イヤリング #MA

スミソニアン博物館から文と、試訳。

Marie Antoinette Diamond Earrings

マリー・アントワネットのダイヤモンドイヤリング

Photograph of the Marie Antoinette diamond earrings (G5018)

Image: geogallery.si.ed

These two large, pear-shaped diamonds weigh 14.25 and 20.34 carats respectively and are originally from India or Brazil, the only significant sources of diamonds in the eighteenth century. The diamonds are believed to have been set in earrings that belonged to Marie Antoinette, the Queen of France who was guillotined in 1793 during the French Revolution.

この2つの大きな梨型ダイアモンドの重さはそれぞれ14.25カラットと20.34カラットで、18世紀に唯一まとまったダイヤモンド採掘場があったインドまたはブラジルで採取された。ダイヤモンドは、フランス革命の最中1793年にギロチン台に送られたフランス王妃マリー・アントワネットが所有していたイヤリングにはめ込まれていたと言われている。

Image: Wikipedia “アントワネット 1790”

While the circumstances by which Marie Antoinette’s diamond earrings left her possession may never be known with certainty, the earrings appear to have stayed in the French Royal family. In 1853, as a wedding gift, Napoleon III gave Empress Eugenie a pair of earrings with large pear-shaped diamonds that are believed to have been the Marie Antoinette earrings. Original engravings from the Illustrated London News wedding issue of February 1853 show Eugenie wearing large diamond earrings.

ダイヤモンドのイヤリングがマリー・アントワネットの所持品ではなくなった状況は明確にはならなりそうもないが、そのままフランス王家に留まったと思われる。1853年にナポレオン3世が結婚祝いのプレゼントとして皇妃ユージーヌに贈った大きな梨型ダイヤモンドのイヤリングは、マリー・アントワネットが所有していたとものと見られている。「絵入りロンドン・ニュース」結婚特集1853年2月号の原板には、ユジーヌが大きなダイヤモンドのイヤリングをつけているところが描かれている。

Eugénie; keizerin der Fransen (2).jpg

Image: Wikipedia “皇妃ユジーヌ”

In 1887, all of the Crown Jewels of France were sold, and Empress Eugenie sold her personal jewels in 1870-1872 after she was exiled to England. It then seems plausible that they were acquired by the Grand Duchess Tatiana Yousupoff of Russia. When jeweler Pierre Cartier purchased the diamond earrings in 1928, their authenticity was attested to in an affidavit by Russian Princess Zenaide Yousupoff and her son, Prince Felix Yousupoff, stating that they originally belonged to Queen Marie Antoinette and had never been reset in the years that they were in the family.

フランス王室に伝わる宝物はすべて1887年に売却され、ユージーヌ皇后はイングランドに亡命後1870年から1872年に私物の宝石を売却した。次に、ロシア大皇妃タチアナ・ユスポフの所有になったというのが妥当に思われる。1928年に宝石商ピエール・カルティエがこのダイヤモンドのイヤリングを購入した時、ロシア公女ジナイダ・ユスポワと息子ピエール・フェリックス・ユスポフが宣誓供述書で信憑性を証言し、そこにはイヤリングは元は王妃マリー・アントワネットが所有していたもので、ユスポフ家が所有している間は一度も手を加えていないことが記載されている。

Princess Zinaida Yusupova o.jpg

Image:Wikipedia “ジナイダ・ユスポワ”

Marjorie Merriweather Post acquired the earrings from Pierre Cartier in October 1928. At the time of the sale, Cartier described the settings as original, but it is not known if these had been replaced or altered in the previous century. The large diamond drops were surrounded by bands of silver that had gold linkages and were decorated with old mine cut diamonds in scroll work. Later, Cartier replaced the tops of the earrings with triangular diamonds set in platinum.

マージョリー・メリウェザー・ポストが、1928年10月にピエール・カルティエからイヤリングを購入した。その際、カルティエはセッティングはオリジナルだが、前世紀に交換や変更されたかどうかは定かではないと記載している。大きなしずく型のダイヤモンドは、金の留め金のあるシルバーバンドに囲まれ、オールドマインカットのダイヤモンドで渦巻き状に装飾されている。後日、カルティエはイヤリングのトップをプラチナで留めた三角形のダイヤモンドに置き換えた。

In 1959, Harry Winston, Inc., mounted the diamonds into platinum and diamond replicas of the “original” silver settings for Mrs. Post. In November 1964, Mrs. Post’s daughter, Mrs. Eleanor Barzin, donated the earrings, along with the original settings, to the Smithsonian Institution. The magnificent Marie Antoinette Diamond Earrings are on display in the Gem Gallery at the National Museum of Natural History.

ハリー・ウィンストン社は1959年に、ポスト夫人の依頼でダイヤモンドをプラチナと「オリジナル」のシルバーセッティングのダイヤモンドレプリカに留めた。ポスト夫人の娘、エレノア・バージン夫人は、1964年11月にこのイヤリングをオリジナルのセッティングと共にスミソニアン博物館に寄贈した。マリー・アントワネットのすばらしいイヤリングは、国立自然史博物館宝石ギャラリーに展示されている。