アンリ四世の頭部に関して2つの調査結果です。
phys.orgから、昨年2013年10月の記事と、試訳です。

***

New DNA tests say head isn’t French King Henri IV
頭部のDNA鑑定の結果、フランス国王アンリ四世説を否定

Oct 09, 2013 by Maria Cheng
Wikipeida

Image: Wikipedia: Henri IV, Marie de’ Medici and family

Three years ago, French researchers declared that a centuries-old mummified head was that of the beloved King Henri IV. But now a new study says, “Non!”

3年前、フランスの研究者が数百年前のミイラ化した頭部が、人気のある国王アンリ四世のものだと断定しが、今、新しい調査の結果、「ノン」と否定されている。

The original conclusion was based largely on facial reconstruction techniques and signs the skull had injuries similar to those suffered by the monarch. The new study looked at DNA instead.

3年前の調査結果は、復顔法技術と頭蓋骨にあった傷跡がアンリ四世が受けたものに似ていたことによる。新しい調査では、DNAに着目した。

It found a genetic mismatch between the head and three living male relatives of the 17th-century French king. The researchers concluded the head didn’t come from anybody in the royal lineage.

それによると、その頭部と17世紀の国王アンリ四世の現在の男性親族3人との間で遺伝子が一致しなかった。研究者は、その頭部は王家のものではないと結論づけた。

Henri IV was one of France’s best-loved kings, credited with bringing religious peace to the country and building Parisian landmarks like the Pont Neuf bridge during his reign from 1589 to 1610. He was the first of the Bourbon monarchs and grandfather of the Sun King Louis XIV.

アンリ四世はフランスで絶大な人気を誇る国王で、1589年から1610年の治世に、王国に宗教的平和をもたらし、ポンヌフのようなパリのランドマークを作った。ブルボン家の初代国王で、太陽王ルイ14世は孫にあたる。

It’s “impossible” that the head belongs to Henri IV, said Jean-Jacques Cassiman, an emeritus professor at the University of Leuven, one of the authors of the new study. The research was published online Wednesday in the European Journal of Human Genetics.

この頭部がアンリ四世のものであることは「不可能」だと、ルヴェン大学名誉教授で新説の提唱者の1人ジャン=ジャック・カシマン氏が話す。調査結果は、遺伝学専門誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス」のネット版に水曜日に掲載された。

The same study also found a blood sample previously attributed to King Louis XVI, one of Henri’s descendants, lacked any royal ties. Louis XVI died on the guillotine during the French Revolution and many spectators reportedly soaked their handkerchiefs in the king’s blood. But Cassiman and colleagues found the lingering traces of powdered blood on the handkerchief they tested did not match the Bourbon family DNA.

同調査は、また、アンリ四世の子孫である国王ルイ十六世のものとされていた血液のサンプルが、王家との関係性に欠けることも明らかにした。ルイ十六世はフランス革命の中ギロチンにかけられたが、その際、多くの見物人が自分のハンカチを国王の血で染めたとされていた。だが、カシマン氏をはじめとする研究者が粉末状に変質した布の血痕を調査した結果、ブルボン家のDNAと一致しなかった。

Cassiman said he wasn’t sure who the head or the blood sample belonged to. The DNA from both failed to match samples from other royal families on record.

カシマン氏は、その頭部や血液サンプルが誰のものか確証がないと語った。両方ともDNAが記録にあるどの王家のものとも一致しなかった。

Amid the frenzy of the French revolution, the royal tombs at Saint Denis near Paris were dug up and some accounts claim Henri IV’s head got chopped off and stolen. Cassiman and his co-authors dispute that Henri was decapitated and believe the king is still buried in Saint Denis after the tombs were resealed in 1817.

フランス革命の騒乱の最中、パリのサンドニ聖堂にあった王家の墓が掘り起こされた時、アンリ四世の頭部は切断されて持ち去られたと言われている。カシマン氏と共同研究者は、アンリ四世の頭部が切断されたことに異論を唱え、1817年に再埋葬されたときからサンドニ聖堂に葬られていると考えている。

“That is impossible to verify,” said Michael Rowe, a senior lecturer in European history at King’s College London, who was not connected to either study. He said there wasn’t much evidence one way or the other to suggest what happened to Henri’s head. But Rowe said that Henri IV’s reputation as one of France’s best kings might have saved his body from decapitation. “If the revolutionaries were going to spare any of the kings, it would have been Henri IV.”

「それを実証することは不可能です。」と、ロンドン・キングスカレッジのヨーロッパ史シニア講師で今回の調査には参加していないミカエル・ロウ氏が話す。「どちらの説にせよアンリ四世の頭部がどうなったかを示す証拠は不十分です。ただ、フランスで最も人気の高い国王だったことで、頭部切断から免れたのではないかとも考えられます。もし革命家が危害を加えようとしない国王がいるとしたら、それはアンリ四世に違いありません。」

Philippe Charlier, author of the 2010 study that identified the head as Henri IV, dismissed the new research. He said he and colleagues have found an exact match between a three-dimensional comparison of the ancient head and Henri IV’s death mask. He said the work will be published soon in a forensic journal.

一方、2010年の調査でこの頭部をアンリ四世のものと断定したフィリップ・シャルリエ氏は、新説を否定する。当時の調査で、頭部とアンリ四世のデスマスクの3Dを比較した結果、双方が完全に一致したと話す。この調査を間もなく法医学誌に掲載すると語った。

Charlier added there were numerous doubts about the paternity of various kings in the Bourbon line, which might explain why there was no link between the DNA of modern-day descendants and the ancient head.

さらに、シャルリエ氏は、ブルボン家の国王の父系に関して疑問視されているケースが多くあり、それが現代の血縁者と昔の頭部のDNAの間に関係性がない理由ではないかと話す。

“It is hopeless to try to match a family tree and a series of genetic links (over) such a long period,” he said in an email.

「これほど長期に渡る家系と一連の遺伝子的関連を一致させようとするのには、無理があります。」と、シャルリエ氏がメールで語った。

Frank Ruehli, of the University of Zurich and the Swiss Mummy project, agreed there could be questions about paternity in the Bourbon line and also raised concerns about the authenticity of the ancient DNA samples, as he said it was very difficult to get good data from a sample several centuries old.

チューリッヒ大学スイス・マミー・ロジェクトのフランク・リューリ氏は、ブルボン家の父系に不確実性があり得ることを認めている。また、昔のDNAサンプルの信頼性を疑問視している。数百年前のサンプルから良質のデータを得るのはかなり難しいからだと話す。

“The best would be to look at (Henri IV’s) heart as well,” he said. “If you have multiple tissues from the same body showing the same results, that would be a positive identification,” he said. Ruehli said given the lack of complete data, it was impossible to know for sure whom the head belonged to.

「解決策としては(アンリ四世の)心臓の調査があげられます。同じ人体から採取した複数の組織から同じ結果が導きだされれば、ポジティブな個人識別となるでしょう。完全なデータが欠如している以上、この頭部が誰のものか確証を得るのは不可能です。」と、リューリ氏が語った。

Charlier said the mummified head is currently in a Parisian bank vault awaiting reburial but that there are no exact plans yet.

シャルリエ氏によると、ミイラ化した頭部は、現在、再埋葬されるまでパリの貴重品保管庫で保管されているが、具体的な計画はまだ立てられていない。