Did Van Gogh really commit a suicide?  First half of the article in The Art Newspaper, with translation.

ゴッホの死は自殺だったのか。The Art Newspaper の記事からの抜粋と、意訳です。

***

Van Gogh: murder mystery or straightforward suicide?

ヴァン・ゴッホ:殺人ミステリーか。それとも、これまでの説通り自殺なのか?

Specialists from Amsterdam museum refute recent claims that 16-year-old schoolboy killed the artist

近頃浮上した16才少年による殺害説に、アムステルダムにある美術館の研究者が反論。

By Martin Bailey. News, Issue 248, July-August 2013
Published online: 08 August 2013

文)マーティン・ベイリー。
2013年7月−8月版、第248号、ニュースに掲載
ネット掲載:2013年8月8日

Image: Wikipedia

Who killed Vincent van Gogh? The artist’s death in France was always assumed to be suicide, until the publication of the definitive biography by Steven Naifeh and Gregory White Smith two years ago. In it, the American writers unveiled a shocking theory: a 16-year-old schoolboy, René Secrétan, had shot Van Gogh, though whether intentionally or accidentally was unclear. The authors argued that the artist, who took two days to die, “welcomed death” and protected Secrétan by claiming that it was suicide.

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは誰が殺したのか。フランスで死んだゴッホは、これまで常に自殺とされてきた。ところが、2年前、米国人スティーヴン・ナイフ氏とグレゴリー・ホワイト・スミス氏が出版した最も信頼のおける伝記により、ショッキングな説が明らかにされた。16才の学校に通うルネ・スクレタが、ゴッホを撃ったといものだ。意図的にか偶発的にかは定かでない。2人の著者によると、2日後に亡くなったゴッホは「死を歓迎」しており、自殺だったということにして、スクレタをかばったというのだ。

Now the Van Gogh Museum in Amsterdam has joined the debate, with an article in the July issue of the Burlington Magazine. In a detailed review of the biography, two of its research specialists, Louis van Tilborgh and Teio Meedendorp, insist that Van Gogh’s death was suicide.

その後、アムステルダムにあるヴァン・ゴッホ美術館がこの議論に加わり、バーリントン・マガジン7月号に記事が掲載されている。2人の研究者ルイ・ヴァン・ティルボージ氏とタイオ・ミーデンドープ氏は、その伝記を詳細に検証しながら、ゴッホの死はやはり自殺だったと主張している。

In the 960-page book, Van Gogh: the Life, Naifeh and Smith wrote: “For an act of such far-reaching significance and subsequent notoriety, surprisingly little is known about the incident that led to Van Gogh’s death at the age of 37.” All that is certain is that he died two days after sustaining a gunshot wound on 27 July 1890, somewhere in Auvers-sur-Oise.

まず、960ページに及ぶ伝記「ヴァン・ゴッホ;その生涯」で、著者は、「このように広範囲に影響を及ぼすほど重要性があり、その後に悪評となった行動のわりには、37才のゴッホを死に追いやった事件について、驚くほど何もわかっていない。」と記述している。明らかなのは、オーヴェル=シュル=オワースのどこかで撃たれ、その傷に2日間耐えた末、1890年7月27日にこの世を去ったことだけだ。

They set out to investigate, relying heavily on a little-known interview given by Secrétan in 1957, shortly before his death. Secrétan recalled that he had owned a pistol, which he used for shooting squirrels. He and his elder brother, Gaston, knew Van Gogh and used to tease him.

著者は、ほとんど知られていない1957年に行われたスクレタへの聞き取りに全面的に依存しながら、議論を展開している。その聞き取りは、スクレタの死の直前のことだった。スクレタは、ピストルを所有していたことを話し、リスを撃つのに使っていたと語った。スクレタとその兄は、知り合いだったゴッホをよくからかっていた。

René Secrétan claimed that the artist had stolen the gun from him but revealed nothing more about the shooting. Naifeh and Smith interpreted the interview as a deathbed confession and cited the late art historian John Rewald, who recalled a rumour in Auvers that “young boys shot Vincent accidentally”. According to the story, Van Gogh decided to protect René and Gaston from charges of murder or manslaughter.

