nytimes.comの試訳

***************
Sergei Filin of Bolshoi Ballet Discusses His Work and a 2013 Acid Attack
ボリショイパレエ団のセルゲイ・フィーリン、仕事と2013年の襲撃事件について語る

MARINA HARSS MAY 2, 2016
2016年5月2日

On a snowy January evening in 2013, Sergei Filin, then director of the Bolshoi Ballet, was attacked by a masked man in the parking lot of his apartment complex in Moscow. A jar of sulfuric acid was tossed in his face; the assault, it was later discovered, had been engineered by a disgruntled dancer in the company. (The prosecution argued that he was upset that a fellow dancer, then his girlfriend, wasn’t being offered the opportunities she deserved.) Even after several operations, Mr. Filin’s eyesight is permanently impaired — he is almost blind in one eye — a condition he masks with designer sunglasses.

2013年1月、ある雪の夜、当時ボリショイバレエ団芸術監督だったセルゲイ・フィーリンは、モスクワの自宅マンションの駐車場で覆面の男に襲われた。顔に瓶に入った硫酸をかけられた。それは、不満を持ったバレエ団のダンサーが仕掛けたことが後日判明した。(起訴によると、当時の交際相手だった同バレエ団ダンサーがふさわしい機会を与えられていないことへの不満だった。)数度にわたり手術を受けたが、フィーリン氏は生涯視力障害を患うことになった。片目がほぼ失明状態で、デザイナーブランドのサングラスで覆うほどの状態だ。

His career, too, has suffered. Last July, almost two years after he returned to the Bolshoi from a series of operations in Germany, it was announced that his contract would not be renewed. A recent documentary, “Bolshoi Babylon,” suggests that he fell out of favor at the theater, particularly with the new general director, Vladimir Urin. Then, this year, a surprise: Mr. Filin had been offered a position, created specifically for him, as head of a new workshop for young choreographers at the Bolshoi.

キャリヤにも影響した。昨年7月、ドイツで一連の手術を受けた後ほぼ2年ぶりでボリショイバレエ団に復帰したとき、契約を更新をしないことが発表された。近頃公開されたドキュメンタリー映画「ボリショイバビロン」によると、フィーリン氏はバレエ団、特に、総裁ウラジーミル・ウーリンに遠ざけられた。そして、今年、意表をつくことに、フィーリン氏は、ボリショイバレエ団がフィーリン氏のために特別に創設した若い振付家のためのワークショップを任された。

Mr. Filin was in New York last week, judging dancers and presenting a choreography prize at the Youth America Grand Prix international ballet competition. Through a translator, he talked about the Bolshoi, his new job and how his life has changed since the attack. These are edited excerpts from that conversation.

フィーリン氏は先週、ユースアメリカングランプリ国際バレエコンククールで、ダンサーの審査と振付賞授与のためニューヨークに滞在していた。通訳を通じて、ボリショイバレエ団や新しい仕事、そして襲撃でどのように人生が変わったかについて語った。以下は、編集済みの抜粋。

Do you feel safe at the Bolshoi?
ボリショイバレエ団にいて不安を感じませんか。

Mmm, I don’t think I feel safe. Pavel Dmitrichenko, the dancer who organized the attack, has applied for a reduction of his jail term and it’s very possible that he might leave prison. [He was sentenced to six years in prison in December 2013.]

そうですね。不安はあると思います。襲撃を計画したダンサーのパヴェル・ドミトリチェンコは、刑期軽減を申し出たので、おそらく出獄するでしょう。[2013年12月に禁固6 年の判決を受けていた。]

Could he come back to the theater?
バレエ団に復帰できるのですか。

The decision would have to be taken by the new administration. Everything is possible in this world.

新しい幹部が決定することになるでしょう。この世界では何でもあり得ます。

In the documentary “Bolshoi Babylon” you say that when you took the top job at the Bolshoi, “I made the wrong decision.” Do you still feel that way?
ドキュメンタリー「ボリショイバビロン」では、ボリショイバレエ団の監督を引き受けた時「判断を誤った」とおっしゃっていましたが、今でもそう思いますか。

I never regretted or doubted what I have done at the Bolshoi, but thinking back, the moment when I accepted the proposal was wrong, the timing was wrong. I didn’t understand the internal situation in the theater. There were scandals in the company. The previous director [Gennady Yanin] had been forced to resign due to a sex scandal. I came to a company full of scandals and divided into different factions. It was too political. I did what I could, but the price was too high.

ボリショイバレ団で行ってきたことを後悔したり疑問に感じたことは一度もありません。ただ、振り返ると、監督を引き受けた時、タイミングが悪かった。バレエ団の内部事情に通じていなかったのです。バレエ団にスキャンダルが発生していました。前任の芸術監督[ゲンナジ・ヤニン]は、スキャンダルで辞任に追い込まれました。私はスキャンダルだらけで派閥に分裂しているバレエ団に入ったのです。あまりにも政治的でした。できるだけのことはしましたが、代償が高すぎました。

How has the attack affected your life and work?
襲撃はフィーリンさんの公私にどのような影響を及ぼしましたか。

Obviously my eyesight is not the same, and I have to take care of that all the time. I have to maintain the condition of my sight for the rest of my life. It’s a major change and trauma created by that attack. But I don’t think I was affected that much psychologically — I’ve gotten over it.

