rbth.comからの文章と試訳。

********
Sacrificing childhood to ballet
子ども時代を犠牲にしてバレリーナに

February 14, 2013 Maya Krylova special to RBTH
2013年2月14日

There are many paths to ballet. Children often make the life-changing decision on their own, even before they start school. “I saw ‘Swan Lake’ in Chelyabinsk when I was five. I was struck by the fact that it felt just like a fairytale: something refined, elegant and distant; something you can’t touch.  After the performance, I was set on what I wanted to do with my life — and it wasn’t some kind of kid’s pipe dream,” says Anastasia Kolegova, a soloist in the Mariinsky Ballet Company.

バレリーナになるにはいくつもの道がある。子どもたちは、就学前という幼い時でさえ、人生を左右する決心を自分ですることが往々にしてある。「私は5才の時にチェリャビンスクで『白鳥の湖』を見ました。まさにお伽話のようで、研ぎ澄まされ、優美で、遠い世界、触れることのできない遠い世界に感じられたことに衝撃を受けました。その舞台の後、私は人生でやりたいことを決めました。それは子どものいわゆる夢物語などではありませんでした」と、マリインスキーバレエ団ソリストのアナスタシア・コレゴワが話す。

Little has changed over the past 20 years. If you want to make it as a ballet dancer, the road is pretty much the same for everyone. The biographies of prima ballerinas and principal dancers are full of stories of young girls and boys who, enchanted by the beauty they saw on screen, danced near the television trying to copy the moves. Bolshoi Theatre prima ballerina Anastasia Goryacheva, for instance, made up her mind to become a ballerina after watching a film about Anna Pavlova.
Children who have caught dance fever test themselves in any way they can. Yan Godovsky, leading soloist at the Bolshoi Theatre, was accepted into ballet school after winning a ballroom dancing competition at summer camp.

過去20年間ほとんど変わっていない。バレエダンサーとして成功したければ、その道筋は誰でもほとんど同じだ。プリマバレリーナであれプリンシパルダンサーであれその略歴には、画面で見た美しい世界に魅了され、テレビの近くでその動きを真似しようと踊っていた少年少女の話であふれている。例えば、ボリショイバレエ団のリーディングソリスト、アナスタシア・ゴリャチュワは、アンナ・パブロワの映画を見てバレリーナになる決心をした。
バレエ熱にとりつかれた子どもたちは、できることはどんなことでも自分自身で試してみる。ボリショイバレエ団のソリスト、ヤン・ゴドウスキーは、サマーキャンプで社交ダンス大会に優勝してバレエ学校に入学を許可された。

Sometimes, though, it is their parents’ call. Standout ballet dancer Natalya Osipova made the transition from artistic gymnastics to ballet, because she “didn’t want to hurt her mom’s feelings.” Indeed, a child born into a ballet family does not have many options. Just ask Yekaterina Shipulina, leading soloist at the Bolshoi Theatre: “My sister and I spent our childhood behind the curtains watching mom and dad. We knew exactly what we wanted to do when we grew up.”
Once the decision has been made, the child has to grow up very fast. It turns out that the beauty we see on TV is a result of many years of hard training, day in and day out.

だが、時には、両親の希望ということもある。傑出したバレエダンサー、ナタリヤ・オシポワは新体操からバレエに転向した。それは、「母の気持ちを傷つけたくかなったから」だ。実際、バレエ一家に生まれた子どもにはそれほど選択肢がない。ボリショイバレエ団のプリンシパル、エカテリーナ・シプリーナは、「姉と私は子どもの頃、カーテンの陰から父と母を見ていました。大きくなって何がしたいのかはっきりわかっていました」
決心がつくと、子どもはとても早く成長しなければならない。結局のところ、テレビに映る美しさは、長年にわたる日々の厳しい訓練の賜物なのだ。

The stressful life of a ballet dancer starts with getting into ballet school. Children have to go through rigorous entrance examinations, where their health, build, flexibility, coordination and posture are checked, alongside their musicality and the ability to twist their feet. Screening committees used to travel around the Soviet Union in search of gifted children, whom they duly found in all corners of the country — even in the most far-off villages.This is how Bolshoi Theatre prima ballerina Svetlana Adyrkhaeva was discovered. Such committees are a rarity these days, however.

