ブドワール修復

フォンテーヌブロー宮殿のマリー・アントワネットのブドワールが、修復で見事に蘇るプロセスです。フランスでは昔の装飾技術が今でも受け継がれていることに感銘を受けました。

Le boudoir Turc de Marie-Antoinette et Joséphine VF

Château de Fontainebleau
Published on 5 May 2015

🌹

原文:musee-chateau-fontainebleau.fr
試訳

The restoration of the Turkish Boudoir
トルコ風ブドワールの修復

The Turkish Boudoir at Fontainebleau is the last remaining example of the “Royal Turqueries” that were popular during the 18th century, and which drew heavily on the Orient for their inspiration. Designed in 1777 by the Rousseau brothers for Marie Antoinette, it is one of the great treasures of the Château. All of the originality and preciosity of the so-called Turqueries, together with their modernity, reach their full expression here : with exceptionally harmonious décor and furniture, an extraordinarily rich choice of materials and patterns borrowed from the original repertoire, not to mention the lighting effects created by the moving mirrors and transparent fabrics.

フォンテーヌブロー宮殿のトルコ風ブドワールは、18世紀に好まれた「ロイヤルチュルクリー」の現存する最後の例で、オリエントから濃厚に着想を得ている。1777年にルソー兄弟がマリー・アントワネットのためにデザインしたこの部屋は、フォンテーヌブロー宮殿の宝物の一つだ。チュルクリーと呼ばれるトルコ風のオリジナリティと瀟洒さが近代性と相まって十二分にこの部屋に表現されている。デコールと家具がすばらしく調和し、オリジナルのレパートリーから借りてきた非常に豊富な種類の素材や模様、また、移動式鏡や透明なファブリックが作り出す光の効果も言うに及ばない。

After the French Revolution, its furniture collections were dispersed, but Empress Josephine brought the boudoir back to life by having her “little bedchamber” installed here in 1806. She commissioned new furniture upholstered with shimmering velvet from Jacob-Desmalter, in a style that was evocative of the renowned taste for all things Turkish, and had the room decorated using precious materials such as embroidered muslin, taffeta, and gold lamé festoons with vermicular motifs.

フランス革命後に宮殿の家具は散逸したが、ジョセフィーヌ皇后が1806年に「小さな寝室」をこの場所に設けてブドワールを蘇らせた。ジャコブ=デスマルター(1800年前後の影響力のあった家具製作者)のキラキラ光るベルベットで布張りした家具を、すべてトルコ風にアレンジした名高い趣味を呼び起こすスタイルで新たに作らせ、刺繍の施されたモスリンやタフタ(琥珀織り:ペルシャ起源の柔らかなシルク製の細い畝のある生地)、縄目模様の金のラメ入り花綱など、貴重な素材で部屋を装飾した。

7 years of work to return the boudoir to its 1806 state
ブドワールを1806年当時の状態に戻した7年間の修復事業

The boudoir restoration project was launched in 2007. The decor of sculpted and painted panels adorned with ornaments inspired by the Levant, and mechanisms for the moving mirrors, have been restored to their former glory (both thanks to the support of INSEAD). In order to raise the funds needed for the restoration of the furniture and the boudoir’s various decorative fabrics, the Château de Fontainebleau launched a novel subscription campaign entitled, “Des Mécènes pour Fontainebleau” (or “Sponsors for Fontainebleau”). Thanks to the reconstruction of the boudoir at the Rue du Faubourg-Saint-Honoré in Paris, with original furniture put on display, it has been possible to raise the money required to restore the textiles (a work of master goldsmiths) and re-weave the outstanding silk velvet upholstery fabrics. This highly technical task was entrusted to the Lyon-based company Tassinari et Chatel, whose velvet-maker patiently spent fifteen months weaving the 26 meters of fabric required.

ブロワール修復プロジェクトは2007年に始まった。レバント(東部地中海沿岸の歴史的名称)から着想を得たオーナメントで飾られた彫刻や絵が施されたパネルや移動式鏡のメカニズムは、(INSEAD(インシアード:ビジネススクール)の協力を得て)かつての栄光を取り戻した。家具やブドワールの様々な装飾ファブリックを修復するのに必要な資金を調達するために、フォンテーヌブロー宮殿は「Des Mécènes pour Fontainebleau」(または、フォンテーヌブロー後援会)という登録キャンペーンを新たに立ち上げた。パリのフォーブルサントノーレ通りで再建されたブドワールに展示されているオリジナルの家具により、テキスタイル(熟練技術者による手仕事)の復元や家具を覆う絹のベルベットの再度織るのに必要な資金の募金が可能になった。高い技能が要求されるこのファブリックの再現は、リヨンの企業タシナリ&シャテルに依頼した。現場のベルベット製作者は粘り強く15ヶ月かけて必要とされた26メートルのファブリックを織り上げた。

Thanks to this exemplary restoration, under the supervision of Vincent Cochet, Heritage Curator at the Château de Fontainebleau, and Patrick Ponsot, Head Architect for Historic Monuments, visitors can now discover the subtle splendor of this enchanting place. The restoration program required : 1. Completing the restoration of the panels, windows, and parquets. 2. Restoring the cornicing and ceilings. 3. Restoring the fireplaces (those from the first two rooms were tracked down in the château and will be put back in place). 4. Restoring the paintwork and decorations. 5. Installing electrical and safety equipment. 6. Re-installing the mirrors, one-way mirrors, and coated glass.

フォンテーヌブロー宮殿遺産キュレーター、ヴァンサン・コシェットとHistoric Monuments(歴史的記念建造物)の建築部長パトリック・ポンソットの指揮下で行われた模範的な修復工事の結果、現在、この魅力的な部屋で絶妙な壮観を見ることができるようになった。修復プログラムで必要だったのは:1.(壁の)パネル、窓、寄木造りの床の補修、2.コーニス(天井と壁の間)と天井の復元、3. 暖炉の復元(最初の2部屋の暖炉は宮殿の中で調達し今後設置される)、4.塗装や装飾の復元、5.電気器具と安全器具の設置、6.鏡、一方向の鏡、コーティングガラスの再設置。

 

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.