Russia Beyond the Headline (RBTH)からの文と試訳。

The Japanese cannot live without ‘Swan Lake!’ – Mariinsky acting director
マリインスキー芸術監督代行:日本人は「白鳥の湖」なしではいられない。

December 4, 2015
2015年12月4日
Natalia Suslina

Every three years, the Mariinsky Theater troupe performs in Japan. This year, the troupe is performing ‘Jewels’ and ‘The Legend of Love.’ In an exclusive interview, the Mariinsky Ballet’s acting director Yury Fateyev, tells RBTH about his affection for Japan, and why Russian ballet is so popular around the world.

マリインスキーバレエ団は3年に1回の割合で日本公演を行う。今年は、「ジュエルズ」と「愛の伝説」を踊る。マリインスキーバレエ団芸術監督代行ユーリ・ファテーエフがRBTHとの単独インタビューで、日本に対する愛着心とロシアバレエが世界でこれほど人気がある理由を語る。

RBTH: Does the Mariinsky troupe like to come to Japan?
RBTH:マリインスキーバレエ団は日本公演に好感を持っていますか。

Yury Fateyev: We have a unanimous opinion. Japan is one of our favorite countries! I also personally love Japan. I came here for the first time in 1986 and fell in love at first sight. It is a special country for me.
ユーリ・ファテーエフ:日本は当バレエ団全員一致で好感を持っている国のひとつです。私も個人的に日本が好きです。1986年に初めて来日したときに一目惚れしました。わたしにとって日本は特別な国です。

The Mariinsky Ballet first came here 50 years ago, during the Soviet era. We still have teachers like Gennady Selyutsky, who were participants of that first tour.
マリインスキーバレエ団の初来日は50年前、ソ連時代でした。当時来日公演に参加したジェナディ・セリュスキーをはじめ現役の教師が今でもバレエ団に在籍しています。

I will tell you a little secret. At the Bunka Kaikan Theater, where we perform, there is a tradition for artists to leave autographs on the walls behind the scenes. And there is a signature from 1961 – “Selyutsky.” He showed this inscription to me when we were here three years ago.
ちょっとした秘密の話をしましょう。当バレエ団が公演する東京文化会館には、舞台裏で団員がサインを残す伝統があります。「セリュンスキー」が1961年に残したサインもまだあります。本人が3年前の日本公演のときに見せてくれました。

RBTH: Is there any specific repertoire that you bring to Japan?
RBTH: 日本公演のための特別なレパートリーはありますか。

Y.F.: The Japanese cannot live without ‘Swan Lake!’ They have a great love for Tchaikovsky altogether. For them, he is the number one composer. Therefore, ‘Swan Lake’ and ‘Nutcracker’ should be in the repertoire.
Y.F.: 日本人は「白鳥の湖」なしではいられません!チャイコフスキーの曲に愛着をもっています。日本人にとってチャイコフスキーは最高の作曲家です。ですから、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」は外せません。

RBTH: You have Japanese dancer Kumiko Ishii in the troupe. Did she come on this tour?
RBTH: バレエ団には日本人ダンサー石井久美子さんがいますが、今回来日していますか。

Y.F.: Yes. How could we not bring our Japanese performer here? Kumiko speaks Russian. She graduated from the Vaganova Academy in St. Petersburg. She has a good figure, and fits into the corps de ballet, but also dances some solo parts.
Y.F.: はい。来日するのに日本人ダンサーを連れてこないわけがない。久美子はロシア語を話します。サント・ペテルスブルグのワガノワアカデミー出身です。美しい容姿でコールドバレエに馴染み、ソロも踊ります。

We also took our British dancer Xander Parish, who used to dance at the Royal Ballet, on our London tour last summer. It was a smash success! He drew all media the attention. When he worked for the Royal Ballet, he hardly danced. He just stood with a spear by the wing of the stage and watched the others dance.
去年のロンドン公演には、ロイヤルバレエ団出身のサンダー・パリッシュも連れて行き、大成功を収めました。パリッシュはメディアがら大いに注目されました。ロイヤルバレエ団時代のパリッシュはほとんど無名で、舞台端で槍を持って立ちながら、他のダンサーが踊るのを見ていたのです

