り]、ピエロフランチェスコ系メディチ家の「Old House 旧邸宅」(1499, 1503, 1516)
・カステッロ荘(1540頃, 参考文献: アノニモ・ガッディアーノまたは マリアベッキアーノ  1537-1542頃; ヴァザーリ 1550; ヴァザーリ1568)
・ピッティ宮殿 パラティーナ美術館 1830頃
・ピッティ宮殿 ロイヤルアパートメント 1893頃
・ウフィッツィ美術館 1922

Description, subject:
The painting shows in the foreground an impressive and harmonious female figure, with an abstracted and slightly melancholic expression, normally identified as Pallas. Her long, thick blonde tresses are adorned with a wreath of entwined olive branches with a diamond at the top within a four-leafed setting.

解説、主題:
前景にうっとりとしたややメランコリーな表情の堂々とした調和のとれた女性像が描かれ、通常、パラスとされる。頭部正面上部に四葉にダイヤモンドをあしらった絡み合うオリーブの枝が、ブロンドの長くふさふさとした髪の美しさを引き立てている。

The young woman is wearing a light gown, white and transparent, decorated with diamond-tipped ring motifs entwined in threes or fours, linked or separate. She is wrapped in a large green cloak. A mesh of olive shoots encircles her shoulders, arms, breast and thighs, forming a sort of vegetable breastplate which makes her gown cling to the body.
女性像は白く透明な軽いドレスを着ている。3つまたは4つのダイヤモンドの指輪のモチーフが、重なり、つながり、または、離れてドレスを装飾している。その上から、大きめな緑の上着をまとっている。オリーブの枝が肩や腕、胸や足に網の目のように芽吹き、植物の胸当てのようなものを形作り、それが上着を身体に巻き付けている。

The points where the branches cross are fixed with diamond-tipped rings, while on her nipples are two mounted diamonds. On her feet she is wearing leather boots, open at the front like antique sandals. Finally, the woman is bearing defensive weapons, a halberd (“a battleaxe or mallet” in Acidini 1991) splendidly chased and set with a diamond, and a shield upon her back.
枝が交差する点にはダイヤモンドの指輪が装着され、胸元トップには2つのダイヤモンドがはめ込まれている。足には革のブーツを履き、古代のサンダルのように前方が空いている。手には見事な浮き彫りとダイヤモンドが装飾された防衛用武器の斧槍(1991年アチディーニ氏「戦闘用斧、または、木槌」)を持ち、背中には盾を背負っている。

With her left hand she is gently holding by his hair a centaur with long hair and beard, who yields to her grip with a sad reluctance, but submissively. The centaur is holding in his hand an Eastern-style bow with a red and black handle and has the quiver holding the arrows slung over his shoulder.
女性は向かって左の手で長い髪と髭を生やしたケンタウロスの髪をそっとつかみ、ケンタウロスは悲しげに不本意ながらも従順に屈している。ケンタウロスは、手に東方風の赤と黒の持ち手の弓を持ち、弓矢が入った矢筒を肩から下げている。

Hence, both figures are in possession of weapons those of the centaur simple and rudimentary and those of the woman exceptional objects of applied art; those of the former are offensive and those of the latter defensive, but neither of the two is using them nor reveals any intention of doing so.
両者とも武器をもっている。ケンタウロスの武器は簡素で原始的である一方、女性の武器は装飾が施された逸品である。ケンタウロスの武器は攻撃用で、女性の武器は防御用である。しかし、両者とも武器を使用しておらず、使用する素振りも見られない。

Hanging over the two figures is a spur of rock emerging from the cliff-face on the left. In the background, beyond a fence with broken posts is a stretch of water possibly a lake or a gulf closed by a semicircular coastline. The composition, in particular the face of Pallas and the rocks, are shown from a lowered viewpoint, looking upwards.
二人の頭上には、左の崖面から突出した岩が覆い被さっている。背景には、壊れた木の柵の向こうに水辺が広がり、恐らく湖か湾で、半円形の海岸線で閉じられている。構図は、特にパラスの顔と岩は、下から上を見上げる視点で描かれている。

There are no iconographic precedents for the scene. The female figure is entirely original in both her pose and in her garments and attributes. Doubt can be cast on the traditional identification with Pallas in view of the absence of certain attributes proper to the goddess, such as the helmet, the aegis and the sword.
この場面には図像学的前例がない。女性像は、姿勢や衣服と持ち物の点で、完全にオリジナルである。パラスの正当な持ち物であるヘルメットや神盾、剣が描かれていないことから、伝統的にパラスと認定されていることに疑問を投げかけることもできる。

