海外記事の試訳です。

***

wsj.com

bn-pi741_0810gy_j_20160810184206

Bronze medalist Max Whitlock of Great Britain, left, gold medalist Kohei Uchimura of Japan, and silver medalilst Oleg Verniaiev of Ukraine during the medal ceremony for the men’s Individual all-around final of the Rio 2016 Olympic Games Artistic Gymnastics events on Wednesday. Photo: European Pressphoto Agency

Rio 2016: Japan’s Uchimura Holds Off Ukraine’s Verniaiev in Men’s Gymnastics All-Around
リオ2016: 日本の内村選手、ウクライナのベルニャエフ選手を寄せ付けず。体操男子総合

Verniaiev nearly dethroned Japan’s gymnastics ‘king’ in a close-fought three-way competition. Max Whitlock of Great Britain took the bronze
ベルニャエフ選手、僅差三つ巴の試合で日本の体操「王者」をあと少しでその座から降ろすことかなわず。英国マックス・ウィットロック選手は銅メダル。

By Louise Radnofsky;
The Wall Street Journal/ウォールストリートジャーナル

Who says there can’t be some nail-biters in gymnastics at the Rio Olympics?
リオオリンピクの体操で、はらはらドキドキする試合などあるはずがないと言ったのは誰か。

Ukraine’s Oleg Verniaiev, a 22-year-old Ukrainian known for his strong promise but inconsistent delivery, almost dethroned Japan’s gymnastics “king” Kohei Uchimura in a close-fought three-way competition for the men’s individual all-around title with Max Whitlock of Great Britain in which no man faltered.
体操男子個人総合決勝のひるむ者のない僅差三つ巴の試合で、しっかりと結果を約束するが結果はまちまちで知られているウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手(22)は、日本の体操「王者」内村航平、英国のマックス・ウィットロックと戦い、あともう少しで内村選手をその座から降ろすところだった。

Uchimura, the 2012 Olympic all-around champion and winner of the last six world championships, had displayed all of his usual polish to defend his title, though he had come here with an even bigger goal: a team title for Japan, which he and his compatriots secured Monday over Russia and longtime rivals China.
2012年オリンピック総合金メダリストで6回の世界選手権覇者の内村選手は、その地位を守るためいつもの磨き抜かれた演技を披露した。ところで、内村選手はリオにはもっと大きなゴール、日本の団体優勝をめざしてやって来ていたが、月曜日にロシアと長年のライバル中国を下して内村選手のチーム日本は優勝した。

“This time was really the trickiest for me, I felt really close to admitting that it might be really difficult,” said Uchimura, who praised his challenger’s strength on rings and parallel bars in particular, areas where he said he was “not very good.”
「今回は自分にとって本当に油断できない試合で、相当厳しいだろうということを認めざるを得ないと感じた」と内村選手が話した。内村選手は特に自分があまり得意ではないと話す吊り輪と平行棒について競争相手の力量を称賛した。

His final routine, on the high bar, was one of his best under pressure as he released the bar to soar, arms out, and catch confidently where even recently it has slipped from his grasp.
鉄棒での最後の技は最もプレッシャーのかかる中での演技だったが、数日前に掴み損ねてすべってしまったにもかかわらず、バーをどうどうと手放して高く舞い上がり両腕を伸ばし、再び掴んだ。

“I was very happy with my performance, I felt that even if I lose, I would be happy,” Uchimura said.
「自分の演技に大満足でした。もし金メダルを取れなかったとしても満足だっとと思います」と内村選手が話した。

But Verniaiev, too, rose to the occasion, holding the lead for several rotations after clean performances on the floor exercise, pommel horse, rings, and with an exceptional Dragulescu vault—two consecutive somersaults in the air followed by a half turn.
だが、ベルニャエフ選手もまた底力を発揮し、床運動、跳馬、吊り輪、そしてすばらしいドラグレスク(前転跳び2回宙返り半ひねり)などあざやかな演技を披露し、いくつかの種目でトップを維持した。

Verniaiev topped 16 points in his parallel bars score, a huge score that he had also obtained in qualifying rounds. And when it was his turn to step to the high bar immediately after Uchimura, he kept his own grip firm and dismounted apparently sure he had done enough.
ベルニャエフ選手は平行棒で予選でも勝ち取った高得点16点で他を引き離した。そして、内村選手のすぐ後の順番だった鉄棒で手堅い演技を見せ、終えた時には満足気な様子だった。

