BBCから文と試訳。

*
18th Century doll’s house valued by Antiques Roadshow at £150,000
18世紀の人形の家、アンティーク・ロードショーで15万ポンド

27 August 2016 /Last updated at 09:51 BST
2016 年8月27日

Image: BBC

An early 18th Century doll’s house, described as “of national importance”, has been valued by the BBC’s Antiques Roadshow at more than £150,000.

「国の重要文化財にも相当する」と評された18世紀初頭の人形の家が、BBCアンティーク・ロードショーで15万ポンド(2,000万円)を越す値段がつけられた。

It will feature in Sunday’s first episode of the new series of the long-running programme, which was recorded at Tewkesbury Abbey in Gloucestershire.

グロチェスターシャー州テゥークスベリーで撮影され、この日曜日から始まるロングランのTV番組の新シリーズ初回で放送される。

Expert Fergus Gambon said it was “unique” and “one of the most important English baby houses in existence”.

専門家ファーガス・ガンボンは、「他に例を見ない」「現存する最も重要な英国の人形の家のひとつだ」と語った。

The doll’s house was built in 1705 and is extremely well preserved.

人形の家は1705年に製作され保存状態が極めてよい。

In a first for the programme, a camera crew went to film at the home of the object’s owner, after just a few dolls were taken to the recording, which took place in May.

番組初回のために、5月に数体の人形のみを撮影した後、カメラ班は所有者の自宅に行って撮影した。

Mr Gambon, who is the son of actor Sir Michael Gambon, said: “As soon as I saw the dolls I recognised the importance of it.

父が俳優サー・ミカエル・ガンボンであるガンボン氏は、「この人形を一目見ただけで、その重要性に気がついた」と話した。

“And it is quite a large object, it’s extraordinarily fragile, it’s not something that you can just shove in the back of the car and bring over.

「それにかなり大きなもので、非常に壊れやすい。気軽に車の後部に押し込んで運んでくるようなものじゃない」

“So if we wanted to show the viewers what the house was like, this was really our only chance.”

「だから、人形の家がどんなものか視聴者に見せようとしたら、これが唯一の機会だった」

The doll’s house is well-preserved, with the dolls in their original clothes, and was made on the Isle of Dogs for a Miss E Westbrook.

人形の家は保存状態がよく、人形は製作当時の衣装を着ていて、(ロンドンの)アイルオブドッグでミス・E・ウエストブルックのために製作された。

It has been in the owner’s family ever since, being passed down the female line for generations.

それ以降、所有者一族の女系に代々受け継がれた。

Mr Gambon said he had known of the existence of the doll’s house after having seen photographs of it in a book from the 1950s.

ガンボン氏は、1950年代の本に載っている写真で、この人形の家の存在を以前から知っていた。

“I saw the dolls first and I recognised them immediately from the pictures,” he said.

「この人形を見てすぐに写真の人形だと気がついた」と語った。

“The extraordinary thing about the Westbrook is the fact that it’s remained in the family since it was made, and it is essentially a little time capsule.”

ウエストブルック家の素晴らしい点は、この人形の家が製作されたときからずっとこの一家にあったことで、本質的に小さなタイムカプセルだ」

Breaking News
Published on 27 Aug 2016

  • 人形は18世紀初頭(おそらく1705年)から所有者の母方先祖の女系子孫とともに住んでいた。現在の所有者には娘がいない。
  • 他に例を見ない。パネルで仕切られた複数の部屋。すばらしい家具。311年間本質的に変わっていない。おもちゃとして製作されたものなので傷んでいてもおかしくないところ、この状態で保存されていることが感動的だ。

Save