平和な7月14日

bbc.comから記事と、試訳です。

***
Bastille Day: How peace and revolution got mixed up

バスティーユの日:平和と革命がどのように混同されたのか

By Hugh Schofield BBC News, Paris
14 July 2013
2013年7月14日

When the French parade on Sunday for their national day they will be marking the fall of the Bastille prison-fortress on 14 July 1789. Everyone knows that. Or do they? In fact there is a surprising twist in the story of this proud Republican anniversary.

日曜日に建国記念日を祝ってパレードするとき、フランス人は1789年7月14日に勃発した当時監獄だったバスティーユ城塞陥落を記念する。それは誰もが知っている。いや、果たして本当に知っているのだろうか。実は、この誇り高き共和制記念日の歴史には驚くほどのひねりが存在する。

Without realising it, what the French may technically be celebrating is not the storming of the Bastille but an event that took place exactly one year later, on 14 July 1790: the Fete de la Federation.

フランス人がそれと知らずに祝っているのは、厳密にはバスティーユ襲撃ではなく、その翌年同日に開催された祭典、Fête de la Fédération(連盟祭)なのだ。

To explain how this came about requires a small detour into French history.

そこでどのようにそうなったかを語るには、少々遠回りしてフランス史を紐解く必要がある。

It is easy to forget that for the first century after 1789, France lived mainly under the kind of monarchical regimes the revolution was supposed to have done away with.

1789年から100年間、フランスは主に革命で廃止されたはずの王制下にあったということを忘れがちだ

There was Napoleon; then the restored Bourbons after Waterloo; then King Louis-Philippe; a brief republican interlude starting in 1848; and then the second empire under Napoleon III.

ナポレオンが登場し、ワーテルローの戦い後にブルボン家が王政復古し、次に国王ルイ=フィリップが統治した後、1848年からつかの間の共和制下にあったが、その後ナポレオン3世の第二帝政時代になった。

Not until 1870, after defeat in the Franco-Prussian war, did France establish a lasting republican system.

1870年に普仏戦争で敗戦して初めて、フランスは継続する共和制を打ち立てた。

And even then, in the Third Republic’s first elected Assembly, there was a clear majority of members who actually favoured a return to monarchy.

しかもその時でさえ、第三共和制初の選挙による国民議会では、王政復古に賛成する議員の方が明らかに過半数を占めていた。

The forces of anti-revolutionary conservatism remained strong.

反革命派の保守派勢力が力を保っていた。

‘City of hope’

「希望の都市」

By the end of the 1870s, the situation had moved. Most monarchists had become reconciled to the Republic; there was a Republican majority in the Assembly; so now was the time to anchor the new order with a set of national symbols.

1870年代末、事態は推移した。王統派の大多数が共和制に譲歩した。国民議会は共和党が過半数を占めていたので、国民の象徴をもって新秩序に収まる時が来た。

And one of the first questions was the choice of national day.

まず検討されたのが、建国記念日をいつに定めるかだった。

After looking at various options, the left settled on 14 July. They reasoned that the taking of the Bastille was what triggered the French Revolution – the moment an angry people began to throw off its chains.

いくつかの候補日が挙げられた後、共和政府は7月14日に定めることに落ち着いた。バスティーユ陥落がフランス革命の引き金となったこと、怒った民衆が鎖から解き放たれた瞬間だったというのが理由だった。

But the trouble was that 14 July was also a day of bloodshed. The governor of Paris had his head cut off with a pen-knife.

ところが、問題となったのは7月14日は虐殺の日でもあったことだ。パリ市長は小型ナイフで首を斬られた。

For the ex-monarchists – now late converts to the Republic – this was all too much. A national day should be a day of reconciliation, they argued, not a celebration of class hatred.

共和党に転向したばかりの元王統派にとって、それは納得いかなかった。建国記念日は、階級制憎悪を記念するのではなく、和解の日にすべきだと主張した。

And so eyes turned to the Fete de la Federation.

そこで連盟祭に着目した。

A year after the fall of the Bastille, Paris had been a city of hope. King Louis XVI was still on his throne, but his powers were being circumscribed by a constituent assembly. The privileges of the aristocracy had been abolished.

バスティーユ陥落の1年後、パリは希望の都市となっていた。ルイ16世は引き続き王座にあったが、権力は憲法制定会議によって制限されつつあった。貴族の特権は廃止されていた。

It was what historians have dubbed the “optimistic phase” of the revolution.