The figure of the archer centaur is a motif that was particularly popular in Florentine art in the mid fifteenth century, along with other semi-savage figures such as the satyrs derived from myth. Since ancient times with the exception of the sage Chiron centaurs represented untamed instincts and irrational passions.
射手ケンタウロス像は、神話から題材を取ったサテュロスなど他の半人半獣像と共に、15世紀中期のフィレンツェで特に人気のあるモチーフだった。古代ギリシャ・ローマ時代以来、賢者ケイロン(ケンタウロス)を除き、ケンタウロスは抑制されない本能や理性のない激情を象徴していた。

In consideration of this, and of the clear contraposition between the two figures, the couple has been generally interpreted as an allegory of the dominion of the virtue dictated by reason over instinct, passions and vice. The reading of the composition is however still the subject of debate (see Fortunes and Criticism: Interpretations).
これを踏まえ、また、二人の明白な対置により、理性が命ずる徳が本能、情熱、悪徳を支配するアレゴリーを描いていると一般的に解釈されてきた。だが、構図の解釈は、未だに議論の余地を残している。

Historical information:
The Pallas and the Centaur by Sandro Botticelli is recorded for the first time in the inventory drafted in 1498-1499 relating to the articles contained in the houses of the Medici of the branch of Pierfrancesco, situated on Via Larga just a few steps from the large palazzo commissioned by Cosimo il Vecchio. The list was compiled following the death of Giovanni di Pierfrancesco (1498), brother of Lorenzo known as minor.

来歴詳細:
サンドロ・ボッティチェリ作「パラスとケンタウロス」が最初に文献に登場するのは、1498年-1499年に草稿したピエルフランチェスコ系メディチ家の邸宅で所蔵されていた品々の資産目録だった。同邸宅はラルガ通りにあり、コジモ・イル・ヴェッキオが建てた大邸宅からほんの数歩のところにあった。目録は、ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ(小ロレンツォ)の弟ジョヴァンニ・ディ・ピエルフランチェスコの死(1498)に際して、編さんしたものだった。

Image: palazzo-medici.it “Giovanni di Pierfrancesco de’ Medici (1467 – 1498)”

The painting, cited as “Camilla and a Satyr”, is recorded in the interior of the so-called “old house” of the family, in a room on the ground floor alongside the chamber of Lorenzo di Pierfrancesco, together with the Primavera, also by Botticelli. It was hung high up above the door leading to the antechamber, which appears to have been its original position as suggested by the lowered viewpoint of the composition (Shearman 1975; Smith 1975).
「カミラとサテュロス」と言及されたこの絵は、一族のいわゆる「旧宅」の室内装飾として記録されている。1階の小ロレンツォの居室の隣にある部屋で、同じくボッティチェリ作「プリマヴェーラ」と共に飾られていた。控えの間に続く扉の上高いところにかけられ、構図が下からの視線で描かれていることからも、その場所がオリジナルの位置だったと考えられる(シャーマン 1975; スミス 1975)。

Image: palazzo-medici.it “Lorenzo di Pierfrancesco de’ Medici (1463 -1503 )”

The work proves to be still in the “old house” in 1503 and in 1516, as confirmed by the inventories of these years, drawn up respectively on the death of Lorenzo di Pierfrancesco and on the occasion of the division of the property between the cousins Pierfrancesco di Lorenzo and Ludovico known as Giovanni, son of Giovanni (later known as Giovanni delle Bande Nere).

Image: Wikipedia “Botticelli’s Mercury in Primavera may have been modeled after Lorenzo di Pierfrancesco (1463 – 1503)”

この作品が1503年と1516年に「旧宅」にあったことは、それぞれの年に作成された資産目録で実証される。それぞれ、小ロレンツォの死の年と、従兄弟同士の[小ロレンツォの息子]ピエルフランチェスコ・ディ・ロレンツォと[小ロレンツォの弟]ジョヴァンニの息子のジョヴァンニと呼ばれていたルドビコ(後のジョヴァンニ・デッラ・バンデ・ネーレ)が遺産分割した時の目録に記載されている。

Image: Wikipedia “Giovanni dalle Bande Nere (1498 – 1526) “

These inventories describe the subject of the painting differently: “A large painting with two figures”, that of 1503; “Minerva and the centaur” that of 1516. Having become the property of Giovanni delle Bande Nere, the two paintings by Botticelli passed into the inheritance of his son Cosimo who, when he became Duke of Florence (1537), transferred them to the Villa di Castello. Here they were seen by the so-called Anonimo Gaddiano or Magliabechiano (circa 1537-1542) and Giorgio Vasari (1550 and 1568).
この2つの目録では、絵画の主題が異なる。1503年では「二人の人物像の大きな絵画」、1516年では「ミネルヴァとケンタウロス」と記載されている。このボッティチェリの2作品、「プリマヴェーラ」と「ミネルヴァとケンタウロス」は、ジョヴァンニ・デッラ・バンデ・ネッレの所蔵品となった後、息子でフィレンツェ大公になった(1537)コジモ1世が相続し、コジモ1世はこれらの絵画をカステッロ荘に移した。この場所で、通称アノニモ・ガディアーノまたはマリアベッキアーノ(1537-1542頃)と、ジョルジョ・ヴァザーリ(1550、1568)がこの絵画を目撃している。

