フランス国王シャルル10世や息子夫妻アングレーム公とマリー・テレーズ(マリー・アントワネットの娘)の遺骨を、フランスへ移葬しようとする計画の記事です。

theguardian.com/から原文と試訳です。

***

France calls for remains of King Charles X to be returned from Slovenia

フランス、国王シャルル10世の遺骨をスロヴェニアから返還するよう要請

Association launches campaign for last Bourbon monarch to be buried with other French royals in Saint-Denis cathedral

ブルボン家最後の国王が他のフランス王室と共にサン・ドニ聖堂に葬られるよう団体が運動を開始

Kim Willsher in Paris
Tuesday 27 September 2016 14.22 BST
2016年9月27日

Even as the winds of revolution that led his brother and sister-in-law to the guillotine gusted over his country, King Charles X of France refused to go.

兄と兄嫁がギロチンにかけられることになった革命の嵐が国中を吹き荒れても、フランス国王シャルル10世は退去を拒んだ。

Staunchly Catholic and conservative, and convinced of his divine right to rule, it took three days of violent unrest known as the Trois Glorieuses in July 1830 for revolutionaries to force the country’s last Bourbon monarch into exile.

筋金入りのカトリック教徒で保守主義、そして、神から授かった統治権を信じて疑わなかったフランスのブルボン家最後の国王を強制的に国外追放するのに、革命家は、1830年7月のトロワ・グロリューズ(栄光の3日間)として知られる暴動に3日かかった。

Charles X never saw France again. After spells in London, Edinburgh and Prague, he died after contracting cholera in the Adriatic resort of Gorizia where he was on holiday.

シャルル10世は2度と故国フランスを見ることはなかった。ロンドン、エジンバラ、プラハを転々とした後、休暇中のアドリア海のリゾート地ゴリツィアでコレラに感染して死んだ。

On Tuesday, an association of historians, royalists and descendants launched a campaign to have Charles X’s remains returned from a nearby monastery, now in Slovenia, where he lies along with members of his family.

火曜日(2016年9月27日)、歴史家、王統派、子孫からなる団体が、シャルル10世の遺骨を現在のスロヴェニアにある修道院からフランスに戻す運動を開始した。遺骨はそこで家族と共に眠っている。

“All we have left of him is this image of a reactionary monarch, blind to the realities of his era and the wishes of his subjects,” said Philippe Delorme, the honorary president of the association. “Yet the Restoration, despite its failings, was the first attempt at a parliamentary regime in France.”

「シャルル10世には同時代の現実や臣下の要望を理解していない反動的な国王というイメージのみが残っています」と団体の名誉会長、フィリップ•ドロルム氏が話す。「ただ、失敗こそすれ王政復古はフランス初の議会制度の試みでした」

Charles X was France’s penultimate monarch and believed the country should reform without overthrowing the monarchy, hence his celebrated device “time for repair, not demolition”.

シャルル10世は、最後から2番目のフランス国王で、王政を廃止することなく国家を立て直すべき、それゆえ有名な言葉「解体ではなく修復の時」と確信していた。

He was the youngest of the royal heirs and, as the Comte d’Artois, was thought to have no chance of acceding to the throne. The most handsome of the Bourbon boys, he had many affairs and his closeness to his sister-in-law Marie Antoinette provoked gossip. Both shared a penchant for lavish spending and an ability to run up enormous debts.

王室の世継ぎの中でも最年少で、アルトワ伯として国王の座に就く機会はないと考えられていた。ブルボン家の兄弟の中で一番見栄えがよく、浮名をながし義理の姉マリー•アントワネットとの近しい間柄がゴシップを引き起こした。贅沢な金銭感覚と巨額の借金を増やす傾向という点で両者は共通していた。

charles_x_of_france

Image: Wikipedia “Le comte d’Artois”

His elder brother, Louis XVI, disapproved of his conservatism and refusal to consider the people’s demands, accusing him of being “plus royaliste que le roi”, more royalist than the king. Unlike his sibling, however, Charles escaped the guillotine by leaving France three days after the storming of the Bastille.

兄ルイ16世はシャルル10世の保守性と人民の要求に配慮することを拒む姿勢に反対し、「plus royaliste que le roi」(国王よりも王統派だ)と非難していた。ただし、兄とは違い、バスティーユ襲撃の3日後にフランスを脱出してギロチンから逃れた。

When the French revolutionary wars erupted in 1792 he crossed the Channel to Britain; George III gave him a generous allowance and he lived in Edinburgh and London with his mistress Louise de Polastron.

1792年にフランス革命の戦いが勃発すると、シャルル10世は英仏海峡を超えて英国に渡りジョージ3世から寛大な年金を受け、公妾ルイーズ・ド・ポラストロンとともにエジンバラとロンドンに住んだ。

He returned to France and was crowned in May 1825 at Reims cathedral, the last Bourbon king of his country. He was not popular, however, and five years later was forced to abdicate and flee again – first to Britain, where he was not particularly welcomed, and then Prague at the invitation Emperor Francis I of Austria.

シャルル10世はフランスに戻り1825年5月にランス大聖堂で戴冠し、ブルボン家最後のフランス国王になった。だが、人望がなく5年後には強制的に退位させられ再び亡命した。最初は英国に入ったがあまり歓迎されず、次に、オーストリア皇帝フランツ1世の招きでプラハに行った。

In 1836, shortly after his 79th birthday, he caught cholera and died. He was buried in the Franciscan Kostanjevica monastery, now in Nova Gorica, Slovenia. He is the only French king not buried in France.

1836年、79才の誕生日を迎えた直後、コレラに罹り死んだ。遺体は現在のスロヴェニア、ノヴァ・ゴリカのフランシスコ会コンスタニェヴィツァ修道院に葬られた。シャルル10世は、フランス国王の中で唯一国外に葬られている。

XIR59964

Image: Wikpedia “Charles X (1830)”

Nicolas Doyen of the association campaigning to have his remains returned said a letter was being sent to the Slovenian embassy in Paris this week to explain the request.

遺骨を戻す運動を行っている団体のニコラ・ドイェン氏は、今週、パリのスロヴェニア大使館に要望書を送付したと語った。

“For us this is symbolic and not linked to whether people think Charles X was a good or bad king. It is the principle that the eternal rest of a French monarch should be in France,” he said.

「私たちにとってこれは象徴的なことで、国民がシャルル10世をよい国王か悪い国王のどちらに見ていようと関係ありません。フランス王室の永遠の休息の地はフランスであるべきというのが信条です」と述べた。

Doyen said the group was also requesting the remains of Charles X’s son Louis and daughter-in-law Marie-Thérèse, daughter of Louis XVI and Marie-Antoinette, so they could all be buried in Saint-Denis cathedral, the ancient resting place of French royals.

Image: Wikipeda

歴代フランス王室の休息の地であるパリのサン・ドニ聖堂で家族揃って埋葬できるように、シャルル10世の息子ルイと義理の娘マリー・テレーズの遺骨も返還を要望していると、ドイェン氏が語った。

400px-kostanjevica_crypt

Image: Wikipedia “The crypt with the tombs of Charles X of France and other members of the House of Bourbon.” @ Kostanjevica Monastery

“At a time of great upheaval and economic crisis, this will help reconcile the French with their history. At the moment it’s as if we are missing a piece of our national puzzle,” he said.

「社会不安と経済危機の今の時代に、この移葬がフランス人が自らの歴史と和解する一助になるでしょう。現状は、あたかも国家的パズルの一片が欠けているようなものです」と語った。

Save

Save

Save