ナポレオンの身近に仕えたルイ・ジョセフ・マルシャンが残したナポレオン関連の遺品リスト。

パリ郊外フォンテーヌブロウのオズナオークションハウスの文書 (Google翻訳) を試訳。

http://www.osenat.fr/html/fiche.jsp?id=6978618&np=1&lng=fr&npp=10000&ordre=&aff=&r=&sold=

MARCHAND (Louis Joseph). Autographed manuscript signed “Comte Marchand” in three places, entitled “Inventory of household effects or others having belonged to His Majesty the Emperor Napoleon I that have fallen to me in the division made on May 14, 1821, under articles 4 and 8 of the codicil of 16 April 1821 “[About 1875].12 pp

(ルイ・ジョゼフ)マルシャン。3カ所にComte Marchand(マルシャン伯爵)と署名のある手稿。タイトルは「1821年4月16日付遺言補足書第4条並びに第8条に基づき下賜されたナポレオン1世陛下所有品リスト」[1875年頃] 12ページ。

 In-folio of a fine close handwriting, additions and corrections autographs, some handwritten mentions in ink and pencil of other hands.

几帳面な手書き文書で、署名には加筆や訂正があり、インクによる手書きメモや鉛筆による他者のメモがある。

Count Marchand, a companion of Napoleon I to St. Helena: son of a protege of Madame de Montesquiou who had become a lullaby of the King of Rome, and who followed him to Vienna, Louis Joseph Marchand (1791-1876) was named first valet of The room of Napoleon I in April 1814. 

He remained attached to him until his death, following him to the Isle of Elba and St. Helena. There, his devotion and discretion won him the confidence and the attachment of the Emperor, who made him one of his executors, and wrote in his will: “The services he has rendered me are those of a” a friend “.

Marchand would take part in the voyage of the Return of the Ashes, holding the stove cords at the national funeral. It would leave memorials published only in 1952.

セントヘレナ島までナポレオンに付き従ったマルシャン伯爵は、(ナポレオンの息子)ローマ王の乳母になりウィーンまで従ったマダム・ドモンテスキュの被後見人の息子ルイ・ジョゼフ・マルシャン(1791-1876)で、1814年4月に執事に任命された。

jean-baptiste_mauzaisse_schilderde_louis-joseph_marchand

Image: Wikipedia: Louis Marchand

マルシャンはナポレオンにその死まで忠誠を尽くし、エルバ島とセントヘレナ島に付き従った。その忠誠心はナポレオンの信頼を勝ち得て遺言執行人の1人に任命され、遺書に「予に仕えてくれた誠意は友人のそれに値する」と記載されている。

マルシャンは「遺骨の帰還」に参列し国葬で les cordons du poêleを引いた。そのことは1952年出版のメモワールに記載されている。

retour_des_cendres_-_1

Image: Wikipedia: 国葬でナポレオンの棺が凱旋門を通過

List of all objects in its possession coming from the imperial family and especially those reported from St. Helena. An act under private seal in which Louis Marchand settled his succession relatively essentially to his imperial memories: it indicates the objects received after the death of Napoleon I, but also various objects of imperial provenance, received from the hands of the emperor on the island of Elbe or St. Helena, received from Marie-Louise by her mother, or received from Louise Cochelet, who was the reader of Queen Hortense. In addition, it indicates some personal objects acquired independently of its relations with the Bonaparte (mainly books).

リストに記載された遺品は皇帝の家族から譲り受け、特に、セントヘレナ島時代のものが含まれる。遺品はメモワールにほぼ記載されている。主にナポレオンの死去に伴い譲り受けた品々だが、中にはエルバ島やセントヘレナ島でナポレオン自身から直接与えられたものやマリールイーズから母親を通じて受け取ったもの、オルタンス妃の王妃付き講師から譲り受けた品もある。さらに、ナポレオンとの個人的な関係により個別に与えられた私物(主に書籍)もある。

This “Inventory” fulfills a double purpose: to regulate the succession of Marchand with regard to the objects still in his possession at his death, but above all to guarantee the origin of the objects passed in his hands: “My will being that the authenticity of the effects , Furniture, or others belonging to His Majesty the Emperor Napoleon I, which are due to me at St. Helena, and which I have brought back to France, are not contested after my death. I affirm that all that this inventory contains belonged to the Emperor Napoleon, either to his body or to his use.

