1717年と1774年の5月16日の出来事。KALWから記事と、試訳です。

***

KALW Almanac

Friday May 16, 2014
By Ichabod Cranium

1717 – Writer Francois-Marie Arouet, better known as Voltaire, is imprisoned in the Bastille. The outspoken writer was born to middle-class parents, attended college in Paris, and began to study law.

1717年:作家フランソワ=マリー・アルエット、なじみのある別名ヴォルテールが、バスティーユ牢獄に投獄された。歯に衣着せぬ発言をするヴォルテールは中流階級出身で、パリの大学に通い法律の勉強を始めた。

Image: kalw.org

However, he quit law to become a playwright and made a name for himself with classical tragedies. Critics embraced his epic poem, La Henriade, but its satirical attack on politics and religion infuriated the government, and Voltaire was arrested. He spent nearly a year in the Bastille.

ところが、劇作家になるため法律の勉強をやめて、古典悲劇で名をなした。批評家はヴォルテールの叙事詩「ラ・アンリアード」を評価したが、政治と宗教を風刺していたため政府が激怒し、ヴォルテールは捕らえバスティーユ監獄にほぼ1年収監された。

1770 — At Versailles, Louis, the French dauphin (15), marries Marie Antoinette (14), the daughter of Austrian Archduchess Maria Theresa and Holy Roman Emperor Francis I. France hoped their
marriage would strengthen its alliance with Austria, its longtime enemy. In 1774, with the death of King Louis XV, Louis and Marie were crowned king and queen of France.

Image: kalw.org

1770年:フランス王太子ルイ(15)とオーストリア大公妃マリア・テレジアと神聖ローマ帝国皇帝フランソワ1世の王女マリー・アントワネット(14)が、ヴェルサイユ宮殿で結婚式をあげた。フランスは、この結婚により、長年の宿敵オーストリアとの同盟関係が堅固になることを期待した。1774年、国王ルイ15世の崩御にともない、二人はフランス国王と王妃になった。