バレエダンサーのストレスの多い人生は、バレエ学校に入るところから始まる。子どもたちは厳格な入学試験を乗り切らなければならない。そこでは、健康状態、体型、柔軟性、コーディネーション(筋肉の協同運動)、姿勢が、音楽性や脚を捻る能力と共に審査される。選考委員会は才能のある子供を探してソ連国内を遠く離れた村にまでも移動して、国内の隅々できちんと見つけていた。このようにしてボリショイバレエ団の元プリマバレリーナ、スベトラーナ・アディルカエワを発掘した。だが、近頃はそのような委員会は珍しくなっている。

2017,6,1 ワガノワアカデミー入学試験

There used to be dozens and even hundreds of applicants for a single place in ballet schools, especially in the Moscow and St. Petersburg ballet academies. This is only true of girls now. There is a shortage of boys in ballet, and not just in Russia: parents are not ready to let their sons pursue a ballet career when there are professional sports with substantially more money up for grabs. Also, young men used to be released from mandatory military service if they worked in a ballet company, but the quotas have since been abolished. The issue of draft-age men is tackled at the level of the Ministry of Defense, “which can satisfy requests from the Ministry of Culture and local authorities.”

かつては、バレエ学校、特にモスクワとサンクトペテルブルクのバレエアカデミーでは、合格率が数十倍、または数百倍にまでなった。現在ではそれは女子の場合に限られる。バレエでは男子が不足していて、それはロシアだけではない。スポーツの方が収入がかなり高い中、両親は息子をバレエのキャリアに進めることに慎重だ。また、かつて若者はバレエ団で勤めていれば兵役義務が免除されたが、その後それは廃止された。徴兵年齢の若者の課題は国防省レベルで扱われ、「文化省と地方自治体からの要請を満足させることができる」

Many of the students accepted to ballet academies are further weeded out: low marks in classics for boys or a few additional pounds for girls could mean getting shipped off to regular schools before graduation.  The harsh curriculum (which consists of a full school load, plus daily ballet practice, as well as special subjects such as the history of ballet and piano lessons) leaves no time for the kids to be kids. In addition, those who come from other cities find it hard to adapt to their new lives without their parents.  Well-known ballerina Svetlana Zakharova recalls her academy days: she was sent to boarding school, where she shared a room with seven other girls. Her childhood ended in an instant, and the struggle for survival began. The children work 24 hours a day and have to meet impossible requirements.

バレエアカデミーに入学を許された生徒たちの多くは、さらに淘汰される。クラシックバレエで点数が低い男子、または、数ポンド(1kg)増えた女子は、卒業前に普通校に転校させられることもある。厳しいカリキュラム(普通校の全科目に加え、毎日のバレエの練習、そして、バレエ史やピアノのレッスンなどの特別科目)の中では子どもが子どもらしくする時間は残されていない。さらに、地方から来ている生徒は、両親のいない新生活に適応するのに苦労する。著名なスベトラーナ・ザハロワがアカデミー時代を思い起こす。ザハロワは全寮制の学校に入ったが、そこでは7人の女子と同じ部屋だった。子どもらしい時は瞬く間に終わり、生存競争が始まった。子どもたちは1日24時間勉強や練習し、不可能と思われる要件を満たさなければならない。

The main challenge is to combine technique with artistry. A Russian ballet website describes the problem: “The job of a dancing school is not so much to train a child to dance (which can be done in much less time), as it is to turn his or her body into an instrument to create an image on stage.”

