1715年 国王最後の日々 Live #LouisXIV

王室外科医マルシャル、国王の足が腿まで黒いマーブル状になっていることを確認。

ルイ14世は次第に意識が薄れていく。意識が戻っている時間が短くなる。

国王の命により、メントノン夫人はサン・シールに向かい、「二度と戻らなかった」

メントノン夫人が国王のもとを去ったのを見て、宮廷では国王が崩御したと勘違いした。

8月31日 速報。メントノン夫人、ヴィルサイユを去る。

8月30日7PM、国王はビスケット2枚とワインを口にする。食欲あり。

8月29日朝、寝室でミサを執り行う。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.