dancemagazine.com/の文と試訳

The New Girl

Posted on June 1, 2014
2014年6月1日
by Laura Cappelle

Since joining the Bolshoi as an outsider, Olga Smirnova has quickly risen to the top, leaving audiences awestruck.

ボリショイバレエ団によそ者として入団して以来、オルガ・スミルノワはあっという間にトップに上り詰め観客に畏敬の念を抱かせた。

Participating in new work is a rare luxury at the Bolshoi, yet this past April, just two days after starring in the live HD broadcast of Marco Spada, Olga Smirnova found herself experimenting for the first time in the Bolshoi’s Studio 1. Oblivious to the chatter around her, she looked intently at choreographer Jean-Christophe Maillot as she parsed the first steps of his new Taming of the Shrew with quiet focus, lending them amplitude and a swanlike articulation. Slowly, she ventured new accents for her character, Bianca—and broke into a rapt smile when Maillot screamed his approval. “There is a softness to her, and she has no preconceptions,” he says of Smirnova. “She uses every detail, every piece of information I give her.”

ボリショイバレエ団では新作に携わるということはめったにない贅沢なことだが、去る4月、マルコ・スパーダのライブ HD放送で主役を務めたわずか2日後に、オルガ・スミルノワはボリショイのスタジオ1で新作に挑んでいた。周囲のささやきに気づくことなく、スミルノワは振付家ジャン=クリストフ・マイヨーを一心に見つめ新作「じゃじゃ馬馴らし」の最初のステップに静かに集中し、奥深さと白鳥のような表現力を添えていた。ゆっくりと、ビアンカという新しい役どころに取り組み、マイヨーの褒め言葉に笑顔がはじけた。「柔軟性があり、先入観がない」とスミルノワについて語る。「私が伝えるすべての細部、すべての情報を使いこなす」

.

Since joining the Bolshoi as an outsider from the Vaganova Academy three short seasons ago, Smirnova has had critics and audiences alternately abuzz and awestruck. At just 22, she is fast making her mark at the crossroads of the St. Petersburg and Moscow traditions, her pristine clarity of movement melding seamlessly with the dramatic emphasis Moscow has long cultivated. Her “Diamonds” revealed an expansive, spellbinding young queen; her gift for tragedy, meanwhile, has found telling vehicles in Onegin and Lady of the Camellias.

ほんの3シーズン前にワガノワアカデミーからよそ者としてボリショイバレエ団に入団して以来、スミルノワは評論家や観客に代わる代わる噂話や賞賛させてきた。若干22才でスミルノワはサンクトペテルスブルグとモスクワそれぞれの伝統が交差するところですばやく頭角を現し、自身のもつ動きの純粋な明確さをモスクワが長い間培ってきたドラマ性を強調するスタイルにスムーズに溶け込ませた。スミルノワは、「ダイヤモンド」でおおらかで見るものを魅了する若き女王を見せる一方、悲劇性を表現できる才能がオネーギンや椿姫で手応えのある手法を発見した。

To get to this point, an unlikely number of stars had to align. Deemed the “physically perfect instrument of her art form” by English critic Luke Jennings, the revelatory harmony of Smirnova’s lines speaks to the ruthless Vaganova training. Ballet in Russia is also a mental game, however. Self-possessed beyond her years, Smirnova has reaped the rewards of what she deems the most difficult decision of her life: refusing the Mariinsky and entrusting her career to Bolshoi director Sergei Filin.

ここにたどり着くには、思いもよらない数のスターたちと同列にならなければならない。英国人批評家ルーク・ジェニングスが評した、スミルノワは「自身の芸術形式[バレエ]を表現するための完璧な身体をもっている」を考えると、スミルノワのスタイルの明確な調和は容赦ないワガノワ式訓練を証明している。ところが、ロシアでのバレエは、また、心理的なゲームでもある。年齢にしては冷静に、スミルノワは人生で最も難しい決断と本人が考えるもの、つまり、マリインスキーバレエ団を断ってボリショイバレエ団芸術監督セルゲイ・フィリンに自分のキャリアを委ねるたという決断が功を奏した。

Her choice reflects a seismic shift in Russian ballet, where ballerinas used to grow up and old in the company they were trained to join. The Mariinsky was always the logical step for Smirnova, a native of St. Petersburg. Her music-loving family had no connection to ballet: Her mother was an engineer, but when she noticed that Smirnova showed potential in dance, she decided to take her to the Vaganova Academy.

スミルノワの選択はロシアバレエ界の劇的な転換を反映している。ロシアではバレリーナは訓練を受け入団するバレエ団で経験を積みシニアになっていった。マリインスキーバレエ団は、サンクトペテルブルク生まれのスミルノワにとって、常に理にかなったステップだった。音楽好きの家族はバレエには縁がなかったが、エンジニアの母親はスミルノワにダンスの潜在能力を認めて、ワガノワアカデミーに連れて行くことを決断した。

Smirnova was accepted immediately, at age 10, and her talent didn’t go unnoticed. Singled out as a leader for her age group early on, she found herself front and center in class, as is the Vaganova tradition, and faced with the burden of expectations. “It’s huge psychological pressure for a kid,” she explains matter-of-factly. “Others were allowed to make mistakes, but if I did the teacher would ask me: How could you? As they say, it’s not easy to get to the top, but it’s much harder to stay there.” Less flexible than her classmates, she took extra weekend gymnastics classes to achieve the sky-high extensions now standard in Russia.