Image: Wikipedia “Cosimo I de’ Medici (1519 – 1574)”

At the end of the century, in 1598, the painting is recorded inside a gilded frame in the salon of the Villa, along with the Primavera and the Birth of Venus. In 1638 the frame appears to have been changed, now described as being walnut-coloured with gilded filleting and arabesques. Around 1830 the painting was brought to the Pitti Palace, where it was displayed in the Palatine Gallery, but it 1856 it was excluded from the visit itinerary. In 1893 it was in the Royal Apartments and finally in 1922 it entered the Uffizi Gallery.

Image: Wikipedia “Lunette of Villa di Castello as it appeared in 1599, painted by Giusto Utens”

16世紀末1598年に、この絵は、「プリマヴェーラ」と「ヴィーナスの誕生」とともに、金箔の額に入れてカステッロ荘のサロンに飾られているとの記録が残っている。1638年には額が変わっていたようで、面取りとアラベスクが装飾されたクルミ色と記載されている。1830年頃、ピッティ宮殿に移管してパラティーナ美術館に展示され、1856年には訪問目録から外された。1893年にはロイヤルアパートメントにあり、最後は、1922年にウフィッツィ美術館に移管された。

Technical details:
We can observe several “afterthoughts”: in the left hand of the centaur, in the cloak on the right shoulder of the woman, and in the profile of the shield.
The pictorial film is very fine, to the extent that the weft of the canvas can be seen with the naked eye.

技法
ケンタウロスの左腕、女性像右肩の上着、盾の輪郭に、「描き直し」を確認することができる。
カンバスの横糸が目視できるほど画像の皮膜が薄い。

Exhibitions
展示
Mostra Medicea, Florence 1939; Lorenzo il Magnifico e le arti, Florence 1949; Mostra di opere restaurate, Florence 1955; Firenze restaura, Florence 1972; Giovinezza di Michelangelo, Florence 1999; Sandro Botticelli. Pittore della Divina Commedia, Rome 2000; Botticelli e Filippino. L’inquietudine e la grazia nella pittura fiorentina del Quattrocento, Florence 2004

Destiny and criticism:
由来と批評

Attributions
Since the citations of the sixteenth-century sources, the painting has always been referred to Botticelli. However there are no known contemporary documents (such as contracts, diaries or workshop registers) that attest to the attribution.

帰属
16世紀の資料で言及されていることにより、この絵画は常にボッティチェリの作品とされてきた。だが、帰属を証明する同時代の資料(契約書、日記、工房の記録など)は知られていない。

Datings
The painting has been dated 1482 by those who consider that it was executed on commission from Lorenzo il Magnifico as a gift for the wedding of Lorenzo di Pierfrancesco and Semiramide Appiani, celebrated in that year (Cecchi 2000; Cecchi 2005).

制作年
この絵画は、ロレンツォ・イル・マニフィコが小ロレンツォとセミラミデ・アッピアーニの結婚を祝して注文したという説をとなえる研究者が、結婚の年1482年に制作されたと特定している。(チェッチ 2000、2005)

Image: Wikipedia “Lorenzo di Piero de’ Medici, detto Lorenzo il Magnifico (Firenze, 1449 – 1492)”

Instead, the scholars who consider that the work was executed at the wish of Lorenzo minor himself date it to not earlier than 1485, the year in which the two sons of Pierfrancesco – Lorenzo and Giovanni – commenced their own economic revival, liberating themselves from the invasive protection of the Magnifico, their second cousin (Acidini 2000).
それとは別に、他の研究者は、小ロレンツォ自身の依頼により1485年以降に制作されたとしている。この年、ピエルフランチェスコの2人の息子、小ロレンツォとジョヴァンニが、またいとこのマニフィコの抑圧的保護から解放されて経済的に自立した。(アチディーニ 2000)

According to another recent hypothesis (Baldini 2003), Botticelli’s painting may have been intended as a gift for the wedding of Giovanni di Pierfrancesco, the brother of Lorenzo minor and Luisa de’ Medici, daughter of the Magnifico, scheduled in 1487-88 but never celebrated because of the premature death of the damsel.
最近の仮説では(バルディーニ 2003)、小ロレンツォの弟ジョヴァンニと、マニフィコの娘ルイーザ・ディ・メディチの結婚祝いに制作されたものとしている。結婚は1487年-1488年に計画されていたが、ルイーザが早世したため実現しなかった。

Interpretations
Like Botticelli’s other allegorical paintings, Pallas and the centaur too still proves to be difficult to interpret.
At the end of the nineteenth century Ridolfi (1895) recognised in the painting the standard of Giuliano de’ Medici used in the tournament of 1475, showing “Pallas on a device of branches” (Vasari 1568, ed. 1878-1885, III, 1878, p. 312) and registered in Palazzo Medici up to 1598.

