Tags

, , ,

A damage was found in very thin layer over a Van Gogh’s painting.  Original English text from BBC News with Japanese translation.

後世に上塗りしたニスが原因で、ゴッホが好んだ鮮やかな黄色がダメージを受けたことが発見されたようです。BBCニュースから英語の原文と、その訳です。

***

15 September 2012 Last updated at 07:15 GMT
2012年9月15日 最終更新時間:07:15GMT

Van Gogh’s Flowers In A Blue Vase damage seen in X-rays

ゴッホの「青い花瓶に生けた花」の損傷、X線で発見

By Jason Palmer Science and technology reporter, BBC News
文:BBCニュース、科学技術記者、ジェイソン・パルマー

Image: BBC News

Researchers have spotted a never-before-seen chemical effect in Vincent Van Gogh’s Flowers In A Blue Vase that is dulling the work’s vibrant yellows.
It seems a layer of varnish added later to protect the work is in fact turning the yellow to a greyish-orange colour.
High-intensity X-ray studies described in Analytical Chemistry found compounds called oxalates were responsible.

研究者が、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの「青い花瓶に生けた花」に、鮮やかな黄色を濁らせるこれまで見えなかった化学反応を発見した。
作品を保護するために後世に上塗りされたニスが、実は、黄色を灰色がかったオレンジ色に変色させていたようだ。
化学雑誌Analytical Chemistryによると、高輝度X線による調査で、シュウ酸塩と呼ばれる化合物がその原因だということがわかった。

But atoms from the original paint were also found in the varnish, which may therefore be left in place.
It is not the first time that the bright yellows that Van Gogh preferred have been examined with X-rays.
In 2011, an article in the same journal from a team led by the University of Antwerp’s Koen Janssens reported that a pigment Van Gogh favoured called chrome yellow degraded when other, chromium-containing pigments were present.

ただ、オリジナルの絵画の原子もニスの中に見つかり、そのために、そのままの状態で残すことになるだろう。
ゴッホが好んで使った鮮やかな黄色をX線で調査するのは、これが初めてではない。
アントワープ大学のコーエン・ジャンセン博士率いるチームが、2011年に同雑誌で、ゴッホが好んだクロムイエローと呼ばれる絵の具は、他のクロムを含む絵の具により劣化すると伝えている。

The new work was begun during a conservation treatment in 2009, when conservators found that the yellows in Flowers In A Blue Vase – this time from a pigment called cadmium yellow – had turned greyish and cracked.
Normally, cadmium yellow grows paler and less vibrant as it ages.
So the team again took tiny samples of the work to some of Europe’s largest sources of X-rays: the ESRF in France and Desy in Germany. Both use vast particle accelerators to speed up electrons, which spray out X-rays as they pass around the accelerators.

今回の調査は、2009年に、修復士が「青い花瓶に生けた花」の黄色が、この場合はカドミウムイエローだが、灰色がかりヒビが入っていることを発見したことに始まる。
通常、カドミウムイエローは時間の経過と共に、薄くなり鮮やかさも劣化する。
そこで研究チームは、作品から極わずかなサンプルを採取し、ヨーロッパで最大級のX線施設である、フランスのESRF(ヨーロッパ放射光研究所)とドイツのDESY(ドイツ電子シンクロトロン)に持って行った。両施設とも高エネルギー素粒子加速器で電子を加速し、加速器の周囲を通過する際にX線を噴き出す。

The purpose was to determine not only what was in the samples in terms of atoms and molecules, but also the precise structures in the interface layer between the original paint and the varnish.
That is where the team was shocked to find a compound called cadmium oxalate as the cause of the grey-orange pallor.

調査の目的は、原子や分子の単位で、サンプルに何が含まれているかを判断するだけでなく、オリジナルの絵の具とニスの間の界面層の正確な構造を把握することにあった。
そして、正にこの場所で、チームが灰色がかったオレンジ色に変色した原因として、カドミウム・シュウ酸塩と呼ばれる化合物を発見しショックを受けた。

Image: BBC News

“The contact layer between the varnish and the paint, where the cadmium oxalate is found, is micrometer thin,” Dr Janssens told BBC News.
“If we had not used methods that allow us to interrogate this very thin layer, we would never have noticed that there were oxalates there.”
Oxalates are commonly found in much older works, and in association with different pigments. This is the first time that cadmium has been seen to form oxalates within the varnish – a protective measure that was added much later.

「カドミウム・シュウ酸塩が見つかったニスと絵の具の接触層は、マイクロメーターの薄さです。」と、ジャンセン博士はBBCニュースに語った。
「このような極めて薄い層を調査できる今回の方法を使っていなかったら、この場所にシュウ酸塩が存在することに気がつかなかったでしょう。」
シュウ酸塩は、通常、もっと古い作品に、異なる絵の具との関連で見つかる。後世に保護剤として上塗りしたニスの中で、カドミウムがショウ酸塩を生成するのは初めてだ。

“Van Gogh didn’t like to varnish his paintings – he liked them, let’s say, rough,” Dr Janssens said.
“It was only after he died that these paintings found their way into the art market and into private and public collections and individual conservators would say ‘we’re going to varnish it because we do that with all our paintings’.”
That some of the Van Gogh’s paint has been drawn into the varnish creates a troubling problem for conservators, who of course want to prevent any further degradation but are duty-bound not to remove any original material.

「ゴッホは、自分の絵画にニスを塗ることを、好みませんでした。ゴッホは、いわゆる粗さが好きだったのです。」とジャンセン博士は言う。
「ゴッホの絵画が、美術市場や個人コレクター、公立施設に着目されるようになったのは、亡くなってからでした。そこで、個々の修復士が、『他の絵画と同じようにニスを塗ろう』ということになったのでしょう。」
ゴッホの絵の具の一部が、ニスの中に引き込まれたことが、修復士の頭痛の種となった。修復士は、もちろん、それ以上の劣化は避けたかったが、職務に忠実でゴッホのオリジナルの素材を取り除かなかった。

The particular chemical reaction may be putting the yellows of other works at risk by Van Gogh and others, but it does not happen with every type of varnish.
For now, perhaps the world’s best collection of Van Gogh’s work – at the Van Gogh Museum in the Netherlands – seems safe.
“I don’t anticipate it will be a wide-scale problem for our particular collection, given its conservation history,” said Ella Hendriks, the museum’s head of conservation.
“But of course it’s always good to be aware of the possibility that you could come across this in other paintings,” she told BBC News.
“This type of information for conservators is very valuable because it helps us understand the condition of the paintings and make the right choices about how we can best conserve them.”

この特種な化学反応は、ゴッホの他の絵画や他の画家の作品の黄色に悪影響を与えている可能性があるが、この反応はすべてのニスで起るわけではない。
これまでのところ、ゴッホ作品の収集で世界一を誇る、オランダにあるヴァン・ゴッホ美術館は、問題なさそうだ。
「当館の修復の歴史から見て、我々のゴッホ作品に関しては、大問題になるとは考えていません。」と、同美術館修復部長エラ・ヘンドリクス氏が語った。
「ただし、当然のことながら、いつでも、他の絵画にこのような問題が起こる可能性があることに注意することは、大切なことです。」と、ヘンドリクス氏はBBCニュースに語った。
「このような情報は、修復士にとってとても価値があります。それは、この情報によって、絵画の状態を理解することが可能になり、最も良好な状態で絵画を保存する方法を、正しく選択することができるからです。」