アントワネットの宝飾品、オークションに

sothebys.comから抜粋と、試訳。

 

Marie-Antoinette’s Jewels Come to Auction
マリー・アントワネットの宝飾品がオークションに

par Sotheby’s 13 juin 2018
2018年6月13日 サザビーズ

.


Sotheby’s
Published on Jun 21, 2018

.

0ne of the most important royal jewellery collections ever to come to auction is set to capture the world’s imagination when it comes to Sotheby’s this autumn. Royal Jewels from the Bourbon Parma Family (Geneva, 12 November), which spans centuries of European history, from the reign of Louis XVI to the fall of the Austro-Hungarian Empire, will offer a fascinating insight into the splendour of one of Europe’s most important royal dynasties.

この秋、これまでで最高レベルの王室宝飾品コレクションがサザビーズでオークションにかけられると、世界中が注目することになる。「ブルボン・パルマ家のロイヤルジュエリー(11月12日、ジュネーブ)」はルイ16世からオーストリア=ハンガリー帝国滅亡まで数世紀を網羅し、ヨーロッパを席巻した王室の栄光に魅力的な光を当てる。

Descended from Louis XIV of France, the Holy Roman Emperors and from Pope Paul III, the Bourbon-Parma family is linked by blood to the most important ruling families of Europe – from the Bourbons to the Habsburgs. Members of the lineage include Kings of France and Spain, Emperors of Austria and the Dukes of Parma.

フランス王ルイ14世や何代もの神聖ローマ皇帝、また16世紀のローマ教皇パウル3世の末裔であるブルボン・パルマ家は、ブルボン家からハプスブルグ家とヨーロッパを支配した王家と血縁関係にある。フランスやスペインの代々の国王やオーストリア皇帝、パルマ公爵の血筋にあたる。

This illustrious ancestry is demonstrated by the extraordinary opulence of the pieces in the collection, led by a breath-taking group of jewels which once belonged to Queen Marie Antoinette, daughter of Holy Roman Empress Maria Teresa, and wife of Louis XVI, the most famous Queen of France, which have not been seen in public for 200 years.

この華々しい家柄はコレクションの豪華絢爛な品々が物語っているが、中でも息を呑むような宝石でできた一連の宝飾品は、神聖ローマ帝国女帝マリア・テレジアの娘でありルイ16世の妃で、フランスで最も有名な王妃マリー・アントワネットがかつで所有し、200年間公の目に触れることがなかったものだ。

Among the star lots of the collection is a stunning diamond pendant, supporting a natural pearl of exceptional size (26 mm x 18 mm), as well as a pair of natural pearl drops and a fabulous necklace featuring 119 natural pearls.

コレクションの輝かしいロットには、特別なサイズ(26mm x 18mm)のナチュラルパールを下げた素晴らしいダイヤモンドのペンダント、また、一対のナチュラルパールのドロップスイヤリングや119個のナチュラルパールでできた見事なネックレスがある。

This impressive ensemble of jewels has an extraordinary story. As King Louis XVI, Marie-Antoinette and their family prepared their escape in March 1791, the queen placed all her diamonds, rubies and pearls in a wooden chest, which made its way to Vienna by way of Brussels in the care of Count Mercy Argentau, a loyal retainer to the queen.

この印象深い宝飾品には特別なストーリーがある。1791年3月、国王ルイ16世とマリー・アントワネットが家族と共に亡命を計画していた時、王妃はすべてのダイヤモンド、ルビー、パールを木製のチェストにしまい、王妃付きだったメルシー=アルジャントー伯爵に託してブリュッセル経由でウィーンに運ばせた。

The king and queen were executed by guillotine in 1793 and their 10-year-old son Louis XVII died in captivity shortly after. Their last surviving child Marie-Thérèse, known as “Madame Royale”, was released from three years of solitary confinement in 1795. Upon her eventual arrival in Vienna in 1796 she reclaimed her mother’s jewels, which had been kept safe by her cousin, the Austrian Emperor.

国王と王妃は1793年にギロチンで処刑され、その数年後に10才の王子は囚われの身のまま死亡した。最後に生き残った「マダムロワイヤル」として知られていた王女マリー・テレーズは、3年間独房に監禁された後1796年に解放された。同年にようやくウィーンに到着すると、従兄弟であるオーストリア皇帝が保管していた母の宝飾品の所有権を申し出た。

<….>

.

Advertisements