この「目録」は2重の目的を果たしており、死去するまで所有していた品々に関してマルシャンが継承していたことを証明し、何よりも、マルシャンの手に渡った品々の由来を保証している。「ナポレオン1世皇帝陛下が所有していた家具やその他の品々が本物であること、それらがセントヘレナ島で私に与えられたこと、それらを私がフランスへ持ち帰ったことという私の遺言は、死後にその正当性を疑われることはない。私はこの目録に記載されている全ての品々が、装身具であれ使用されていたものであれ、ナポレオン皇帝の所有物であったことを断言する。」

“It consists of two parts: a detailed inventory (pp. 1-11) and testamentary dispositions concerning mainly the objects of the inventory (pp. 11-12). The inventory itself is subdivided into four sections: – “Reliquary” (pp. 1-3), section of the most precious pieces: hair of Napoleon I, Empress Eugenie and King of Rome, king’s rattle Of Rome, decorations worn by the Emperor on his arrival on the Bellerophon, a hat worn by Napoleon on his arrival at St. Helena, a uniform of the Grenadiers of the Guard, Watch of the emperor (“this watch with its gold key crossed the Empire, it was on the isle of Elba, it is from L’Épine [the famous watchmaker Jean-Antoine Lépine, 1720-1814] Given by the Emperor on the eve of leaving the Isle to return to France, adding the following words: “She has given me time from the Consulate”, crown of willow (“branch detached by me on 5 May 1821 from the three willows which were going to shade Their shoots the tomb of the emperor “),” a piece of mahogany in its thickness from the coffin Of the Emperor “(given by Prince de Joinville to St. Helena in 1840, which made an equal division between the personalities present), A silver canopy from the estate of Charles Bonaparte, and so on. Louis Marchand also cites parts that had been in his possession but were no longer in the inventory, indicating to whom he had offered them.

「目録は2部構成で、詳細なリスト (P1- P11)と、主にリストの品々に関する遺言処理 (P11 – P12)となっている。リスト自体は4項目からなる。最も貴重な品々の項目「聖遺物」(P1 – P3) :ナポレオン1世、ウジェーヌ皇妃、ローマ王それぞれの毛髪、ローマ王のおもちゃ、英国戦艦ベレロフォン到着時にナポレオンが身につけていた装飾品、セントヘレナ島到着時にナポレオンが着用していた帽子、英国擲弾兵近衛連隊の制服、ナポレオンの腕時計(ゴールドの鍵付きで、ナポレオンと共に帝国を横断し、エルバ島でも着用した。著名な時計職人ジャン=アントワーヌ・レピーヌ[1720-1814]が製作した時計で、エルバ島からフランスへ帰還する前夜に、「この時計は統領政府時代から愛用していたものだ」と言ってマルシャンに与えた」柳の冠*(新芽がナポレオンの墓を覆うことになる3本の柳の木から、私が1821年5月5日に切り取った枝)、ナポレオンの棺から取った厚みのあるマホガニーの一片(1840年に[ナポレオンの遺体を本国へ持ち帰った艦長の]ジョアンヴィル公がセントヘレナ島に贈ったもので、出席者に等分に分割された)、シャルル・ボナパルトの地所にあった銀のキャノピー、その他。ルイ・マルシャンは、かつて所有していたが今やリスト上にないものについても言及しており、贈呈した相手も記載されている。

3b16456r

Image: LOC.gov: セントヘレナ島のナポレオンの墓所

– “Items in my possession” (pp. 3-8), including a portion of the maps and the library of Napoleon I on the island of St. Helena, with mention of the annotations of the hand of this one. – “Books in the same library” (pp. 8-11), a section dealing in fact with books which Louis Marchand personally acquired after his return to France. – The fourth section (“Independently of the above, I have to add the following …”) concerns mainly archival material and manuscripts in his possession,  including his accounts of St. Helena referred to by Napoleon I and his own memories then still unpublished

「私の所有品」 (P3 – P8)には、地図の一部やセントヘレナ島の自身の注釈付きのナポレオンの図書室の蔵書。「同図書室の書物」 (P8 – P11) は、ルイ・マルシャンが帰国後に個人的に入手した書物。第4項目 (P11)(上記とは別に、以下を書き加える必要がある…)は、主に所有していた古文書や手稿で、ナポレオンに言及したセントヘレナ島の解説や当時まだ出版されていなかったメモワール。

*ナポレオンと柳の逸話 参照:http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thb0622/yanagi2.pdf
「この柳は,セント・ヘレナ島に捕囚された元フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(1769―1821 )と柳の木の逸話に由来する。ナポレオンの流刑の地セント・ヘレナ島で,ナポレオンがとくに好んだ場所が泉近くの柳の木の生えた谷間で,ナポレオンの死後本人の希望により埋葬場所となった。ナポレオンの墓所を訪れた人々は柳の枝を記念に持ち帰り挿木として育て,そのようにしてナポレオンの柳は各地に移植され広まった。現在もナポレオンの柳はニュージ―ランド,オーストラリアを中心に,ヨーロッパ,アメリカにも伝え継がれている。」

MARCHAND (Louis Joseph). Manuscrit autographe signé

Image: osenat.fr

Save

Save

Advertisements