バレエ監督の目

newyorktimes.comから抜粋と、試訳。

***
The Bolshoi, Under the Exacting Eye of Makhar Vaziev
ボリショイバレエ団、マハール・ワジーエフの厳しい目のもとで

By NEIL MacFARQUHAR
JULY 17, 2017/ 2017年7月17日

MOSCOW — Soon after becoming the ballet director at the Bolshoi Theater, Makhar K. Vaziev installed a large flat-screen television next to his desk that allows him to monitor the rehearsal rooms and the two main stages — the screen divided into nine squares.

ボリショイバレエ団のバレエ監督に就任した直後、マハール K.ワジーエフ氏は大型フラットスクリーンTVをデスクの横に設置し、複数のリハーサル室と2つの本舞台をモニターできるようにした。スクリーンは9つの画像に分割されている。

On a recent afternoon, as the company prepared to leave for a 10-day run at Lincoln Center that begins on Thursday, he watched as Elvina Ibraimova rehearsed onscreen, then called the studio to tweak a variation.

最近のある午後、バレエ団はニューヨークのリンカーンセンターで木曜日から始まる10日間の公演に出発する準備をしていた。ワジーエフ監督はエルヴィナ・イブライモワがリハーサルをしている画面を見ていて、スタジオに電話をかけヴァリエーションを微調整した。

“The pas de bourrée should be faster; the turn, less but more active,” he said, as she adjusted. “The left hand in that direction, the right in this — put it in front of yourself right away. Understand?”

イブライモワが調整すると、「パドブレはもっと速く、ターンは軽くもっと活発に」とワジーエフ氏が言った。「左腕はそっち方向、右はこっちですぐに目の前にもってくる。わかった?」

At first, the dancers and ballet teachers were startled at this Big Brother method of remote supervision, he said, but he seems to want them to know that he is always there.

最初、バレエダンサーたちや先生たちは遠隔から監視するビッグブラザー方式に驚愕したとワジーエフ氏が話した。だが、皆に自分はいつもそこにいることを知ってもらいたかったようだ。

Mr. Vaziev, the former ballet director at two exacting companies, the Mariinsky Theater in St. Petersburg and La Scala in Milan, was appointed at the Bolshoi in March 2016 at a particularly fraught moment in the company’s long, tangled history.

ワジーエフ氏は、2つの要求の高いバレエ団、サンクト・ペテルスブルグのマリインスキー劇場とミラノのスカラ座でバレエ監督として務めたのち、2016年3月、長くもつれた歴史の中でも特に困難な時にボリショイバレエ団に迎え入れられた。

<….>

The Bolshoi has basically always been viewed as the Kremlin’s stage, and the state still underwrites 70 percent of its budget. After the government first brought in Mr. Urin, he telephoned Mr. Vaziev to offer him the job of ballet director. Mr. Vaziev said his first reaction was to reject the post, which he had done several times before. But Mr. Urin persisted.

ボリショイバレエ団は基本的に常にクレムリンの劇場とみなされてきており、今でも国家が予算の70%を負担している。政府がまずウラジミール・ウリン氏を総裁職に就任させると、ウリン氏はワジーエフ氏に電話してバレエ監督の職をオファーした。ワジーエフ氏によると自分の最初の反応はその職を拒絶したことだった。それより前にも何回か同様のことがあった。だが、ウリン氏は引き下がらなかった。

Mr. Vaziev said that what really attracted him to the Bolshoi was its scale, of both its productions and its ambitions. It was not just the 220 dancers and nearly 30 instructors, he said, but also that the Bolshoi fosters its own talent in virtually all aspects of ballet — dancers, musicians, choreographers, costume designers, etc.

ワジーエフ氏によると、ボリショイバレエ団の何に本当に惹かれたのかというと、作品と意欲、その両方のスケールの大きさだった。ボリショイは、ただ220人のダンサーと30人ほどの先生がいるだけではなく、ダンサー、音楽家、振付家、コスチュームデザイナーなど事実上バレエのすべての側面においてボリショイの才能を大事に育成しているとワジーエフ氏が話す。

“This is a huge empire,” he said. “I did not have that at La Scala.”

「巨大な帝国だ。スカラ座にはなかった」

Mr. Vaziev, 56, his hair graying, still carries himself with the erect posture of the star dancer he once was — his polished black oxfords pushing out toward first position.

白髪混じりのワジーエフ氏(56)は、今でもかつでそうであったスターダンサーの直立姿勢を保ち、磨かれた黒いオクスフォード靴がファーストポジションを取っていた。

<….>

and then joined the Kirov, the Soviet incarnation of the Mariinsky. After becoming a principal dancer, he worked his way up through the management under Valery Gergiev, serving as ballet director from 1995 to 2008, then left for La Scala.

そして、マリインスキーバレエ団のソビエト時代の名称であるキーロフバレエ団に入団した。プリンシパルダンサーになった後ヴァレリー・ゲルギエフの下で管理職になり、1995年から2008年までバレエ監督として努め、その後スカラ座に移籍した。

At the Mariinsky, Mr. Vaziev was known for a willingness to experiment with choreographers, so there is some anticipation that he will change the even more traditional Bolshoi.

