ナポレオンが1807年の戦いにかぶっていた帽子。

Wikipediaより
フランス軍はプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世を追跡して東プロイセンへと向かい、プロイセンの救援に来たロシア軍とアイラウの戦い(1807年2月7日-8日)に突入したが、吹雪の中の戦いは両軍ともおびただしい死傷者を出し、決着はつかなかった。その後フランス軍は体勢を立てなおし、フリートラントの戦い(6月14日)でロシア軍を捕捉し撃滅した。7月7日-7月9日、ティルジットの和約が結ばれた。

 

Image: Wikipedia 「1807.2.7-8 Napoléon on the Battlefield of Eylau by Antoine-Jean Gros」

Image: Wikipedia 「1807.6.14 Napoleon at the Battle of Friedland (1807). The Emperor is depicted giving instructions to General Nicolas Oudinot. Between them is depicted General Etienne de Nansouty and behind the Emperor, on his right is Marshal Michel Ney.」

Image: Wikipedia 「1807.7 Meeting of the two emperors in a pavilion set up on a raft in the middle of the Neman River.」

 

.

Advertisements