サントシャペル

monuments-nationaux.frの文と、試訳。

The Sainte-Chapelle was built by Saint Louis, king Louis IX, in the mid-13th century, at the heart of the Palais de la Cité, the sovereign’s residence and the seat of his government. Both palatine and reliquary, the Sainte-Chapelle is composed of the lower chapel, intended for the palace personnel, and the upper or royal chapel where the relics connected to Christ’s Passion were kept, bought by Saint Louis from the emperor of Constantinople. The Sainte-Chapelle is decorated by a unique ensemble of fifteen stained glass windows and a large rose window which form true walls of light. In the mid-19th century, the Sainte-Chapelle was restored in a manner which both re-created the original flamboyant Gothic and created an ideal vision of sacred medieval architecture.

サントシャペルは、13世紀半ばに聖ルイ、国王ルイ9世によって、宮殿であり政治を執り行っていたシテ宮の中心部に建築された。宮廷人が祈るための下層チャペルと、聖王がコンスタンチノープルの皇帝から入手したキリスト受難に関わる聖遺物を納める上層チャペル、または、王のチャペルの2層構造になっている。独特な雰囲気を醸し出す15枚のステンドグラスの窓と大きなバラ窓が、真に光の壁を形作っている。サントシャペルは19世紀半ばに修復され、オリジナルのフランボワイヤン・ゴシック様式を再現し、また、中世教会建築の粋を造り出した。

wikipedia.org

Image: Wikipedia “The Sainte-Chapelle rises above the rooflines of the royal palace. Miniature by the Limbourg brothers, ca 1400″「ランブール兄弟作『ベリー公のいとも豪華なる時祷書」王宮にそびえるサントシャペル。1400年頃」

*

14世紀サントシャペルとシテ宮の3D映像

Published on 10 Oct 2014 by DassaultSystemes

*

8年間の修復を終え、屋根に設置される大天使聖ミカエル像

Published on 9 Dec 2013 by Le Centre des monuments nationaux

*

ついに7年間の修復を完了するサントシャペルのステンドグラス

Published on 13 May 2015 by Le Centre des monuments nationaux

*

telegraph.co.uk

Image: telegraph.co.uk (Photo: Didier Plowy)

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.