Agathe de Rambaud was an official nurse of Louis-Charles, Dauphin of France.  It is continued from the post yesterday.
Original text from Wikipedia with Japanese translation.

王太子ルイ=シャルルの養育係アガート・ド・ランボー夫人についての解説です。昨日の投稿のつづきです。
Wikipediaから原文と、試訳です。

***

Agathe de Rambaud‬

アガート・ド・ランボー

Image: Wikipedia

Bourbon Restoration
ブルボン復古王制

Eventually, her son Auguste resigned from his post in the First French Empire, joined with allied forces loyal to Louis XVII, and reached Compiègne on March 29, 1814. The family joined in the new regime, expecting a return to their previous station. Nevertheless, their expectations quickly disappeared as on September 6, 1815, Agathe obtained only a 1000 franc pension, from the King because of her previous official position as nurse of the Dauphin. Auguste, War Commissioner at Gand, was paid only half-salary. However, at Montfort-l’Amaury Agathe was able to reacquaint herself with Marie-Thérèse-Charlotte of France, Caroline Ferdinande Louise, duchesse de Berry, and Louise-Elisabeth, Marquise de Tourzel.

Image: Wikipedia
Marie Thérèse Charlotte, Madame Royale 1827
マリー・テレーズ

最終的に、アガートの長男オーギュストは第一フランス帝政での職を辞し、ルイ17世に忠誠を誓った連合軍に参加し、1814年3年29日にコンピエーニュに到着した。一家は新政権に加わり、以前の地位に復帰することを期待した。それにもかかわらず、その期待は即座に裏切られた。1815年9月6日、王太子の公式な養育係という前職が理由で、アガートは国王から1000フランの年金しか与えられなかった。ヘントの軍指揮官のオーギュストには、給与の半分しか支払われなかった。アガートは、マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス、ベリー公爵夫人カロリーヌ・フェルディナンド・ルイーズ、トゥルゼル公爵夫人ルイーズ=エリザベスと、再会することができた。

When Louis XVIII died, she was received at Court more frequently. Her granddaughter remembered seeing her grandmother talking with the Duchess of Angoulême, during the King’s visit to Naples, in 1827, at the castle, where Charles X, rested his hand upon our heads, asking each of us our age, he chatted a few moments with our grandmother and inquired about her interests.

ルイ18世が亡くなると、アガートは前より頻繁に宮廷に伺候した。アガートの孫娘は、1827年の国王のナポリ訪問時に、祖母がアングレーム伯爵夫人と会話しているのを見たことを覚えていた。ナポリ城で、シャルル10世が孫娘の頭に手を添えて年齢を尋ね、祖母と少し会話し興味のあることを尋ねた。

She was received in Parisian genteel society as well, as a friend of Count Charles d’Hozier, Philippe-Louis-Marc-Antoine de Noailles, 1st duc de Mouchy, and the Duke Sosthene de La Rochefoucauld, who would write:

アガートは、シャルル・ドジエ伯爵、第1代ムシー公爵フィリップ=ルイ=マルク=アントワーヌ・ド・ノアイユ、ソステヌ・ド・ラ・ロシュフコー公爵の友人として、パリの社交界にも招かれた。ラ・ロシュフコー公爵は次のように書き残している。

Madame de Rambaud was a very honourable lady. The persons the present Louis XVII was first interested in… were not able to face the testimony of a very honorable lady, formerly in the service of the Royal Family, and who testified that the person who had been introduced to her was, according to her perfect knowledge, the son of the august Marie- Antoinette.

ランボー夫人は、非常に名誉あるご婦人だ。当時ルイ17世がまず関心を持たれた方々は、正式に国王一家にお仕えした名誉あるご婦人の証言に、直面することができなかった。そして、夫人の完璧な記憶により、夫人に紹介した方が、威厳ある王妃マリー・アントワネットの王子であることを証言した。

July Monarch
7月王政

The July Revolution had no negative consequences upon the life of Agathe de Rambaud. She was able to retain her 1000 franc pension due to her role as the “former lady of the chamber of the Dauphin, son of Louis XVI,” and her daughter-in-law Thérèse Gaudelet de Rambaud, received a 600 franc pension as a “child of the former servants of the House of the King’s children.” However, her son, realizing at Vendôme that his future in the army was nonexistent, left for India and later for Mexico city, where he died in 1834. After his death, Thérèse Gaudelet married the count Amédée d’Allonville, leaving Agathe to raise her grandchildren Ernest, who would study at École Polytechnique, and Ernestine.

7月革命の結果、アガート・ド・ランボー夫人が不利になることはなかった。「元ルイ16世の息子王太子付き女官」という立場により、引き続き1000フランの年金を受け取ることができた。義理の娘テレーズ・ゴドレ・ド・ランボー夫人は、「元王家の子ども達の女官の子ども」として、600フランの年金が支給された。ところが、長男は、ヴァンドームで陸軍での自分の将来はないものと気がつき、インドに向かい、その後、メキシコシティに赴き、そこで1834年に亡くなった。妻のテレーズ・ゴドレはアメデ・ダロヴィル伯爵に嫁ぎ、アガートに息子のアーネストを残した。アーネストはエコール・ポリテクニークで学んだ。

Image: Wikipedia
Karl Wilhem Naundorff
ナウンドルフ

As this was happening, Karl Wilhelm Naundorff came into her life, pretending to be the now adult Louis XVII. For over a year, he lived at her home as she questioned him at length, testing him with old keepsakes. Shealso verified his birthmarks which seemed identical to those she noted on the young Dauphin at the request of Marie Antoinette. She fought a long battle to attest to his rights, enduring searches of her home where police seized a number of documents, files, and even presents presented to her from the Royal family.

ここで、成人したルイ17世であることを主張するカール・ヴィルヘルム・ナウンドルフがアガート夫人の人生に現れた。1年余りの間、ナウンドルフはアガート夫人の邸で生活し、その間、夫人は詳細に質問して、昔の思い出の品で試した。夫人は、また、母斑を検証した結果、マリー・アントワネットの依頼で、幼い王太子に認めていた母斑と一致しているように見えた。夫人はナウンドルフの権利を立証するための長い争いを戦い、警察が邸にある数々の文書やファイル、国王一家から与えられた贈りものまで押収した取り調べに耐えた。

Death
死去

Agathe de Rambaud would eventually die at Aramon. She lived there for years at the home of her granddaughter’s husband, rue Banasterie à Avignon, by the Palais des Papes.

アガート・ド・ランボー夫人は、南仏アラモンで亡くなった。夫人は長年、アヴィニョンのバナステリ通り、アヴィニョン教皇庁の側にあった孫娘の夫の家で生活していた。

She was first buried at Aramon, then her body was transferred to the new family tomb at St.Véran in Avignon,. A street in Avignon bears her maiden name of Agathe Rosalie Mottet and she is named among noted persons from Avignon at the town hall.

最初アラモンに葬られたが、アヴィニョンの聖ヴェラン墓地にできた家族の新しい墓地に再埋葬された。夫人の結婚前の名前アガート・ロザリー・モテットが、アヴィニョンの通りの名前になり、また、市庁舎にアヴィニョン出身の著名人として記録が残っている。