スミルノワは10才で即入学を許され、その才能は見過ごされることはなかった。早々に同学年でトップとして秀でて、ワガノワの伝統通りにクラス前方中央に位置し、周囲の期待という重荷を負った。「子どもにとって相当なプレッシャーです」とスミルノワはこともなげに説明する。「他の生徒はミスが許されるのに、私が間違えると先生からどうしてと訊かれる。よく言われるように、トップに上り詰めるのは簡単なことではないけど、その地位をキープするのはもっと大変です」同級生よりからだが少し硬く、スミルノワは週末に体操の授業を受けて、今ではロシアの標準となているまっすぐ足を上に伸ばす柔軟性を獲得した。

By the time she completed her training in 2011, Smirnova’s reputation as a prodigy preceded her. Bolshoi director Sergei Filin made the trip to St. Petersburg to see her graduation performance, and soon the young dancer found herself with competing offers of a soloist position from the rival St. Petersburg and Moscow companies.

訓練を終了する2011年までには、スミルノワの天才児としての評判が先行していた。ボリショイバレエ団芸術監督セルゲイ・フィーリンは卒業公演を見るためサンクトペテルブルクに赴いた。そして即座に、競合するサンクトペテルブルクとモスクワのバレエ団からスミルノワにソリストとしてのオファーがあった。

.

Joining the Bolshoi wasn’t her initial choice, Smirnova says. Instead, she tentatively started to work at the Mariinsky without signing her contract, but found the atmosphere uninviting. “I felt the artistic director and the teachers weren’t interested in nurturing new, young ballerinas. But Filin came up with a very logical plan. He wanted to involve me in the Bolshoi repertoire step by step, starting with variations, Queen of the Dryads, Myrtha—very important roles to prepare you.”

初めからボリショイバレエ団に入団しようとしたのではないと、スミルノワが言う。その代わり、契約書にサインしないで暫定的にマリインスキーバレエ団で踊り始めたが、その環境が魅力的ではないことに気がついた。「芸術監督や先生方は若い新人バレリーナの教育に熱心でないように思えました。でも、フィーリンは理にかなった計画を携えてきました。私を一歩ずつボリショイのレパートリーに組み込み、(ドンキホーテの)ドルシネア姫や(ジゼルの)ミルテのバリエーションから始めようとしていました。それらの役は将来に向けて準備段階としてとても重要な役です」

Filin kept his word, and Smirnova’s move reasserted the changing balance of power in Russian ballet: While the Mariinsky’s aura and attractiveness have faded over the past decade, the Bolshoi, for all its intrigue and scandals, remains at the top of its artistic game. Loneliness was inevitably a challenge for the young dancer, but the repertoire kept her fulfilled. Variations soon gave way to carefully chosen principal parts; in addition to debuts in La Bayadère and The Pharaoh’s Daughter, she was cast by The Balanchine Trust in the Bolshoi premiere of “Diamonds” in her first season.

フィーリンは約束を守り、スミルノワの行動はロシアバレエ界のパワーバランスの転換を再認識させた。マリインスキーバレエ団のオーラや魅力は過去10年間で次第に薄まり、ボリショイバレエ団はその陰謀やスキャンダルにもかかわらず芸術的競争のトップの地位を保っている。孤独は若いスミルノワにとって避けようのない試練だったが、レパートリーで満足できた。バリエーションはすぐに慎重に選んだプリンシパルの役に取って代わった。ラ・バヤデールやファラオの娘でのデビューに加え、初のシーズンでバランシン・トラストが「ダイヤモンド」のボリショイ初演に抜擢した。

Absorbing the Bolshoi style proved Smirnova’s most pressing task. While a growing number of Vaganova-trained dancers work in the company (including another Filin protégée, Evgenia Obraztsova), clear differences remain. Smirnova praises the purity of the Vaganova technique, but says Moscow has helped her develop endurance and strength under the tutelage of her coach, Marina Kondratieva.

ボリショイのスタイルに溶け込むことが、スミルノワの喫緊の課題だった。ワガノワで育ったバレリーナがますますボリショイで踊るようになる中で、(フィーリンのもう一人の天才児、エフゲニー・オブラスツォーワなど)、はっきりとした違いが残っている。スミルノワはワガノワメソードの純粋性を賞賛するが、モスクワではマリア・コンドラーチェワ・コーチの指導のもとで忍耐性と強靭性を養うことができたと話す。

The bold acting tradition was another challenge. Her hunger for new experiences and love of theater have helped her fit in, but Smirnova is still fine-tuning her approach. She reviews videos of her performances with her coach, critiquing and revising her choices. “When I first came here, everybody said: Here is another ballerina from St. Petersburg who will be cold and unemotional,” she remembers. “I didn’t understand what they meant—should you be crazy onstage? What’s the limit? It’s still an open question for me.”