主な難題は、テクニックを芸術性に結びつけることだ。あるロシアのバレエウェブサイトには、この課題が記載されている。「ダンススクールの仕事として、子どもが踊れるように訓練することはそれほどでもない(それほど時間をかけずにできる)。重要なのは、子どもの身体を舞台上のイメージを創造するための道具にすることだ」

Bolshoi Theatre prima ballerina Evgenia Obraztsova understands how professional perfection is attained: “I was beaten when I failed to place my feet in the fifth position, when I was short of a perfect knee or lift. To cheat on lifts was a criminal offense back then.” And the competition is fierce. A child understands at a very early age that there are more gifted competitors around, and the teachers point these children out. Only real fighters manage to survive.

ボリショイバレエ団のプリマバレリーナ、エフゲニア・オブラスツォーワは、プロの完璧性に到達する方法を理解している。「足を5番のポジションにできなかった時、完璧な膝やリフトができなかったとき、叩かれました。当時、リフトをごまかすのは犯罪のようなものでした」そして競争が激しい。子どもは周りには自分より才能ある競争相手がいて、先生方がそのような生徒を指摘することをかなり小さいときに悟る。本物の強い精神力のある生徒だけがなんとか生き延びる。

{***}

It is during this period that students begin to really understand their work and why they are there. It is something fundamentally different from the joy of a child who has seen a beautiful dance or managed to please their parents. It is a conscious decision wherein the children begin to understand why they tolerate bleeding feet and lack of sleep.
“I liked it that I was making progress, and I grew even more willing to dance,” Bolshoi Theatre principal dancer Alexander Volchkov says.

生徒が自分の訓練やなぜ自分がそこにいるのかを本当に理解し始めるのはこの時期だ。それは、美しいダンスを見たり、両親をなんとか喜ばせようとした子どもの満足感とは根本的に異なるものだ。なぜ出血する足先や寝不足に耐えるのかを理解し始める意識的な意思決定だ。
「僕は前進することが好きで、ますます前向きに踊るようになった」と、ボリショイバレエ団のプリンシパルダンサー、アレクサンダー・ボルチコフが話す。

アリーナ・ソモワ ワガノワアカデミー5年生

Alina Somova year five at the Academy in 1999 😍 #vaganovarussia

A post shared by Вагановой Академия балета (@vaganova_russia) on

In the run-up to graduation, students prepare for their final exams and the academy is shaking in excitement: people are wondering whether they have been accepted at their choice of ballet companies. Graduates are told scary (and exaggerated) stories of the hard times that dancers are given in theatres. They are told that glass may be put in their shoes, that their costumes may be maliciously destroyed, and that climbing to the top is only possible if they have connections.

卒業に向けて生徒たちは最終試験の準備を行い、アカデミーは興奮に揺れる。周囲では生徒が希望するバレエ団に入団が許可されたかどうかに注目する。卒業生たちは、バレエ団で受ける厳しい時代の怖い(そして誇張された)話を聞く。ガラスをバレエシューズに入れられる、コスチュームが悪意をもって引き裂かれる、コネさえあればトップに上り詰めることができるなどだ。

By this time, professors and students know the names of the best graduates who will be dancing in the Bolshoi or Mariinsky companies. Still, the ultimate decision is made by representatives of the theatre companies, who attend the final exams at the leading dance academies in the country.  Most of the graduates will continue in less important troupes, while others will move to foreign companies (where Russian dancers are in demand) or graduate without being picked up by a ballet company.

この時期までには、先生と生徒はボリショイバレエ団やマリインスキーバレエ団で踊ることになる最優秀の生徒の名前がわかる。ただし、最終決定はロシアのトップクラスのバレエアカデミーで行う最終試験に出席するバレエ団の代表が下す。卒業生の大多数は、そこまで有名でないバレエ団で踊り続けるか、または、海外のバレエ団(ロシア人ダンサーの需要がある)に移るか、もしくは、どのバレエ団からもオファーをもらうことなく卒業していく。

The standard situation for a free agent is as follows: “You go to a casting and see the crowd of hopefuls. First, it’s the bar: they then tell you ‘Go on,’ so you go to the center of the room, perform a routine and they either say “Sorry, bye” or “Go on.” So then you show them the jumps. That’s how they do the screening, and you get five people left out of 35.”