解釈
ボッティチェリの他のアレゴリーを題材にした絵画と同様に、「パラスとケンタウロス」もまた解釈が一筋縄では行かない。
19世紀末、リドルフィ(1895)は、絵の中に1475年の馬上試合でジュリアーノ・デ・メディチが使用した旗を読み取った。旗には「枝の意匠を身につけたパラス」が描かれ(ヴァザーリ1568, ed. 1878-1885, III, 1878, p. 312)、1598年までにメディチ宮殿に登録された。

The debate on the subject of Botticelli’s canvas then became animated upon the publication of the inventories of the “old house” of 1498-1499, 1503 and 1516, where the work is variously described as (see history) respectively, Camilla and a satyr (sic), generically as two figures and finally as Minerva and the centaur (Shearman 1975; Smith 1975).
「旧邸宅」の目録(1498-1499, 1503, 1516)を出版する際に、主題の特定問題が再浮上した。上記の通り、年代によって記載されている主題が異なっている。それぞれ、「カミラとサテュロス」、総称的に「二人の人物像」、そして最後は「ミネルバとケンタウロス」と記載されている(シャーマン 1975; スミス 1975)。

Some have endorsed the first identification, which is moreover the oldest, seeing in the work the portrayal of the heroine Camilla, daughter of the King of the Volsci, consecrated to Diana, in her capacity as a virtuous and civilising figure (Shearman 1975; Acidini Luchinat 1991).
最初の最も古い説を支持する研究者は、[ローマ神話の]ウォルスキ族の王の娘でヒロインのカミラの肖像画と解釈する。高潔で洗練された人物として女神ダイアナに捧げられている (シャーマン 1975; アチディーニ・ルキーナ 1991)。

According to Lightbown (1978), the work may have been a tribute offered by Lorenzo di Pierfrancesco to his wife Semiramide, daughter of a king, like Camilla, intent on subduing the lust of her consort with her own chastity.
ライトボーン(1978)によると、小ロレンツォが妻でカミラ同様王の娘セミラミデに贈った賛辞で、高潔さで配偶者の欲望を抑制したことを称えたものではないかと主張している。

In general, however, most critics have followed the reading presented in the 1516 inventory, seeing the heroine as Pallas-Minerva, despite the absence of certain characteristic attributes, such as the aegis, helmet and spear.
ただし概ね大多数の専門家は、神盾、ヘルメット、槍など特定できる持ち物が描かれていないながらも、1516年の目録に記載されているパラス=ミネルヴァ説を採用している。

The political reading advanced in the past by critics who saw the painting as a celebration of the diplomatic abilities of the Magnifico (Ridolfi 1895; Horne 1908), has been overtaken by one of a philosophical-moral slant. According to this interpretation, Pallas is the personification of reason engaged in subduing instinct and passion, namely, the centaur (Gombrich 1945, ed. 1978; A. Cecchi in Sandro Botticelli2000).
過去に盛んだった政治的解釈を支持する研究者によると、これはマニフィコの外交手腕を称えた絵画で(リドルフィ 1895; ホーン 1908)、その後、哲学的、道徳的な傾向に向かっていった。この解釈によると、パラスは理性を擬人化したもので、本能や激情、つまりケンタウロスを抑制している(ゴンブリッチ 1945, 改1978; A. チェッキ著 サンドロ・ボッティチェリ2000)。

Other identifications proposed for Botticelli’s female figure are: the armed Venus of Kythera, girdled with branches of myrtle and not olive (Smith 1975), Chaste Love controlling the carnal passions, Humility victorious over Pride (Acidini Luchinat 1991), a sentinel set to guard the Medici virtues who stops and tames a personification of “primordial coarseness” (Acidini Luchinat 2001).
その他この女性像についての解釈は、キュテーラ島[泡から生まれたヴィーナスが上陸した島]の武器を持つヴィーナスで、オリーブではなくヒメツルニシソウの枝が帯のように身体に巻いついている説(スミス 1975)、貞節な愛が動物的激情を支配している説、謙遜が高慢に打ち勝つ説(アチディーニ・ルーキナ 1991)、「原始的粗野」の擬人化を抑え従順にさせるメディチ家の徳を衛兵が警護する説(アチディーニ・ルーキナ 2001)がある。

メディチ家家系図(概略)

 

スクリーンショット 2014-10-13 23.10.17