washingtonpost.comの記事の抜粋と、試訳です。

***

Bolshoi Ballet’s Sergei Filin, nearly blind but unbowed: ‘The dancing, I see perfectly’

ボリショイバレエ団のセルゲイ・フィリン、視力はほとんどないが怯んではいない。「踊りは完全に見えています」

By , Published: May 17 | Updated: Sunday, May 18

NEW YORK — Sergei Filin, artistic director of Moscow’s Bolshoi Ballet, stands with his back to the mirror, chewing on his pinky finger. He leans forward to get a better look at the dancers bounding in front of him, and squints as he flips his brown-tinted sunglasses up and down.

ニューヨーク:モスクワのボリショイバレエ団芸術監督セルゲイ・フィリンは、鏡を背にして立ち赤みがかった指をかむ。目の前でジャンプするダンサーたちをもっとよく見ようと前のめりになり、茶色のサングラスを上下に動かしながら目を細める。

[…]

“Ach!” he cries out, squeezing his head in his hands. “Semyon, Semyon.”

頭をかかえて「ああ」と叫ぶ。「セミョーン、セミョーン」

“Can’t I do it this way?” asks Bolshoi principal dancer Semyon Chudin in Russian, wondering what could be wrong with his jumps, which were high and sharp. But tense.

ボリショイバレエのプリンシパル、セリョーン・チュージンはロシア語で「こういう風にしてはいけませんか?」と質問する。自分のジャンプのどこがいけないのか。そのジャンプは高くて切れ味がいいのだ。だが、張りつめている。

Image: facebook.com/semyonchudin: Grand pas Classique Photo (c) Nikolay Krusser

“You can,” snaps Filin, with a laugh. “But it’s bad.”

フィリンは笑い声で切り返す。「してもいい。」「でも、よくない。」

“Why?”

「どうして?」

“Because it’s not beautiful.”

「美しくないからだ。」

Deafness didn’t stop Beethoven. Blindness won’t stop Filin. He is still in search of beauty. He is sensible to its shape, sound and visceral charge. Call it artistic vision: His dancer’s perception of the carriage and control of the body is undiminished. It is, most likely, what has saved him, and saved his job.

難聴になってもベートーヴェンは作曲をやめなかた。失明してもフィリンはバレエをやめないだろう。今でも美を追求している。美の形、音、内面を認識する。それを芸術的視覚とでもいうのだろうか。ダンサーの身のこなしや体のコントロールを知覚する能力は、衰えていない。そのお陰で、フィリンは救われこの仕事にとどまることができているのだろう。

Filin looks sleek in a dark gray suit, black shirt and wine-colored scarf, with his hair falling just over the collar. He resembles a younger, clean-shaven Bono. But his walk gives him away. That regal posture and buoyant, confident step mark him as a dancer. And a boss.

ダークグレイのスーツに黒いワイシャツ、ワイン色のスカーフを身にまとい、髪を襟まで伸ばしたフィリンは、スタイリッシュに見える。髪を短く刈ったら若くしたボーノに似ている。ただし、歩くと別人だ。堂々とした姿勢、快活で自信に満ちた歩き方は、まさにダンサーであり、芸術監督だ。

[…]

Filin has been told by his doctors to be careful. No jumping, no heavy lifting — and that includes ballerinas, whom he might be tempted to heave in a rehearsal. A rise in blood pressure could hurt his eyes. But how do you get a man to keep still when he has devoted his life to movement? Filin is full of restless energy. In an interview, he pounds a desk with a water bottle for emphasis as he trumpets his accomplishments, such as hiring the Bolshoi’s first American principal dancer, David Hallberg, and perking up its repertory with modern, Western ballets.

フィリンは医師から十分に気をつけるように言われている。ジャンプしてはいけなし、重いものを持ち上げてもいけない。つまり、バレリーナもいけないのだが、リハーサルではリフトしたくなるのではないか。血圧が上がると目によくない。だが、人生を体を動かすことに捧げている男を、どうやってじっとさせるのだ。フィリンは絶えずエネルギーに満ちあふれている。インタビュー中、ペットボトルでデスクを打ち鳴らしながら、これまで成し遂げたことを熱く語る。たとえば、ボリショイバレエ団初のアメリカ人ダンサー、デイビット・ホールバーグを採用し、西側のモダンバレエでバレエ団のレパートリーを活気づけた。

In a rehearsal, he micromanages every last nuance of expression — the curve of the fingers, the gestures, musical timing — as he coaches dancers through a pas de deux. He runs from corner to corner, with Chudin following, and (Filin can’t help himself) he demonstrates how Chudin should jump. Quick and light, like a jackrabbit. Watching him, his mother covers her eyes.

リハーサルでは、表現のニュアンスのすみずみにまで細かく指導する。パ・ド・ドゥでダンサーに指示を出すとき、指先のカーブ、仕草、音の取り方にまで注文を出す。フィリンはリハーサル室の端から端まで動き回り、チュージンがそれを追いかけ、ジャンプのやり方を実演して見せる(実演せずにはいられない)。ジャックウサギのように、素早く軽く。今回付き添っているフィリンの母親は、そんな息子を見て目を覆う。

[…]

His style has won him praise — and enemies. If expansionism is the current theme in Moscow’s politics, so it has been in Moscow’s ballet under Filin. Since taking over in 2011, Filin has moved the Bolshoi beyond its stable of classic ballets and holdovers from the Soviet period by acquiring such varied contemporary productions as “Onegin,” by the late John Cranko; “Lady of the Camellias,” by the Germany-based American John Neumeier; “Marco Spada,” by Frenchman Pierre Lacotte, and “Appartement” by Sweden’s Mats Ek.

フィリンのスタイルは、敵からでさえ称賛された。拡張主義がモスクワの政治の現在のテーマだとしたら、フィリン監督下のモスクワのバレエも同様だった。2011年に芸術監督に就任して以来、多様なコンテンポラリー作品を取得して、ソヴィエト時代から続く安定したクラシックバレエや遺物を乗り越えさせた。ジョン・クランコの「オネーギン」や、ドイツ在住アメリカ人ジョン・ノイマイヤーの「椿姫」、フランス人ピエール・ラコットの「マルコ・スパーダ」、スウェーデン人のマッツ・エックの「アパルトマン」を上演した。

Image: bolshoi.ru/onegin

[…]

Yet Washington will see none of the works that represent Filin’s vision. The Bolshoi will perform only one ballet here: “Giselle,” the 19th-century warhorse seen at the Kennedy Center with thudding regularity.

だが、ワシントンではフィリンのビジョンを代表する作品はどれも上演されない。ボリショイバレエ団は、ここケネディーセンターでは、19世紀のお決まりの作品「ジゼル」のみを上演する。

Asked if he would rather bring one of his new productions to Washington, Filin crosses his legs and clasps his hands. Is he girding himself against revealing too much? It doesn’t work.

フィリンは、新しい作品を持ってきたいのではないのかとの問いかけに、足を組み手をならす。余計なことを言わないようにガードしているのか。それは通用しない。

“If it had been only my personal choice, of course the answer is yes,” he says. “But presently the selection is determined by the Kennedy Center and the tour department of the Bolshoi Theater. They negotiate the type of performance that we bring.”

「わたしの個人的な決定だけだったら、もちろん答えはイエスです。」と話す。「ところが、現在は、決定権はケネディーセンターとボリショイ劇場の海外公演担当部門にあるのです。その二者間で、演目が話し合われるのです。」

“The decision is based on ticket sales,” he added.

「チケットの売れ行きで決まるんですよ。」と付け加えた。

photo

Advertisements