Tags

, , , , , , , , ,

The super star of Bolshoi is in fact not such a super woman.  Original English text from CNN with Japanese translation.

ボリショイのスーパースターは、実際は、繊細な女性でした。CNNから英語の原文と、訳文です。

***

Image: CNN

Bolshoi Prima ballerina’s grace under pressure

プレッシャーのかかるボリショイの優美なプリマバレリーナ

From Lianne Turner and George Webster, CNN
September 21, 2012 — Updated 1005 GMT (1805 HKT)

文:CNN ライアン・ターナー、ジョージ・ウェブスター
2012年9月21日:更新時間10:05GMT

Moscow, Russia (CNN) — Making it to the top as a prima ballerina takes a lot of work, strength and time — and, says, Svetlana Zakharova, “a lot of emotions.”
The 33-year-old Russian has been prima ballerina, or principal dancer, with Moscow’s prestigious Bolshoi theatre company for nearly a decade and her presence on a cast list is guaranteed to fill any theatre in London, New York or Paris.
Zakharova’s grace and stage presence belie her difficult, and sometimes lonely, journey to the top.

ロシア・モスクワ (CNN): プリマバレリーナとしてトップを極めるのには、多大な努力と体力、時間、そして、感情が必要だと、スヴェトラーナ・ザハロワは言う。
33歳のロシア人ザハロワは、モスクワの高名なボリショイ劇場で、ほぼ10年間プリマバレリーナ、または、プリンシパル・ダンサーを勤め、出演者の中にその名があると、ロンドン、ニューヨーク、パリのどの劇場でも必ず満席になる。
ザハロワの優美さや舞台姿は、困難で時には孤独なトップへの道がうそのように見える。

Born in the historic, north-western city of Lutsk in Soviet-era Ukraine, Zakharova’s mother sent her away to train at the age of 10 — first to Kiev, then at St. Petersburg’s esteemed Vaganova Academy of Russian Ballet.
“It took me a few years to get used to the ballet,” she said. “My child’s body was not ready to handle such loads, and the legs that were used to walk upright had to be twisted and the back always had to be held straight. It was a huge strain and I did not have the strength.”
It was an unhappy period in the young Zakharova’s life. She says that she would find herself crying “all the time” between the conveyor belt of exams and rehearsals.

ソヴィエト時代のウクライナ北西にある歴史都市ルツクに生まれ、10歳で母親にキエフのバレエ学校に行かされ、続いてザンクト・ペテルスブルグの評価の高いワガノワ・バレエ・アカデミーで、訓練を受けた。
「バレエに慣れるのに数年かかりました。」とザハロワは言う。「子どもの頃は、身体が訓練の負荷に耐えるだけの準備ができていませんでした。それまで歩くのにまっすぐにしていた足を捻り、背中は常に垂直にしていなければなりません。それは相当な重圧で、体力がありませんでした。」
当時は、子どものザハロワにとって、不幸な時期だった。次から次へと受けなければならない試験とリハーサルの合間に、「いつも」泣いていたと、ザハロワは言う。

Only when, as a teenager, her body grew tall, strong and athletic did she begin to see how her future might pan out.
“When I was about 13 or 14 … I really realized that I wanted to become a ballerina,” she said.
From then on she practiced everyday, often for up to eight hours solid. She says she didn’t miss out on the usual freedoms of childhood: “I cannot say that it was a sacrifice,” she said. “I do not even think about it.”

Revealingly, she wouldn’t wish the same experience for her own daughter, who was born in February 2011.

10代半ばになって背丈が伸び、体力も運動神経も発達して初めて、将来に希望が持てるようになった。
「13歳か14歳の時に、バレリーナになりたいと目覚めました。」
それからは、ザハロワは毎日、時には8時間通しで練習した。普通の子どものような自由な時間が持てなかったとは思わないと、ザハロワは言う。「何かを犠牲にしたとは言うことはできません。考えることさえありませんでした。」

ザハロワは、2011年2月に生まれた娘には、同じ経験をさせたくないと打ち明けた。

“I cannot imagine myself giving her away to study in a different town,” she said. “I asked my mum, ‘Why? How did it happen?’ And she said, ‘You know, even until now I can not understand what I was led by — it must have been something from above.'”
Zakharova graduated from Varganova Academy in 1996, aged 17, and immediately joined the Mariinsky Ballet — one of Russia’s preeminent ballet companies — and a year later was promoted to principal dancer.
In the seven seasons that followed, she learned the bulk of the company’s repertory, including the great classical roles of Giselle, Odette-Odile in “Swan Lake” and Aurora in “The Sleeping Beauty.”

