REOPENING OF THE APARTMENTS OF MESDAMES, DAUGHTERS OF LOUIS XV から、テキストの抜粋と、試訳です。

***

Mozart in the French court

フランス宮廷のモーツァルト

chateauversailles.fr

Image: chateauversailles.fr

Between Christmas and NEW YEAR’S DAY in 1763 Leopold Mozart presented his two children, Wolfgang and Nannerl, to the court of France. The young virtuoso performed a concert before the royal family and, on January 1st 1764, the Mozart family was invited to a meal in the Grand Couvert dining room. Wolfgang was placed near the Queen, who spoke to him in German and then translated all their exchanges to the King.

1763年のクリスマスからお正月にかけて、レオポルト・モーツァルトは2人の子供、ウォルフガング (6) とナンネル (12) をフランス宮廷で披露し、幼い天才モーツァルトは国王一家の前で演奏した。1764年1月1日にモーツァルト一家は、グラン・クヴェール(公式晩餐会)に招待され、ウォルフガングの席は王妃マリー・レクザンスカの近くだった。王妃はドイツ語でウォルフガングに話しかけ、また、モーツァルト一家と国王の会話を通訳した。

Before their departure for Austria, in february 1764, Leopold and his children brought to the court two sonatas for harpsichord and violin. One of them was dedicated to Madame Victoire, a matchless harpsichord player. They were received for this occasion in the large drawing-room of the princess, which now displays the two harpsichords made by Blanchet and Rückers. The music collection, kept for many years in the library of Madame Victoire, is now in the Bibliothèque nationale de France.

Image: Wikipedia, Madame Victoire à l’âge de 15 ans, par Jean-Marc Nattier (1748)

1764年2月、オーストリアに帰国する前、レオポルトと子供たちは2曲のハープシコードとヴァイオリンのためのソナタを宮廷に献上した。そのうちの1曲は、ハープシコードの名手だったヴィクトワール王女にささげられた。このとき、モーツァルト一家が通されたのは、今日、ブランシェとリュッカーが制作した2台のハープシコードが展示されているヴィクトワール王女の大居室だった。このソナタは、ヴィクトワール王女の図書室に長く保管されていたが、現在は、フランス国立図書館に所蔵されている。

Published on 10 Apr 2012 by Am4d3usM0z4rt
ソナタハ長調 K6

Mozart con graziaから抜粋
レオポルトから故郷の家主ハーゲナウアー宛書簡
パリ、1764年2月22日
私たちはおそくも二週間後にふたたびヴェルサイユにまいりまして、偉大なるヴォルフガング氏の版刻されたソナタの作品第一番を、国王の第二王女マダム・ヴィクトワールにお手渡しいたしますが、この作品第一番はこのお方に献呈されます。 作品第二番はたぶんテッセ伯爵夫人に捧げられることになるでしょう。

Harpsichord creation today 現在のハープシコード製作
Published on 13 May 2014 by Château de Versailles