マリインスキーバレエ団でワジーエフ氏は振付家と実験的なことに意欲的なことで知られており、より伝統を重んじるボリショイバレエ団を変えるのではないかと一部で見られている。

Audiences around the globe want to see the Bolshoi because it maintains the exacting standards of classical ballet, he said. Yet recognizing that it is a classical company does not mean rigid adherence to form, he said, suggesting that his ideal would be 70 percent older repertory and 30 percent more contemporary works.

世界中の観客は、クラシックバレエの厳格な基準を守り続けているからボリショイバレエを見たいのだと、ワジーエフが言う。だからと言ってクラッシックのバレエ団と認めることが型に執着することを意味するのではないと話す。つまり、ワジーエフ氏の理想は70%がより古いレパートリーで、30%がよりコンテンポラリーの作品ということのようだ。

Given that dances by Yury Grigorovich, 90, remain central to the Bolshoi, any such changes provoke grumbling among devotees both inside and outside the theater that Mr. Vaziev is perverting Soviet standards that have long gilded the company’s reputation.

ユーリ・グリゴロヴィッチ(90)振り付けのバレエが今でもボリショイの主流であることから、長年ボリショイバレエを形作ってきたソビエトの基準をワジーエフ氏が踏み外すような変化があると、ボリショイ内外のコアなファンの中で不平を招くことになる。

This November, the Bolshoi will stage Alexei Ratmansky’s version of “Romeo and Juliet.” “I am not going to hide the fact that I would dream of doing something with Ratmansky every year,” Mr. Vaziev said, but added that he had no intention of replacing Grigorovich’s work.

この11月、ボリショイではアレクセイ・ラトマンスキー版の「ロミオとジュリエット」を上演する。「ラトマンスキー作品を毎年上演するという夢を隠したりはしない」とワジーエフ氏が話す。だが、グリゴロヴィッチ作品を差し替えるつもりはないとも話した。

Instead, he continued, “I try to build something different next to it that should be more convincing.” The Bolshoi audience, he said, can vote for its preferences at the box office.

そうではなく、「何か違うものでもっと確かな作品を別に作り出そうとしているのだ」と述べた。ボリショイの観客がチケット売り場で好みにあう演目を選ぶことができるようになると語った。

<….>

Among other changes, Mr. Vaziev, who said he spent 12 hours a day at the theater, has given every dancer in the company the opportunity to seek even a small solo role or to suggest choreography. Twice a month he holds an open session that any dancer can attend to present an idea. Knowing all the dancers individually helps shape how he interacts with them during rehearsals, he said.

変化の一つとしてあげられるのが、1日12時間劇場にいると言っているワジリーエフ氏は、バレエ団のひとりひとりに、小さくてもソロの役を目指す機会や振り付けに提案する機会を与えてきた。月2回、ダンサーなら誰でも参加してアイディアを出すことができる開かれたセッションを開催している。ダンサー全員を個別に知ることが、リハーサル中にダンサーたちとどのようにやり取りするかを決める一助となっている。

“I need artists whose eyes are on fire, and not those who have stood there in ‘Swan Lake’ for 10 years,” he said. “I need them to understand that they are valued here, and that I need them.”

「必要としているのは、目の奥で炎が燃えているアーティストで、「白鳥の湖」で10年間立っていたダンサーではない。ここではダンサーを大切にしていること、ダンサーは必要とされていることを皆に理解してもらう必要がある」

<….>

At his desk, Mr. Vaziev clicked on the television remote to fill the screen with a rehearsal by Alena Kovaleva and an Italian, Jacopo Tissi, two budding stars he is bringing to New York to dance the “Jewels” matinee.

デスクで、ワジーエフ氏はリモートTVをクリックし、アリョーナ・コワレーワとイタリア人パートナーのジャコポ・テッシのリハーサル画面を全画面表示にした。ワジーエフ氏が「ジュエルズ」のマチネで踊らせるためニューヨークに連れていく有望な2人の新人だ。

He picked up the phone to adjust their steps, then hung up, deciding to run down to the studio to do it in person.

ワジーエフ氏はステップを調整しようと電話を取ったがすぐに切り、スタジオに行って直接調整することにした。

Earlier, after watching Ms. Ibraimova incorporate his advice, he called back to praise her. As he signed off, he said: “Keep going. I won’t bother you, but I’m watching you.”

これより前、イブライモワが自分のアドバイスに従って調整するのを見た後、ワジリーエフ氏は再び電話をかけイブライモワを褒めた。サインオフする時、ワジリーエフ氏はイブライモワに言った。「その調子で続けて。僕は君の邪魔はしはない。だが、君を見ているよ」

.

Elvina Ibraimova and Artemy Belyakov (@6elyakov) in "Symphony of Psalms"

A post shared by The Bolshoi Ballet Dancers (@bolshoi_fan) on

.

Advertisements