ルネ・スクレタは、ゴッホに銃を盗まれたと主張したが、発砲に関しては何も語らなかった。著者はその聞き取りを臨終の告白と解釈し、美術史家ジョン・ルワルドが生前語っていた「少年がゴッホを偶発的に撃った」というオーヴェルでの噂話を引用した。その噂話によると、ゴッホは、ルネとガストンが殺人や過失致死で訴えられることがないように、2人をかばうことにした。

Forensic evidence

法医学的証拠

Naifeh and Smith focused on the nature of the wound, concluding that the gun was fired “at some distance from the body, not close up”, with the bullet entering “from an unusual, oblique angle (not straight on)”. This evidence came from the doctors who treated Van Gogh: his friend Dr Paul Gachet and a local practitioner, Dr Jean Mazery.

著者は、傷の特徴に着目し、弾は通常ではない斜めの角度から人体に入っていて、「至近距離ではなく、身体からある程度距離のあるところから」撃たれたと結論づけた。この証拠は、ゴッホを治療した医師、友人のポール・ガシェと地元の医師ジャン・マズリによるものだ。

Having examined the claims, Van Tilborgh and Meedendorp remain convinced that Van Gogh’s death was suicide. Their article argues that Secrétan’s interview does not substantiate the murder or manslaughter theory “in the slightest”. All it suggests is that Van Gogh may have somehow obtained the gun from the brothers. They also argue that, although Rewald repeated the rumour about the Secrétans, he “professed no particular belief in its accuracy”.

一方、美術館の2人の研究者は、著者の説を詳細に検証しながら、ゴッホの死はやはり自殺だったとのこれまでの説を確証する。マガジンの記事には、スクレタへの聞き取りは、殺人や過失致死説を「些なりとも」立証していないと記述している。そこからわかるのは、ゴッホが兄弟からどうにかして銃を手にしたということだけだ。また、引用されている歴史家は、スクレタ兄弟についての噂話に何度か触れはているが、「その正確性には、とくに信頼をおいているわけではないと明言している」と主張している。

They cite new material published last year in a book by Alain Rohan (Vincent van Gogh: Aurait-on retrouvé l’arme du suicide?). Dr Gachet recollected that the wound was brown with a purple halo. The purplish ring would have been caused by the bullet’s impact, but the brownish one would have come from powder burns, indicating that the gun had been held close to the chest, under a shirt. This would almost certainly mean that Van Gogh was responsible.

2人の専門家は、アラン・ロアン氏が去年出版した(Vincent van Gogh: Aurait-on retrouvé l’arme du suicide?)に記載されている新資料を引用している。ガシェ医師の回想によると、傷は茶色で紫の輪に囲まれていた。紫がかった輪は弾によるものと考えられるが、茶色がかっているのは火薬による創傷の可能性が高く、銃をシャツの下胸の近くで持っていたことを暗示している。この傷は、ほぼ確実にゴッホ自身によるものであることを意味している。

Rohan also produced new evidence about the weapon. In the 1950s, a rusty revolver was discovered buried in a field just behind the Château d’Auvers, where Van Gogh is said to have shot himself. An examination suggested that it had been in the soil for 60 to 80 years. The gun was discovered close to the Chemin des Berthelées, the spot painted by Dr Gachet’s son in 1904, in a picture he entitled Auvers, the area where Vincent committed suicide. The revolver was found just beyond the low farmhouses in the centre of the painting.

ロアン氏は銃についても、新しい証拠を提示している。1950年代、シャトー・ドーヴェルの背後にある野原の地中から、錆びた拳銃が発見された。その場所は、ゴッホが銃で自殺したと言われているあたりだ。調査の結果、発見された深さの土は60年から80年前のものということがわかっている。銃はChemin des Berthelées(ベルトレ通り)の近くで発見された。そこは、ガシェ博士の息子が1904年に絵を描いた場所で、その絵にはゴッホが自殺した地域であるオーヴェルというい画題を付けている。その絵画の中央に描かれている低い農家のすぐ背後で、その銃が発見された。

Image: theartnewspaper.com
Auvers, the area where Vincent committed suicide, 1904, by Louis van Ryssel (Paul Gachet Jr)

Click here to continue.
つづきはこちらから。

*