theartnewspaper.com/の記事と、試訳。

***
Italian high court gives green light to Colosseum archaeological park
イタリア最高裁、コロッセオ考古学パークに青信号

Council of State says government can consider non-Italians for new director post
国家評議会「政府は外国人を新ディレクター職に選考できる」

Hannah McGivern  |  26 July 2017

The Italian government can proceed with a plan to create a new archaeological park around the Colosseum in Rome, the Council of State has ruled. Italy’s top administrative court has also unblocked the international selection process for a new director to oversee the ancient amphitheatre and its surrounding monuments, including the Roman Forum, Palatine Hill and Domus Aurea. The decisions of 24 July overturn a challenge by the mayor of Rome through the Lazio regional administrative tribunal (TAR) on 7 June.

イタリア政府はローマの古代円形競技場コロッセオの周囲に新たに考古学パークを創設する計画を進めることができると、イタリアの最高行政裁判所である国家評議会が決定した。また、同評議会は、コロッセオとフォロロマーノ、パラティーノの丘、ドムス・アウレア(黄金宮殿)など周辺のモニュメントを管理する新ディレクターを海外から募ることを許可した。この7月24日の判決は、ローマ市長が抗告したラッツィオ州行政裁判所の6月7日の裁決を覆すこととなった。

The Italian culture minister, Dario Franceschini, praised the “clarity and justice” of the ruling, which will bring the Colosseum in line with more than 30 state-run museums and heritage sites that have already undergone dramatic internal reforms under new leadership. “Now we can move forward with reforms and innovations,” says Franceschini, who spearheaded the appointments of new, more autonomous directors—including, for the first time, seven foreigners—to institutions such as the Uffizi in Florence and Museo di Capodimonte in Naples in 2015.

ダリオ・フランチェスキーニ文化観光相は、判決を「明快かつ正当」と評価し、すでに新指導体制の基で抜本的な改革が進行している30余りの国営博物館・遺産にコロッセオが方を並べることができると語った。「これで改革と革新を前に進めることができる」と述べた。大臣は、2015年に初の外国人7人を含むより自立的な新館長を、フィレンツェのウフィッツィ美術館やナポリのカポディモンテ美術館などの博物館・美術館に率先して任命していた。

The Lazio tribunal sparked controversy when it ousted five of the chosen directors (four Italians and one Austrian) in May, saying that non-Italians were not eligible to hold public posts under national law. Although the Council of State has restored them to office temporarily, the higher court has postponed its definitive hearing on the case to 26 October.

ラッツィオ裁判所は、5月に選任された館長のうち5人(イタリア人が4人、オーストリア人が1人)を、法律上イタリア人以外は公職に就く資格はないとして解任して物議を醸した。国家評議会は今回一時的に5人の解任を取り消したが、この訴訟の最終審理を10月26日に持ち越した。

The latest verdict on the Colosseum directorship, however, bodes well for foreign leaders of Italian museums. The Council of State said that the EU principle of freedom of movement—prohibiting employment discrimination on the grounds of nationality—could only be waived in the “sectors of the armed forces, police and other forces of public order, judiciary, fiscal administration and diplomacy”. The culture ministry could therefore legitimately hire a foreigner to manage the future archaeological park, the judges ruled.

ところで、コロッセオのダイレクターに関するこの最新判決は、イタリアの博物館の外国人館長の良い前例となる。国家評議会は、EU基本権憲章の移動の自由、国籍に基づく雇用差別の禁止は、「軍隊、警察官、その他の治安維持隊、法務・財務行政公務員、外交官」のみ例外が認められると述べた。従って、文化相は考古学パークを管理する役職に外国人を合法的に採用することができると判決を下した。

Among 82 applications for the Colosseum job, 16 came from non-Italians, Franceschini told the news agency Ansa. An international committee is now tasked with shortlisting the candidates for the four-year, €145,000 role. The new director is expected to start on 1 January 2018.

文化相が通信社Ansaに語ったところによると、コロッセオの職には82人が応募しそのうち16人が外国人だった。国際委員会が現在、この4年任期14万5,000ユーロの職務の候補者を絞っている。新ディレクターは2018年1月から任務開始となる。

.

Advertisements