画像:オズナハウス

osenat.com/からテキストと試訳。

FERSEN (Axel von).
Piece signed in his capacity as colonel of the Royal Swedish Regiment.
Paris, January 10, 1789.
«Royal-Suédois. Paris, 10 janvier 1789.»

フェルゼン(アクセル・フォン)
スェーデン王立連隊大佐としての役職で署名している一枚。
パリ、1789年1月10日

« Je certifie que le Sr Pierre Charles, baron de Koeler de Blauberg est issu de parents nobles et peut faire les preuves nécessaires pour entrer au service du roi… »
“I certify that Sr. Pierre Charles, Baron de Koeler de Blauberg comes from noble parents and can prove himself to be able to enter the service of the king… »
「ピエール・シャルル、クーロール・ド・ブロベーグ男爵は貴族の家柄で、国王にお仕えできる能力を発揮することができることを確証いたします」

Friend of Marie-Antoinette’s heart, Axel von Fersen (1755-1810) was a Swedish officer in the service of France brought before the Court. He met the Queen at the masked ball of the Opera on January 30, 1774, was admitted to his inner circle from September 1778, and frequented it regularly, officially or secretly, during each of his stays in Paris.
マリー=アントワネットの心の友だったアクセル・フォン・フェルゼン(1755年〜1810年)は、スウェーデンからフランスに赴任した軍人として宮廷に紹介された。フェルゼンは、1774年1月30日にオペラ座の仮面舞踏会で王妃と出会い、1778年9月から内輪の集まりへの出入りが許され、パリ滞在時は定期的に公式・非公式に訪れた。

He was, however, quite often absent, because of his duties with his regiment, and several trips, notably to America where he served as aide-de-camp and interpreter at Rochambeau (March 1781-June 1783).
ただし、フェルゼンは度々不在だった。というのも、連隊での任務や度々旅に出ており、特に、ロシャンボーの副官兼通訳としてアメリカ独立戦争に従軍した(1781年3月〜1783年6月)

He was the linchpin of the escape in Varennes, made an attempt to escape Marie-Antoinette in 1792, and then led an active campaign in Brussels in favour of her and Louis XVI.
フェルゼンは、1792年にマリー=アントワネットの亡命を計ったヴァレンヌの逃亡の中心人物で、その後、ブリュッセルでアントワネットとルイ16世のために奔走した。