dancemagazine.com/から抜粋と試訳。

*****

Bolshoi Ballet Director Makhar Vaziev Talks Future Plans and Rising Stars

ボリショイバレエ団芸術監督マハール・ワジエフ、将来の計画と次世代スターについて語る

Makhar Vaziev is no stranger to running world-class ballet companies. Yet after 13 years at the Mariinsky Ballet and seven leading La Scala Ballet, Vaziev’s return to Russia as head of the Bolshoi in 2016 came as a surprise to many. Not only is the Bolshoi the rival to his former St. Petersburg employer, but his arrival also followed the scandalous acid attack on his predecessor, Sergei Filin. Now comfortably ensconced in his new Moscow post, Vaziev is intent on bringing the Bolshoi up to the standards he expects wherever he reigns. American audiences will have their first look at the company under his leadership this month at Lincoln Center, first in “Diamonds” and “Rubies” as part of the 50th-anniversary celebration of Balanchine’s Jewels (July 20–23), then in Jean-Christophe Maillot’s The Taming of the Shrew (July 26–30).

マハール・ワジエフは世界レベルのバレエ団の運営をよく心得ている。それでも、マリインスキーバレエ団の13年間、スカラ座バレエ団の7年間の後、2016年にボリショイバレエ団の芸術監督としてロシアに戻ったのは、驚きをもって迎えられた。ボリショイがマリインスキーのライバルだからでけではなく、前任者セルゲイ・フィリンが硫酸をかけられたというスキャンダルの後だったからだ。モスクワの新ポストに心地よく収まった今、ワジエフはボリショイバレ団を自分がどこで監督をしていようとも望んでいる基準へ高めることに熱意をもって取り組んでいる。。米国の観客は今月リンカーンセンターで初めてワジエフ率いるボリショイバレエを観ることになる。まずはバランシン振り付け「ジュエルズ」50周年記念の一環で「ダイヤモンド」と「ルビー」(7月20日〜23日)、次に、ジャン=クリストフ・マイヨー振り付け「じゃじゃ馬馴らし」が(7月26日〜30日)上演される。

How did the Bolshoi’s participation in the Lincoln Center Jewels project come to pass?

リンカーンセンターの「ジュエルズ」プロジェクトにどのようにしてボリショイバレエ団の参加が決まったのですか?

I was informed about this project while I was still at La Scala. The idea was agreed upon before I moved to Moscow, and plans were already under way.

私はまだスカラ座にいる時にこのプロジェクトのことを知りました。ボリショイの参加は自分がモスクワに移る前に合意されていて、計画はすでに進行中でした。

What dancers should we watch for?

どのバレエダンサーに注目すべきですか?

Alyona Kovalyova, Margarita Shrainer, Anastasia Denisova, Xenia Zhiganshina, Elvina Ibraimova—these are the next generation of stars. We have a short artistic life and have to act quickly; if you wait one year, a certain dancer’s chance may be lost. It’s important to promote young dancers while there are great ballerinas in the theater, like Svetlana Zakharova, Ekaterina Krysanova and Olga Smirnova, so the younger generation has an example to look up to.

アリョーナ・コワリョーワ、マルガリータ・シュレイナー、アナスタシア・デニソワ、クセニア・ジガンシナ、エルビナ・イブライモワ。皆、次世代のスターです。バレエダンサーのアーティストとしての寿命は短いので素早く行動を起こす必要があります。1年待つと、チャンスを逃すダンサーもいます。スベトラーナ・ザハロワやエカテリーナ・クリサノワ、オルガ・スミルノワのようなすばらしいトップバレリーナがバレエ団にいるうちに、若い世代がお手本にするダンサーがいるうちに、若いダンサーを啓蒙することが重要です。

⭐️

2017.9.16 「白鳥の湖」アリョーナ・コワリョーワ

Congratulations to Alena Kovaleva (@_kovalenka_) and Jacopo Tissi (@jacopotissi) on their debuts in "Swan Lake"

A post shared by The Bolshoi Ballet Dancers (@bolshoi_fan) on

⭐️

2017.9. 19「ドンキホーテ」マルガリータ・シュレイナー

Margarita Shrainer and Mikhail Lobukhin in tonight's "Don Quixote". Congratulations to Margarita on her Moscow debut as Kitri

A post shared by The Bolshoi Ballet Dancers (@bolshoi_fan) on

Advertisements