それは、歴史家が言うところの革命の「楽観的段階」だった。

And to mark it, the authorities organised an extraordinary outdoor event on the Champs de Mars – where the Eiffel Tower now stands.

それを記念するため、時の政府はシャン・ド・マルス、現在エッフェル塔がある場所で、一大野外イベントを開催した。

‘Great festival of mankind’

「人類の偉大なフェスティバル」

A 24m (80ft) triumphal arch was erected, and banks of wooden seating for the 400,000-strong crowd. In the centre was set an “Altar of the Fatherland”, inscribed with the sacred words “The Nation, the Law, the King”.

24mの凱旋門が建てられ、40万人以上が座れる木製のスタンドが建築された。中央には「父なる祖国の祭壇」が設置され、そこには「国民、法律、国王」という聖なる言葉が刻まれた。

Image: Wikipedia

In the weeks preceding, Parisians of every description had joined in the task of preparing the site – duchesses mingling with flower-sellers.

あらゆる階層のパリ市民、侯爵夫人から花売りまでが入り混じり、数週間かけて会場の準備を行った。

It was – according to the historian Simon Schama in his book Citizens – “a great festival of mankind morally purified by their communal labour”.

歴史家シモン・シャーマの著書「市民」によると、それは、「労働を共有することで道徳的に純化された人類の偉大なるフェスティバル」だった。

On 14 July 1790, it poured with rain. But delegations of the newly-created national guard from across France paraded through the city, led by the Marquis de Lafayette.

1790年7月14日は雨だった。それにもかかわらず、フランス全土から集まった新設国民衛兵の代表は、ラファイエット侯爵指揮下でパリ市中を行進した。

On the Champ de Mars there was military music; oaths were made to the King, who in turn swore to uphold the decrees of the National Assembly; Mass was celebrated.

シャン・ド・マルスでは軍隊が音楽を奏で、国王に対して宣誓が行われ、それに応えて国王が国民議会の布告を支持することを誓い、民衆の式典が行われた。

And in a scene straight out of today’s celebrity culture, there was a roar of excitement as Queen Marie-Antoinette held up the baby dauphin – heir to the throne – to the crowd.

その上、今日の有名人文化から抜け出たように、王妃マリー・アントワネットが世継ぎである幼い王太子を民衆に掲げると、熱狂の渦が沸き起こった。

Image: liveauctioneers.com “Marie-Antoinette, reine de France. Paire de mules”「アントワネットが連盟祭で履いた(可能性のある)トリコロールのミュール」

In the words of historian Georges-Henri Soutou, it was a moment when “it was still possible to imagine that a new regime could be established – one that did not offend the religious sensitivities of the majority and had the support of the King”.

歴史家ジョルジュ=アンリ・ストゥの言葉を借りると、それは「大多数の宗教的感受性を刺激することなく、国王を支持する新しい王制の成立を彷彿とさせる」瞬間だった。

It did not last, of course. Within a year, the revolution was on course towards its bloody conclusion.

もとよりそれは長続きしなかった。その後1年も経たず、革命政府は血なまぐさい結末に向け舵を切った。

But a century later, the Fete de la Federation had the huge distinction of being an occasion on which just about everyone – from Bourbon loyalists to proto-Socialists – could agree.

ところがその100年後、連盟祭はブルボン王統派から社会主義派までほぼ全てが同意することができる卓越した機会となった。

For the Senator Henri Martin – who drew up the National Day law – “14 July 1790 is the most beautiful day in the history of France, possibly in the history of mankind. It was on that day that national unity was finally accomplished.”

建国記念日法を制定した上院議員アンリ・マーティンは、「1790年7月14日は、フランス史上、おそらく人類史上もっとも輝かしい日だ。この日こそ、国家統一が最終的に達成された日だ」と語った。

Passed in 1880, the law was deliberately ambiguous. It did not say which 14 July was being celebrated.

1880年に成立したこの法律は、意図的に曖昧にされた。どちらの7月14日を記念しているか何も記載されていない。

And today, of course, everyone thinks of it as Bastille Day.

そして今日、誰もが当然のこととしてバスティーユの日と考えている。

But spare a thought for that other Quatorze Juillet – when France seemed on the verge of more peaceful, gradual change. It is part of the story too.

だが、もう一方のキャトルズ・ジュリエにも思いを馳せてみよう。フランスがもっと平和的に徐々に変わろうとしていたと見られるこの日を。これも歴史の一部なのだから。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.