Tags

, , ,

A principal dancer of a traditional company made a debut in a “interesting” production.  A video clip and English subtitle from Mariinsky with Japanese translation.

伝統的なバレエ団のプリンシパルが、おもしろい役でデビュー。Mariinskyからビデオと字幕、その訳です。

***

‪Vladimir Shklyarov‬ ウラジミール・シクリャーロフ

31 January 2013
Concert Hall of the Mariinsky Theatre
A debut by Vladimir Shklyarov
in the one act ballet
“The Young Lady and the Hooligan”

2013年1月31日
マリインスキー劇場コンサートホール
一幕バレエ「お嬢さんとならず者」で
ラジミール・シクリャーロフがデビュー

Music by Dmitry Shostakovich
Choreography by Konstantin Boyarsky
音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィッチ
振付け:コンスタンティン・ボヤルスキー

Interview/インタビュー

Rejepmyrat (Redzhepmyrat Abdyev) and I have been friends for a long time –
he often gives me helpful advice and comments concerning the characters, what they should look like and how I appear onstage.

レプムラット(レドヒェムラット・アブディーフ)は昔からの友人で、役柄についていいアドバイスや意見をよく話してくれます。この役はこうだとか、舞台ではこう見えた方がいいとか。

“Do not do special moves.”
“That’s how you away from the heart is, and dance.”
“No need to lift up a leg here, a little bit more here.”

「特別な動きをしたらだめだよ。」
「気持が離れてしまうよ。踊りからもね。」
「ここに足を上げないで、もう少しここに上げて。」

I think that the character of the Hooligan is close to me
because I can honestly say that in life I love and loved,
when I was younger, to sort of lark about.

この「ならず者」の性格は、僕に近いものがあると思う。
正直に言うと、昔は私生活で誰かを好きになったり好かれたりしいた。
ふざけ回って楽しんでたというところかな。

And the stylization of this production is very interesting because,
to be honest, it does get a little dull dancing princes,
dancing pure and “noble” classics – sometimes I want to see
how I can do in something absolutely new, in something
which no-one has ever seen me before, maybe they can’t even imagine
this young lad as the head of a gang of thieves, a hooligan.

それから、この作品のスタイルは、とてもおもしろい。なぜかといえば、
正直言って、王子を踊るのは実は少しつまらなくなってきたんだ。純粋で「高貴」なクラシックバレエを踊るのは、すこしもの足りない。時々、何か本当に新しい演目で、僕が出そうもないような演目で、自分に何ができるのか試してみたくなるんだ。たぶん、この若者が盗賊のリーダー、フーリガンだとは、誰も想いもつかないんじゃないかな。

I think there’s such a thing as classicism in productions and this theme-
generally the theme of hooliganism… the hooligans are always
looking for a girl, young lady, and for her to save them
from this vicious circle.

演目には、クラシックなものと、このテーマのようないわゆる不良のテーマがあると思う。ならず者はいつも女の子を追いかけている。女の子から見ると、ならず者を不良仲間から救い出すんだ。

Productions like these should exist, they should be performed alongside
ballets such as Swan Lake, The Nutcracker and The Sleeping Beauty.
Because this theme will always be interesting.

こういう作品を上演すべきだと思う。「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」、「眠りの森の美女」といっしょに、上演すべきだ。こういうテーマは、これからもずっとおもしろいから。

I think you really have to watch this art form exclusively in the theatre,
you watch, you empathize, you live through those experiences
that you see the performer enacting onstage.

こういう芸術の形を見てほしい。ダンサーが舞台上に実現する世界を、見て、共感して、追体験できる。劇場だからできると思うんだ。

Published on 5 Apr 2013 by MariinskyEn

*

スクリーンショット(2013-04-21 15.23.32)

*