マリー・アントワネットのために制作されたライティングデスク

.

waddesdon.org.ukより抜粋と試訳

Marie-Antoinette, Queen of France, used this exquisite writing table at the Petit Trianon, the small palace she used as a retreat from the court at Versailles. An intimate piece of furniture from the Queen’s private domain, the table was commissioned from her favourite cabinet-maker Jean-Henri Riesener (1734-1806).

フランス王妃マリー・アントワネットが、プチトリアノンで使用していた優美なライティングデスク。プチトリアノンとは、ベルサイユ宮殿の宮廷から離れて隠れ家として利用していた小規模な宮殿。王妃の私的な屋敷で身近に使用していたデスクで、お気に入りの家具職人ジャン=アンリ・リズネール(1734-1806)に注文した。

Although the table bears an inventory number from the Petit Trianon, and its decoration would have certainly harmonised with the interiors there, its exact early history is unclear. As a commission for the Queen, the table bears the brand of Marie-Antoinette’s personal garde meuble (furnishing administration) rather than that of the crown. The records of the Queen’s garde meuble are missing and the table has not been definitively identified in inventories of Royal residences.

デスクにはプチトリアノンの目録番号があり、装飾は宮殿のインテリアに調和していたと考えられるが、当初の確かな来歴は不明。王妃のための注文として、デスクには国王ではなくマリー・アントワネットの個人的な家具管理のマークがついている。王妃の家具管理目録は紛失しており、デスクは他のどの宮殿の目録にも記載がない。

It has been suggested that the table was created for the Petit Trianon but was transferred to the Château de Marly for the last stay of court there in June 1789 (see Castelluccio, 1996). Riesener had supplied a pair of chests of drawers for the Queen’s rooms at Marly in 1782 which feature similar mosaic and floral marquetry and spectacularly refined bronzes which one could imagine complementing the table (now Versailles, inv. no. V 3759; Louvre inv. no. OA 12012). Alternatively, it has been suggested that the table may have first been made for the Queen’s boudoir at Versailles, the cabinet de la Méridienne, before being moved to the Petit Trianon (see Pradère).

デスクは、プチトリアノン用に制作されたが、1789年6月に王家が最後に滞在したシャトー・マルリーに移送されたと推測されている(Castelluccio, 1996参照)。リーズネルは1782年にマルリー宮殿の王妃の部屋に一組のチェストを制作したが、類似のモザイクや花模様の寄木細工、そして見事に洗練されたブロンズで装飾され、このデスクを補足していると容易に想像できる(現在チェストはそれぞれ、ヴェルサイユ宮殿:目録番号V 3759、ルーブル美術館:目録番号OA 12012にある)。他の説によると、デスクは最初ヴェルサイユ宮殿の王妃のブドワール、メリディアンの間のために制作され、のちにプチトリアノンに移したとも推測されている(Pradère参照)。

/,,,,/

Ferdinand de Rothschild bought the writing table via the dealer Samson Wertheimer at the famous Hamilton Palace Sale of 1882. It was listed en- suite with two other pieces made by Riesener for Marie-Antoinette – a chest of drawers and a fall-front desk – both now in the Frick Collection, New York (acc. no. 1915.5.76; 1915.5.75). These two pieces have a similarly uncertain history but appear to have been supplied for one of several residences the Queen was refurbishing in the early 1780s, possibly the Château de Saint-Cloud. Although the table shares the same trelliswork and floral marquetry, it is unlikely that it was originally en-suite with the Frick pieces. Rather they were probably purchased by one of the Dukes of Hamilton to create an ensemble.

フェルディナンド・ド・ロスチャイルドは、このライティングデスクを有名な1882年のハミルトン宮殿オークションで販売業者のサムソン・ベルタイマーから購入した。デスクは、リーズネルがマリー・アントワネットのために制作した他の2つの家具 – チェストと折りたたみ式デスク – 現在、ニューヨークのフリックコレクション(acc. no. 1915.5.76; 1915.5.75)とセットで目録に掲載されていた。この2つもデスクと同様に来歴は不明だが、王妃が1780年初期に室内を改装した宮殿の中のいずれかに納入されたと考えられる。デスクは同様の格子細工や花模様の寄木細工で装飾されているが、フリックコレクションの家具と当初からセットであったとは考えにくい。おそらく、ハミルトン家の当主たちが一つずつ購入してセットにしたと考えれらる。

Ferdinand paid the then vast sum of £6000 for the table in 1882, which provoked comment and even ridicule in the press. Ferdinand, like many of his contemporaries, was fascinated by Marie-Antoinette. As a personal effect of the Queen, the table must have held a special appeal as well as representing the epitome of the style developed for her by Riesener in the early 1780s. This was demonstrated when Ferdinand chose to illustrate the table as a work of art in “The Red Book”, an album he privately published in 1897 to record the architecture, interiors and collection at Waddesdon. Marie-Antoinette’s table was one of only two pieces of furniture featured, the other being a fall-front desk decorated with Sèvres porcelain plaques by Martin Carlin (c. 1739-1785 ) (acc. no. 2321).

フェルディナンドは1882年に当時としては巨額の £6000で購入したが、メディアから批判や嘲笑を受けた。フェルディナンドは、多くの同時代人と同じく、マリー・アントワネットに魅了されていた。王妃の身の回り品として、デスクには特別な魅力があったに違いないく、また、1780年代初期にリズネールが王妃のために制作した様式の典型でもある。その証拠に、フェルディナンドはデスクを「レッドブック」に掲載する美術品として選んでいる。「レッドブック」とは、ワッドスドン邸宅の建築、内装、コレクションを記録するためにフェルディナンドが1897年に個人的に出版したアルバムで、家具は2つのみ掲載されている。それは、マリー・アントワネットのデスクと、もう一つは、マーティン・カーリン(c. 1739-1785 ) 制作、セーヴル陶器板で装飾された折りたたみ式デスク(acc. no. 2321)である。

Emily Roy, 2016

.

Image: waddesdon.org.uk

Save

Save

Advertisements