当然のことながら、視力は以前とは様変わりし、常に気にかければなりません。生涯に渡って視覚の状況を管理しなければなりません。これが襲撃で大きく変わった点でトラウマになっています。ただ、心理的にはそれほど影響を受けていません。すでに克服しました。

Still, it’s a terrible thing that happened to you.
それでも、フィーリンさんの身に起こった恐ろしいことです。

I still cannot believe the reason. There is no reason for such a savage attack. The claim was that he [Mr. Dmitrichenko] did it for his girlfriend, but after it happened and he was sentenced, he got married to someone else, and she got married to someone else. The love evaporated very fast. There are only questions why and for what.

未だに理由が信じられません。あのような残忍な襲撃に理由などあり得ません。彼[ドミチェンコ氏]は交際相手のためにやったと主張していましたが、襲撃が起きて判決が下った後、彼は別の人と結婚し、交際相手も別の人と結婚しました。愛情は非常に早く消えて無くなりました。なぜ、何のためにという疑問だけが残ります。

Do you still have pain from your injuries?
傷はまだ痛みますか。

Sometimes.

時々、痛みます。

Are you confident you can do your new job?
新しい仕事やっていく自信はありますか

If I weren’t sure I could keep going, I wouldn’t have accepted.

続けることに確信がもてなかったら、仕事のオファーを承諾していません。

What are your plans for it?
どのような計画ですが。

We’re still figuring out the format, but I can say that the program is not a training or education program but a practicum or a workshop, an opportunity for those who have chosen this career to implement what they have learned. The ballets will be performed on the New Stage at the Bolshoi.

構成はまだ検討中ですが、内容は訓練や教育ではなく演習やワークショップになるということははっきりしています。このキャリアを選択した人たちが、学んできたことを実践する機会となるようにします。バレエ公演はボリショイの新劇場で上演されます。

Have you chosen your first choreographers?
初の振付家をすでに選考していますか。

Yes. The first batch are [mostly] dancers from the Bolshoi. Some are finishing their dancing careers, but others are still early in their careers. I knew some of them because of work they did elsewhere. Some of them participated in various festivals. And there’s one who works in Spain; he’s Bulgarian but has a Spanish passport. At this point I have nine — men and women.

はい。最初は[ほぼ]ボリショイバレエ団のダンサーたちです。ダンサーとしてのキャリアを終えた人や、始めたばかりの人もいます。ボリショイ以外で踊っていた人もいます。また、様々なフェスティバルに参加した人もいます。スペインで踊っていた人もいます。彼はブルガリア人でスペインのパスポート所持者です。現時点で男女9人です。

Do you see a lot of choreographic talent in Russia?
ロシアに有能な振付家が大勢いると思いますか。

I have no opinion yet. When I see the results of their work, I will have an opinion.

まだ、わかりません。彼らの仕事振りを見て、判断します。

What is your relationship with Vladimir Urin, the general director of the Bolshoi?
ボリショイ劇場総裁ウラジミール・ウーリンとはどのようなご関係ですか。

We have working relations. I don’t feel any tension toward him, and I don’t generate any situations that would create tension. You would never find any public mention where I express hostility toward Vladimir Urin. If you have this impression, then the source of this tension comes from the other side. In our work together since he was appointed general director, there have been many wonderful productions. I haven’t tried to sabotage anything or create hostility or unrest in the company.

仕事上の関係です。私はウーリン氏に対して何も感情的になっていませんし、感情的になるような状況を作っていません。私がウラジミール・ウーリンに向けた反感を公に発言したことはいっさいありません。もしそのような印象をお持ちだとしたら、発信者はあちら側です。総裁就任後に共に携わった仕事には、すばらしい作品がたくさんあります。私は、バレエ団で妨害行為を行おうとしたり、反感や不穏な動きをしたりしたことはありません。

What is the atmosphere like in the company today?
現在のバレエ団の雰囲気はいかがですか。

There is a calm working atmosphere. There is friction, like at any company, but no big tsunamis.

冷静にバレエに取り組む雰囲気です。どのバレエ団にもあるように摩擦もありますが、大した規模ではありません。

What achievements as director are you most proud of?
芸術監督としての成果で最も自信のあることはなんですか。

My greatest achievement is everything that I left behind: I left a wonderful new repertoire and wonderful dancers. They hold upon their shoulders the whole repertoire. The public, the press and critics have elevated them. The first is Olga Smirnova, who in my opinion is one of the most interesting ballerinas in the world. And I’m proud I managed to bring masterpieces like “Onegin” by John Cranko and “Lady of the Camellias,” by John Neumeier, and four original ballets created for the Bolshoi. If you see “Bolshoi Babylon” you can have the impression that everything was bad. But if everything was so lousy, how come so much was created?

大きな成果は残してきたすべてです。すばらしいレパートリーを取り入れすばらしいダンサーたちを残してきました。ダンサーの肩にレパートリ全体がかかっています。観客、メディア、批評家がそれらを盛り上げていきました。まずは、オルガ・スミルノワ。彼女は世界の中でもとてもおもしろいバレリーナだと思います。それから、ジョン・クランコの「オネーギン」やジョン・ノイマイヤーの「椿姫」、そして、ボリショイ初演の4作品など傑作を上演するよう尽力したことにも誇りを持っています。「ボリショイバビロン」を見るとすべてに悪い印象を持つかもしれませんが、もしすべてがひどい状況だったら、これほど多くの作品が生まれるはずはないでしょ。