マダムロワイヤル(ルイ16世とマリー・アントワネットの娘)、オーストリア、ウィーン近郊で死去。

.

Wikipediaより

Marie-Thérèse died of pneumonia on 19 October 1851, three days after the fifty-eighth anniversary of the execution of her mother. She was buried next to her uncle, Charles X, and her husband, Louis XIX, in the crypt of the Franciscan Monastery church of Castagnavizza in Görz, then in Austria, now Kostanjevica in the Slovenian city of Nova Gorica. Like her deceased uncle, Marie-Thérèse had remained a devout Roman Catholic.

マリー・テレーズ、1851年10月19日、58年前の母親の処刑の日から3日後に肺炎により死去。当時のオーストリア、ゴルツのカスタナヴィツァ、現スロヴェニアのノヴァ・ゴリカのコンスタニェヴィツァのフランシスコ修道院教会の地下埋葬所に、叔父シャルル10世と夫ルイ19世の横に葬られた。亡き叔父と同様、マリー・テレーズも敬虔なローマカトリック教徒だった。

.