With us, he dances for ‘Swan Lake,’ ‘Romeo and Juliet’ and ‘Giselle.’ We have raised him. We do not buy foreign players like they do in football, with a name and for big fees. When we accept an artist, it is like taking a piece of clay and molding it to perfection. This is the principle of the Mariinsky Theater.
マリインスキーでは、「白鳥の湖」「ロミオとジュリエット」「ジゼル」を踊ります。マリインスキーがパリッシュを育てています。サッカーのように名のある高額報酬の選手を海外から呼ぶようなやりかたはしません。ダンサーを受け入れるときは、たとえば、粘土を手に入れて形作って完成するようなものです。これが、マリインスキーバレエ団の基本方針です。

RBTH: Don’t new stars want to return home after becoming famous?
RBTH: 若いスターは有名になってから母国に帰りたいと言いませんか。

Y.F.: It happens in different ways, but Parish always says he wants to live in Russia and work at the Mariinsky. He has been invited to different countries. He goes and dances there as a guest, when possible.
Y.F.: 場合によりけりですが、パリッシュは常日頃ロシアに住みマリインスキーで踊りたいと言っています。パリッシュは海外からも招かれています。可能なかぎり、海外に行きゲストダンサーとして踊っています。

Today our artists are welcome visitors at many venues. This year Kimin Kim, also a graduate of the Mariinsky Theater, danced in ‘La Bayadere’ at the American Ballet Theater in the spring and received the highest marks from critics in the ballet world.
最近のバレエダンサーは様々なバレエ団に招待されます。今年の春、マリインスキーバレエ団での研修経験のあるキム・キミンは「ラ・バヤデール」をアメリカンバレエシアターで踊り、バレエ界の批評家から絶賛されました。

Kim is a Korean, who studied at the Korea National University of Arts under Russian teachers Margarita Kulik and Volodya Kim for eight years. This is the first Asian male dancer to become a first soloist in our theater.
キムは韓国人で、韓国国立芸術大学でロシア人教師マルガリータ・クリークとヴォロージャ・キムのもとで8年間研鑽を積みました。当バレエ団初のアジア人男性ダンサーでファーストソリストになりました。

RBTH: Are there any talented Japanese dancers?
RBTH: 日本に有能なダンサーはいますか。

Y.F.: Do you know how many ballet schools there are in Japan? 15,000! Recently, I was on the jury of YAGP (Youth America Grand Prix), the semi-final was in Osaka. There were 740 participants!
Y.F.: 日本にバレエ学校が何校あるかご存知ですか。15,000校もあるんですよ。近頃、YAGP(ユース・アメリカン・グランプリ)の審判を務めたとき、準決勝が大阪で開催されましたが、応募者は 740人もいました。

I found a talented girl at one of the summer programs. She is half Japanese and half American. Now she is studying at the Princess Grace Dance Academy in Monaco. She is 15. I have already made her an offer to try her hand at the Mariinsky Theater. She took it as a gift from heaven, she was crying.
夏季プログラムでひとり有能な生徒を見つけました。 日本人とアメリカ人のお嬢さんで、現在、モナコのグレイス妃ダンスアカデミーで学んでいる15歳です。マリインスキーバレエ団で試してみるようオファーを出しました。少女は天からの授かりもののように喜び、泣き出してしまいました。

RBTH: What is her name?
RBTH: 名前は?

Y.F.: Mei Nagahishi. She can grow into a star. This is evident from her physical attributes, and from her character. She has a unique energy and an aesthetic body. She has to study for another one and half years, and I am sure that many theatres will do all they can to woo her.  We know exactly how to handle her training!
ナガヒシ・メイさんです。スターになる素養があります。容姿と性格がそれを物語っています。メイさん独自のエネルギッシュなところと美的な体型を持ち合わせています。この先1年半は学ぶ必要がありますが、多くのバレエ団がメイさんを射止めようと手を尽くすに違いありません。マリインスキーバレエ団はメイさんに最適な訓練方法を心得ています。