大胆な演技の伝統が、もう一つの課題だった。スミルノワは新しい経験への探究心と劇場への愛着により適応することができたが、今でもやり方を微調整していた。踊りをビデオで見てコーチがスミルノワの選択を論評したり見直したりする。「初めてここに来た時、皆に言われました。また、サンクトペテルブルクからバレリーナがやって来た。冷たく無感情になるわよ」「何を言っているのかわかりませんでした。舞台上でおかしくなるということ?どんな制約?いまでも私にはわかりません」

Despite her doubts, she has quickly become the face of the repertoire brought in by Filin. A feature of his directorship has been narrative ballets no Russian company had previously taken on, including Cranko’s Onegin and Neumeier’s Lady of the Camellias, and his young protégée has run with the opportunity. When we meet, a few days after her second Lady, she is visibly spent. “These ballets take a piece of your soul,” she explains. “It’s similar to the feelings you have after finishing a huge book. You live with the characters, and you feel an emptiness after them.”

そのような疑問をよそに、スミルノワはフィーリンが持ち込んだレパートリーの顔になった。フィーリンの芸術監督としての特徴の一つは、ロシアのどのバレエ団もそれまで取り扱わなかった物語性のあるバレエで、例えば、クランコのオネーギンやノイマイヤーの椿姫だ。そして、フィーリンが育てる若い天才はその機会を逃さなかった。私たちが会ったのは2回目の椿姫から数日後で、スミルノワは見るからにやつれていた。「こういうバレエでは魂を使い果たします」と語る。「長編小説を読み終えた時の感覚に似ています。登場人物と共に生き、読み終えると空っぽになります」

.

Smirnova’s onstage maturity is mirrored by her levelheaded response to the pressure cooker she has found herself in. At the trial following Filin’s acid attack, in an attempt to smear him, the defendants accused him of having an affair with Smirnova, an episode she has learned to laugh off.

スミルノワの舞台上の成熟度は、プレッシャーのかかる中での冷静な対応を忠実に映し出している。フィーリンの硫酸事件後の裁判で、被告側がフィーリンを中傷しようとスミルノワと深い関係にあったと訴えたが、スミルノワは一笑に付すことを学んだ。

The attack aside, Smirnova deems the atmosphere of intense competition at the Bolshoi the continuation of what she experienced at the Vaganova Academy. “You just have to prove that you’re dancing a role because you’re the best at that point. It’s good, because it keeps you on your toes.” Cliché or not, she is her own biggest critic, believing that she danced Odette/Odile too early, describing her interpretation as “too raw. I still don’t truly, fully understand the role.”

この事件はさておき、スミルノワはボリショイの激しい競争の環境を、ワガノワアカデミーでの経験の延長線と見なしている。「その時点で自分が最高だから役柄を踊っていることを証明してみせなければなりません。これはいいことです。なぜなら、そのおかげで気を引き締めることができるからです」

Lately, she has found new roots in Moscow: Last summer, she married the son of Filin’s former advisor, Dilyara Timergazina, in an Orthodox ceremony. Her husband, who works in finance, is her support system. “He completely understands that my life is in the theater now, and he gives me the strength to perform.”

近頃、スミルノワはモスクワに新たにルーツを持つことになった。昨夏、フィーリンの元相談相手のディリャラ・ティマガツィナの息子とキリスト教オーソドックス派の結婚式を挙げた。金融機関に勤める夫がスミルノワを支えている。「今では私のバレエ生活を完全に理解してくれて、踊るための力を与えてくれます」

There is an uncanny purpose about Smirnova, but it would be a mistake to take her for a diva. “You can see that she doesn’t position herself according to a title, a status,” says Maillot. “She just asks: Can I do that, how can I do it, what can I learn?” She is on track to be one of the defining dancers of her generation, but her path may prove slightly different from other Russian superstars who have forged their own international brand away from company ties. “Everything I have done was given to me by the theater,” she muses. “The Bolshoi is my home now, and for an artist, it’s very important to have a home.”

スミルノワには超人的な決意があるが、プリマドンナと見ると間違うだろう。「スミルノワは肩書きや地位で自分を位置づけたりしないことはわかるだろ」とマイヨーが話す。「ただ、私にこれができるのか、どうしたらできるのか、何を学べるのか、ということにしか関心がない」スミルノワは同世代の中で秀でたダンサーになるだろう。ただし、その道筋は、バレエ団から離れて自身の国際的ブランドを打ち立てたロシアのスーパースターたちとはやや異なる。「私のしてきたすべてはバレエ団から与えられました。ボリショイバレエ団は今では私のホームです。芸術家としてホームがあるということはとても大切です」とスミルノワは考えている。

.

Advertisements