ストラディバリのヴィオラ

1700年代初期に制作されたヴィオラの音色

Published on 26 Mar 2014
The New York Times

David Aaron Carpenter plays Suite No. 3 in C by Johann Sebastian Bach on a Stradivari viola that will have a starting price of $45 million at auction this spring at Sotheby’s.
デイビット・アーロン・カーペンタが弾くヨハン・セバスチャン・バッハ作曲 無伴奏チェロ組曲第三番ハ長調。ストラディヴァリ ヴィオラ(サザビーズのオークション入札価格4,500万ドルから)

…which was owned and played by Peter Schidlof of the Amadeus Quartet until his death in 1987 in England.

アマデウス弦楽四重奏団ペーター・シドロフが1987年に英国で亡くなるまで所有し弾いていた。

While there are roughly 600 violins made by Antonio Stradivari, only around 10 of his violas are known to have survived intact.

アントニオ・ストラディヴァリ作でバイオリンは600本ほどあるが、ビオラで無傷で残っていることが知られているのはわずか10本ほどだ。

….made in the very best period of Stradivari’s work, which is between 1700 and 1720. It’s incredibly well preserved — one of the best-preserved Strads in existence. It’s one of only 10 violas in existence. Then you add to that the fact that one of the most famous violists of the 20th century played it for over 25 years.

ストラディヴァリの最盛期、1700年から1720年に制作され、驚くほど良い保存状態で、ストラディヴァリで残っている最も保存状態のいい楽器のひとつだ。わずか10本しか残っていないヴィオラのうちの1本であることに加え、20世紀の最も有名なヴィオラ演奏者の一人が25年間以上弾いていた楽器だ。

the “Macdonald” viola — named for one of its early-19th-century owners — sold in 1964 for $81,000 to Philips, the Dutch electronics company, which owned the Deutsche Grammophon record label and bought the instrument for Mr. Schidlof to play with the Amadeus Quartet, which recorded on the label.

19世紀初期の所有者の一人の名を取ったヴィオラ「マクドナルド」は1964年にオランダのエレクトロニクス企業フィリップスが8万1,000ドルで購入した。フィリップスはドイツ・グラモフォンレコード・レーベルのオーナーで、シドロフ氏がアマデウス弦楽四重奏団で演奏するために購入し、その演奏をレコーディングした。

🎻

アマデウス弦楽四重奏団

Published on 9 Dec 2011
ICAClassics

モーツァルト(1781年作)弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465
録音:1983年2月6日 ロンドン コベントガーデン ロイヤルオペラハウス

🎻