ロンドンのV&Aでマリー・アントワネットの椅子を修復し、ほぼオリジナルの椅子の状態に復元した。

vam.ac.ukから抜粋と試訳。

***
The Conservation of Marie Antoinette’s Chair
マリー・アントワネットの椅子の修復

Published: February 17, 2015/2015年2月17日
Author: Zoe Allen

Zoe Allen, Senior Gilded Furniture and Frames Conservator
Phil James, Technician, Technical Services

ゾイ・アレン、金箔家具・フレームシニア修復士
フィル・ジェイムス、テクニカルサービス、技術者

This painted and gilded carved walnut chair is part of a suite of furniture made for Marie Antoinette’s Cabinet Particulier in the palace of Saint – Cloud outside of Paris. It was made by Jean-Baptiste-Claude Sené (1748–1803) in 1788 and was painted and gilded by Louis-François Chatard, (ca. 1749-1819), Both Sené and Chatard were principle chair makers and gilders to Louis the XVI and Marie Antoinette and this chair bears the makers stamp.

この塗装・金箔・彫刻されたウォールナット(クルミ材)の椅子は、パリ郊外、サン=クルー宮殿でマリー・アントワネットのCabinet Particulier用に制作された家具一式のひとつである。ジャン=パブティスト=クロード・セネ(1748年-1803年)が1788年に制作し、ルイ=フランソワ・シャタール(1749年頃-1819年)が塗装・金箔した。両者ともルイ16世とマリー・アントワネットの椅子職人と金箔職人のトップで、椅子に2人の印が押されている。

The V&A have a second chair and the rest of the suite has been scattered; Versailles have one chair, there is one in a private collection and the rest of the suite, a fire screen, a lit de repos (daybed) and a bergère (enclosed armchair), is at the Metropolitan Museum of Art, New York.

V&Aは家具一式の第2の椅子を所蔵しており、その他は各地に散在している。ヴェルサイユ宮殿が椅子一脚、個人が一脚、それ以外の暖炉用スクリーン、リ・ド・ルポ(デイベット)、ベルジェレ(アームチェア)は、ニューヨークのメトロポリンタン美術館が所蔵している。

This post presents a brief description of the conservation treatment that was carried out on the chair in preparation for its display in the new Europe galleries due to open later in 2015.

この記事では、2015年後半に新規開館予定のヨーロッパギャラリーで展示される椅子の修復作業を簡単に紹介する。

The chair has been re-upholstered several times, re-gilded and over-painted. The last intervention was in the 1970’s when it was upholstered in blue swagged fabric and partially painted a greyish blue.

この椅子は何度か布張りが張り替えられ、金箔を貼り上から塗装された。直近は1970年代で、青い垂れ布で布張りされ所々ブルーグレーで塗装されていた。

Image: vam.ac.uk
© Victoria and Albert Museum, London / © Zoe Allen

Gilding
金箔

The gilding on the chair is water gilding, combining both matt and burnished areas, however it is not the original gilding. The gilding was overall in good condition with some flaking and surface dirt.

椅子の金箔は水金箔でマットと光沢の部分があったが、オリジナルの金箔ではない。金箔の状態は概ね良好だが欠けた部分があり表面が埃で汚れていた。

Image: vam.ac.uk © Zoe Allen

Removal of the blue paint
青色塗料の除去

The surface had been overpainted blue/grey to match the 1970’s upholstery and this was removed during treatment.

表面は1970年代の布張りに合わせて上からグレーブルーが塗装されていて、修復の中で除去した。

Image: vam.ac.uk © Zoe Allen

Replacement of losses
欠損部の交換

There were several losses to the carving on the chair, the most visually disturbing being the cresting above the Marie Antoinette initials. The rest of the suite was examined to see if any chairs still had this area intact with a view of making a copy. The only chair with the top still intact was that at Versailles, however, on close inspection the carving was quite different in style. With each piece in the suite being hand carved it could not be expected that any two elements would be exactly the same.

椅子の彫刻部分に数カ所欠損があり、最も目立つのがマリー・アントワネットのイニシャルの上の飾り彫刻の欠けた部分だった。家具一式の他の家具を調査し、椅子の当該部分がオリジナルの状態で残っていて複製できるかどうか調べた。唯一無傷だったのはヴェルサイユ宮殿の椅子だったが、詳細に検証した結果、彫刻の型が異なっていた。どの家具も手で掘ったものであることを考えれば、どの要素もまったく同じということはあり得ない。

We will never know exactly how the missing element appeared therefore the most sensible option seemed to be to copy and make a mirror image of what was already there.

欠損部分を正確に再現することは不可能なので、最も賢明な選択肢は現存する部分を対照的に複製することだと思われた。

Image: vam.ac.uk  © Zoe Allen

Re-upholstery
布張りの再現

As well as the gilding, the structural wooden frame was severely damaged by previous re-upholstery and re-introducing new nails was not an option.

金箔と同様に、過去の布張り修復で構造の木枠はかなり損傷しており、新たに釘を使用することは選択肢になかった。

For the re-upholstery the V&A engaged Xavier Bonnet of Atelier Saint-Louis, Paris, who is an authority on historic upholstery.

布張り修復のために、V&Aは歴史的布張りの権威、パリのアトリエ・サンルイのザヴィエ・ボネ氏に依頼した。

ma_chair_29_13499b84c4a98bc54f217a34344d52cb

Image: vam.ac.uk “Upholstered wooden stretcher-frame” © Phil James

.

Save