「あの娘を遠い所にやってお稽古させるだなんて、想像もできません。母に、どうしてこうなったのか、訪ねたことがあります。母は、『それはね、今でも何がそうさせたのか分からないのよ。多分、天の思し召しよ。』と言っていました。」
ザハロワは、1996年に17歳でワガノワ・アカデミーを卒業し、すぐに、ロシアで卓越したバレエ団であるマリインスキーバレエ団に入団、1年後にはプリンシパル・ダンサーに昇格した。
続く7年間、バレエ団の多くのレパートリーをこなし、クラシックバレエの重要な役であるジゼルや、白鳥の湖のオデットとオディール、眠れる森の美女のオーロラ姫などを習得した。

Despite growing national acclaim — she was awarded one of Russia’s highest artistic accolades, the Golden Mask, for two consecutive years at the turn of the millennium — she was getting itchy feet.
“I worked in the Mariinsky theatre for seven years, and I danced the whole classic repertoire there, and the contemporary repertoire,” she says. “But all of a sudden I started to realize that I was not developing any more. Day in, day out it was the same and the same — and suddenly I wanted to change something.”
That change came in a dramatic move to Mariinky’s main rival, the Bolshoi ballet company in Moscow, known for it’s “grander, more expansive style,” according to Britain’s Daily Telegraph newspaper.

ロシアの芸術家として最高の栄誉であるゴールデン・マスク賞を、世紀の変わり目に2年間連続して受賞し、国内でますます評価が高まる一方、ザハロワ自身は、落ち着きがなくなっていた。
「マリインスキー劇場で7年間踊り、すべてのクラシックのレパートリーを踊りました。ところが、突然、自分が成長していないことに気がつき始めました。来る日も来る日も同じことの繰り返しで、突如、何かを変えたくなりました。」とザハロワは言う。
転機は、ドラマチックな形でやってきた。マリインスキー劇場のライバルで、モスクワにある、英国のデイリー・テレグラフ曰く、「より荘重で開放的なスタイル」のボリショイバレエ団に、移籍することになった。

Zakharova hasn’t looked back since. With the Bolshoi she has traveled the globe and in 2007 she was awarded the Russian State Prize for outstanding achievement in ballet. Next year she is scheduled to perform at Milan’s renowned La Scala opera house, where she will dance Giselle.
Success, though, has not eradicated a persistent grain of self-doubt. Even now, as she enters her 15th year as a professional dancer, Zakharova still regards herself, for the most part, as a student.
“When I’m in rehearsal I always feel like I’m a pupil — and not at all a ballerina” she reveals.

それ以来、ザハロワは振り返ることはなかった。ボリショイバレエ団として、世界各地を巡り、2007年には、バレエにおける優れた業績を讃えてロシア国家賞を受賞している。来年には、ミラノの有名なスカラ座で、ジゼルを踊ることになっている。
ただ、成功しても、生来の自信のなさが消え去ることはなかった。プロのダンサーになって15年経った今でも、ザハロワは、ほぼ常に、自分のことを生徒だと見ている。
「リハーサルでは、いつも自分は生徒だと感じます。バレリーナだとは全く思いません。」と打ち明ける。

Indeed, it’s only in those comparatively brief moments on stage that Zakharova says she truly believes in herself as a performer.
“This transformation is unique,” she explains. “Something from within takes place and you understand sometimes that human abilities are limitless. During the performance you do such things which you completely did not expect from yourself.”
Whatever it is that envelops her on stage, the feeling is addictive. Zarkharova has been dancing almost everyday since the age six and now finds it hard to imagine what the future will hold when, one day, she will have to hang up her ballet shoes for good.
“Ballet is not just my profession, it is my life … It is horrible for me to think that one day it will all finish.”

実際、舞台上という比較的短い間だけ、本当に演技者であると感じるとザハロワは言う。
「この変身は他にはないものです。内側から何かが現れてきて、時々、人間の能力には限界がないことがわかるのです。踊りながら、全く予想もしなかったことをするのです。」
舞台上でザハロワを包み込むものが何であれ、心情的にはのめり込んでしまうものだ。ザハロワは6歳の時からほぼ毎日踊り続けてきた。いつか、永遠にバレエシューズを脱がなければならない時がきたら、その先はどうなるのか、考えるだけでもつらくなる。
「私にとってバレエは、単なる仕事ではなく、人生です。いつかすべてが終わってしまうと考えると、恐ろしくなります。」

ビデオー>I feel limitless on stage
ビデオー>1996年卒業試験
ビデオー>瀕死の白鳥

*