telegraph.co.uk/の文、その試訳。

***
Russian prima ballerina lashes out at spoiled, internet-obsessed younger generation of dancers

ロシアのプレマバレリーナ、甘やかされネットに取り憑かれた若い世代のダンサーに辛口コメント

19 March 2017 • 12:12pm
2017年3月19日

One of the world’s most celebrated ballerinas has accused younger dancers of being “weak”, lacking dedication, and being too concerned with their own happiness.

今の若いダンサーは、「軟弱」でひた向きさに欠け、自分のことばかり考えていると、世界トップクラスのダンサーが批判している。

Diana Vishneva recalled learning her craft under harsh conditions while subject to fierce competition, in stark contrast to today’s dance hopefuls.

ディアナ・ヴィシュノワは、ライバルとの激しい競争にさらされながら厳しい環境の中で過ごした自身の訓練時代を振り返る。それは今の若手ホープとは著しい対象をなしている。

“I was lucky. I came from a generation of teachers who were great at preparing us,” Vishneva, 40, recalled.

「私はラッキーでした。生徒を教えるのに長けた世代の先生方に教わることができたのですから」と、ヴィシュノワが話す。

“Today’s dancers are weaker, less prepared even than our graduation class.

「今のダンサーは前より不甲斐ないわ。私の世代の卒業したてのダンサーのレベルにでさえ達していない」

“If you look at conditions at the school now, they are so much improved. It is warm, clean, well refurbished.

「今の学校の校舎を見ると、とても改善されています。暖かく清潔で、設備が整っています。

“I remember how it was in my time. There were holes in the floor and it was always terribly cold, because the window frames were not fixed properly. But there was good discipline and we were very concentrated.

「私の時代を振り返ると、床には穴が開き、それにひどく寒かった。それは、窓枠がきちんとおさまっていなかったから。それでも、皆、自分に厳しく集中力がありました。

“Now, with this different style, with the internet — young people get so much information, and their attention is taken away from work. But every day is important.

「今は、やり方が違い、インターネットがあり、ー 若い人たちは情報に溢れ、注意力がバレエから離れている。でも、毎日が大切なんです。

“Maybe now children are happier. There is not so much shouting and demands — but probably this is a reason as well. When I was at school, I was taught not to spare myself, to give everything I had.”

「おそらく今の子たちの方が恵まれているのね。怒鳴られたり要求されることがあまりない。ただ、それも理由なのかもしれない。私がバレエ学校にいたころ、骨身を惜しんではいけない、持てるものすべてを出し尽くしなさいと教わったわ」

Vishneva was born in St Petersburg, making her name with the Mariinsky company in her home city.

ヴィシュノワはサンクトベテルブルグに生まれ、その町にあるマリインスキーバレエ団で名を成した。

She had spent the last 12 years as a principal at American Ballet Theater before stepping down from the role, although she has not stopped working with them.

アメリカンバレエシアターで12年間プリンシパルを務めた後、その任を降りたが、引き続き同バレエ団に出演する。

She also continues to dance with her alma mater, and will perform in London this summer when the Mariinsky stages Alexei Ratmansky’s Anna Karenina and Alberto Alonso’s Carmen Suite.

ヴィシュノワは、また、引き続き出身バレエ団でも踊る。この夏、マリインスキーバレエ団がアレクセイ・ラトマンスキーのアンナ・カレーニナとアルベルト・アロンソのカルメンスウィートを携えてくるロンドン公演に出演する。

However, speaking to The Sunday Times, Vishneva expressed concern at recent developments at the historic school since the recent appointment of Bolshoi-trained Nikolai Tsiskaridze as head.

ところで、サンデータイムスのインタビューで、ヴィシュノワは、長い歴史を誇るバレエ学校で、ボリショイバレエ学校出身のニコライ・ツィスカリーゼが校長に任命されて以来の近況に関して、懸念を表明した。

She said: “When we were entering the school, 90 people were competing for one place. That is why we were so determined. We were not taught twice what to do, because we could be kicked out if we didn’t do what was demanded of us.

「私がバレエ学校に入学した当時、90人に1人が合格しました。それだけに私たちは覚悟を決めていた。同じことを2度と言われることはなかったわ。それは、要求されたとおりのことができなければ、学校を追い出されることもあり得たからよ。

“There are different nuances in the schools, between the Bolshoi and the Mariinsky. He claims it is the same, but the style, the movements, the breathing, the manner is different.

「ボリショイとマリインスキーの間には、流派に異なるニュアンスがあります。ツィスカリーゼ校長は同じだと言うけれど、表現方法や身振り、息遣いや様式には違いがあります。

“Now Tsiskaridze is in St Petersburg, while Makhar Vaziev [who was trained in St Petersburg] is at the Bolshoi. And both claim it is the same style because it is convenient for them to say that. But what I hear is upsetting to me.”

「今では、ツィスカリーゼがサンクトベテルブルグに、[サンクトベテルブルグで訓練を受けた]マハール・ヴァジーエフがボリショイバレエ団にいる。両方とも同じ様式だと言っているけれど、それはそう言った方が都合がいいからよ。でも、それを聞いて私は困惑したわ」

1989年2年生の試験 @ワガノワバレエアカデミー

.

Advertisements