フリーエイジェントの標準的な状況は次の通りだ。「オーディションに行くと、大勢の申込者に会う。まず、バーレッスン。次に、「続けて」と言われ、部屋のセンターに進み、ルーティンを行うと、「わるいけど、さよなら」か「続けて」と言われる。次にジャンプを見せる。こんなふうに選考されて、35人中5人が選ばれる」

New dancers start in the chorus — even if they are potential leading dancers — because they need to learn the ropes in the theatre and gain experience. However, not all of the young dancers are willing to start a fire with stones. A competitive company can lure a gifted young dancer, if the company’s director is smart enough to offer serious parts. Vladimir Malakhov, artistic director at the Berlin State Ballet, wooed international ballet star Polina Semionova almost immediately after she graduated in Moscow, where she would have been taken on by the Bolshoi Theatre as a regular dancer. The Bolshoi, for its part, managed to get its hands on St. Petersburg Academy graduate Olga Smirnova by offering her leading parts in Moscow.

新人ダンサーは、たとえトップダンサーの素養があっても、コールドバレエから始める。というのは、新人はバレエ団のやり方を覚え経験を積む必要があるからだ。だた、すべての若いダンサーがいろはから始めることに前向きなわけではない。競争力のあるバレエ団は、芸術監督が重要な役をオファーできるだけ十分に有能であれば、才能ある若手ダンサーを誘い込むこともできる。ベルリン国立バレエ団芸術監督のウラジミール・マラーホフは、国際的なバレエスターのポリーナ・セミオノワをモスクワの学校を卒業と同時に誘い出した。そうでなければ、ボリショイバレエ団に普通のダンサーとして採用されていた。ボリショイバレエ団自体は、サンクトペテルブルクにあるアカデミー卒業生のオルガ・スミルノワを、モスクワで主役級の役をオファーすることで引き抜くことに成功した。

The lives of young artists are filled with agony and ecstasy: unavoidable injuries, intrigues, victories at ballet competitions and the part of the third armor-bearer at a matinee for kids. There will be dreams of coveted roles and the everyday routine of ballet practice, important tours and agonizing waits for new roles in long queues alongside their colleagues. They will crave the applause of the audience and retire at 40 with a miserable ballet pension.

若いアーティストの生涯はは苦悩と歓喜に満ちている。バレエコンクールでの避けようのない怪我、好奇心、勝利や、子供向けマチネ公演での第三の槍持ちの役。切望する役の夢やバレエの練習の日々のルーティン、重要なツアー、そして、同僚たちと長い列を作って新しい役を苦しいほどに待ち望む。観客の喝采を切望し、40才で引退して十分とは言えないバレエ年金をもらう。

Yet, for some of the really lucky ones, the ugly duckling will one day turn into a magnificent swan — the symbol of Russian ballet.

それでも、本当にラッキーな人たちにとっては、みにくいアヒルの子から、ある日、神々しい白鳥、ロシアバレエのシンボルに変身する。

ユリア・ロパトキーナ

.

ロバトキーナ、ソモワ、テリョーシキナ、オブラスツォーワ(?)

Odette, Swan Lake

A post shared by Ulyana Lopatkina (@ulyana_lopatkina) on

🐤🐤🐤🐤🐤🐤🐤🐤🐤🐤🐤

ワガノワアカデミー入学試験

Published on 6 Mar 2016
RT Documentary
03:40「どの母親もわが子をプリマバレリーナにしたいと願っていますが、残念ながら、プリマは10年に一度しか誕生しません。体型、能力、カリスマ性、見た目などがすべて整っている必要があります。その上、たゆまぬ努力があって、スターが誕生するのです。それ以外の人は、バレエ団の職業であるコールドバレエになります」
08:05「私たちは多くの子たちを落とさなければなりません。とても厳しい訓練を課し、純粋にバレエに適した体型の子を必要としているこの学校には、ベストな子だけを入学させるからです」

Advertisements