news.artnet.com の記事と試訳

***
Italian State Museums to Donate Ticket Sales to Earthquake Relief
イタリア国立美術館、チケット収入を地震被災地救援に寄付
Italy has declared a state of emergency in the region.
イタリアは被災地で非常事態宣言。

Naomi Rea, August 26, 2016/2016年8月26日

The Italian Minister of Culture, Dario Franceschini, has announced that state museums and archaeological sites across Italy will be donating the proceeds of all ticket sales on Sunday 28 August to help rescue efforts in the regions in central Italy affected by Wednesday’s earthquake.

イタリア文化省ダリオ・フランチェスキーニ文化相は、水曜日の地震で被災したイタリア中央部の地域で実施されている救援活動に、イタリア全国の国立美術館、遺跡での8月28日(日)の入場料の売上げ金全額を寄付すると発表した。

In a press conference yesterday, the minister urged Italians to go to museums on Sunday in “solidarity” with the affected population, reports La Repubblica.

昨日の記者会見で大臣は、イタリア国民に対して日曜日に美術館を訪れ被災者との「連帯」を示すよう呼びかけたとイタリア最大の部数を発行する一般紙La Repubblica(ラ・レプッブリカ)が伝えている。

The 6.2 magnitude earthquake that struck in the early hours of Wednesday morning has thus far claimed 267 lives, with hundreds injured and has devastated the towns of Amatrice, Accumoli, and Arquata del Tronto. This morning, after Amatrice was hit by 4.7-magnitude aftershock, Italy has declared a state of emergency in the region, the Guardian reports.

水曜日未明に発生したマグニチュード6.2の地震で、これまでのところ死者267人、負傷者数百人が伝えられ、アマトリーチェ、アクモーリ、アルクワータ・デル・トロントの町が甚大な被害を受けた。今朝、アマトリーチェでマグニチュード4.7の余震があり、イタリアは被災地で非常事態を宣言したと英国紙ガーディアンが伝えている。

Rescue efforts in the region are ongoing, but it is not just lives that have been claimed by the disaster. Several important sites of cultural heritage, including Roman ruins, the 15th century church of St Augustine, the 13th century Basilica di San Francisco, and approximately 3,000 works of art are thought to have been damaged.

被災地での救助活動は進行中だが、今回の災害で被害を被ったのは人命のみではない。多数の重要文化財も影響を受け、古代ローマの遺跡、15世紀の聖アゴスティーノ教会、13世紀のサン・フランチェスコ大聖堂、そして、3,000件ほどの芸術作品が被害を受けていると見られている。

“There are 293 immovable properties of cultural value collapsed or badly damaged in the radius of 20 kilometers from the epicenter of the earthquake to Lazio, Marche, Umbria, and Abruzzo,” Franceschini said.

「震源地から半径20kmにあるラッツィオ州、マルケ州、ウンブリア州、アブルッツォ州で、293件の移動不可能な文化遺産が倒壊、または、著しく損傷した」と、フランチェスキーニ文化相が語った。

Franceschini’s announcement of the museum donations echoes and extends the pledge made by officials in Turin and the Piedmont Region on Wednesday night to donate their museums’ Sunday takings to cultural reconstruction efforts.

文化相による美術館の寄付の発表を受け、水曜日夜、チューリンやピエドモンテ地域の当局も、地元美術館の日曜日の売上を文化遺産修復活動に寄付るすることを発表した。

“At a time like this, when even the artistic and architectural heritage of the country has been hit hard, it is important to reaffirm the role of culture by making it available to those who are suffering in this terrible tragedy”, Turin city council said in a statement, where they urged the Italian people to mobilize in support of the cause.

「このような時、イタリアの芸術・建築遺産が著しく損傷したときでさえ、このような悲劇にあった人々の役に立つことで文化の役割を再認識することが重要だ」と、チューリン市議会が発表し、国民に被災支援のために結集するよう求めた。

Antonia Pasqua Recchia, Secretary General of the Italian Ministry for Heritage and Cultural Activities, however added that the number of damaged cultural heritage was likely to increase “because the earthquake action expands along the slopes and not in a geometric circle around the epicenter.”

イタリア文化財文化活動省のアントニア・パスクア・レッキーナ事務局長は、損傷した文化財の数は増加する可能性が高く、「それは、地震活動が斜面に沿って広がっており、震源地を中心とする円を描くように広がっているのではないからです」と語った。

“Fifty of these sites have already been subject to a first inspection by the police of the Core Preservation of Cultural Heritage and are largely collapsed,” Fabrizio Parrulli, General Commander of the Carabinieri’s Department for Protection of Cultural Heritage, explained.

「50ヶ所の遺跡がすでに文化財コア保存修復部の警察隊による最重要審査対象になっており、広く倒壊しています」と、国家治安警察隊カラビニエリの文化財保護部ファブリツィオ・パルッリ総司令官が語った。

The crisis unit of the Italian Ministry of Culture has consulted with art experts from the military police to evaluate the damage and agree on a preservation strategy for heritage sites. Franceschini maintained that the cultural plan of action will only be enacted once the emergency has been lifted, saying:

“In such tragedies the priorities are to save lives and give affected communities a way to continue their lives.”

イタリア文化省の危機管理部は、治安警察隊の芸術専門家に助言を求め被害状況を査定し、文化遺産の修復方法について同意している。フランチェスキーニ文化相は文化財修復活動は非常事態宣言の解除後に開始すると断言する。

「このような災害時では、まず人命救助と被災者の生活支援が最優先です」と語った。

However, the minister added that immediate action should be taken in the rubble removal stage of recovery, explaining that the rubble of cultural buildings is indispensable for their restoration and often contains works of art.

ただし、文化相は、修復活動のがれき撤去作業は早期に実施する必要があると語り、それは、文化財建築のがれきは修復になくてはならないものであり、往々にして芸術作品がその中に含まれいるからだと話した。

TORRITA, ITALY AUGUST 26: The statue of the Madonna remains intact in front of the Santa Maria church which collapsed in Torrita, a hamlet of Amatrice, central Italy on August 26, 2016 Italy. Italy was struck by a powerful, 6.2-magnitude earthquake in the night of August 24, 2016, which has killed at least 281 people and devastated dozens of houses in the Lazio village of Pescara del Tronto, Accumoli and Amatrice. (Photo…
イタリア、トッリッタ、8月26日:2016年8月26日、イタリア中央部アマトリーチェの小さな村トッリッタで倒壊したサンタ・マリア教会の正面で、被害を免れて立ち続ける聖母マリア像。イタリアでは2016年8月24日夜、マグニチュード6.2の巨大地震が発生し、ラッツィオ州ペスカーラ・デル・トロント村、アクモリ、アマトリーチェで少なくとも281人が犠牲になり多数の建物が倒壊した。

Pray for Italia

affresco_sant_agostino_amatrice

Madonna in trono con il Bambino / Chiesa di Sant’Agostino (Amatrice)

 

 .

Save

Save

Save

Save

Save

Save