He needed a 14.9 to win outright, and was given a 14.8, several tenths less than he had received for his performance in the qualifying round. He looked disappointed by his score, and the crowd also appeared to be booing that it was too low.
ベルニャエフ選手が優勝するには14.9点が必要だったが結果は14.8点となり、予選の演技で取った点数より小数点以下何点か低かった。自分の点数に不服の様子で、観客も低すぎると不満を表しているようだった。

Later, though, he said he was confident that the scores had been fair, and that he was proud of his achievement for Ukraine in training without the same resources as Japanese or American gymnasts.
ところが、後にベルニャエフ選手は採点は公平だったことを確信していると語り、また、日本やアメリカの体操と同等の資金がない中でウクライナのために達成した結果を誇りに思うと語った。

“I am quite happy that I managed to make Kohei very nervous,” he said. “All the questions are completely superfluous here… There are no weak athletes in this sport but the fact that we compete with this legend, this guy, I think that this is really the coolest thing in the world. I think that today together we managed to put together an amazing show.”
「航平を少し不安にさせることが何とかできてとても嬉しい」とベルニャエフ選手が語った。「この場の記者の質問はみな余計なものだ。。。このスポーツに弱い選手などいないけど、このレジェンド、この男と戦ったという事実は、世界で一番かっこいいことだと思う。僕たちは今日すばらしい演技を共にやりとげることができたと思う」

Ukraine had taken a different approach from Japan to the team competition. The team forfeited four full routines and finished around 60 points behind the seventh-ranked team when member Makysm Semiankiv was injured and the team didn’t replace him.
ウクライナは団体戦で日本とは別のやり方を取っていた。メンバーのマキシム・セミャンキフが怪我をしてチームは代わりの選手を出さず、4種目すべてを失い7位のチームから60点ほどの差で試合を終えた。

Verniaiev said they had learned only minutes before the competition that Semiankiv was unable to perform and the team couldn’t move fast enough for another member to complete his routines.
ベルニャエフ選手によると、セミヤンキフが演技できないことがわかったのは試合のわずか数分前で、他の選手が代わりに演技するように即座に対応できなかった。

We are one team and we never blew a single championship,” he said. “I would never do anything like that.”
「僕たちはひとつのチームでありひとつでも優勝戦を棒に振ることなどしない。僕ならそんなことはしない」と語った。

Whitlock took the bronze medal, narrowly edging out Russia’s David Belyavskiy, in another breakthrough for Britain’s rising gymnastics program. It was the first all-around Olympic medal in men’s gymnastics for the country since 1908, a fact that made Whitlock smile broadly when it was announced in a press conference after the event.
ウィットロック選手はロシアのダヴィド・ベルヤフスキーを僅差で下して銅メダルを取り、実力をつけてきた英国体操プログラムにとってもうひとつの快挙となった。1908年以来英国で初のオリンピック男子体操総合でのメダルで、試合後の記者会見でこの事実が発表されるとウィットロック選手は軽く微笑んだ。

Cuba’s Manrique Larduet had been one of the other possible challengers to Uchimura, after snagging a silver medal behind him at last year’s world championships. Instead he withdrew injured after two of six rotations. He had staggered backward after landing his vault and fell to the mat.
キューバのマンリケ・ラルデュエト選手は、去年の世界選手権で銀メダルを取り内村選手の有力な対戦候補だった。だが、6種目中2種目目で怪我をして棄権した。跳馬の着地でマットに落下し、足を引きずりながら控え室に戻っていった。

***

theguardian.com

54721

Japan’s Kohei Uchimura retained his gold medal, the first to do so in the all-around since 1972. Photograph: Tom Jenkins for the Guardian

Kohei Uchimura retains gold at Rio 2016 as Max Whitlock claims bronze
内村航平、リオ2016で金を維持。マックス・ウィットロックは銅メダル獲得

– Gymnast survives scare in all-around to hold off Ukraine’s Oleg Verniaiev
体操選手、ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手を寄せ付けず総合で恐れを乗り切る
– Whitlock admits to mistake in floor exercise
ウィトロック、床運動でミスを認める

Emma John at the Olympic Arena
Thursday 11 August 2016 01.05 BST
英国時間2016年8月11日 01:05

Spoiler alert: Superman survives. The brilliant Kohei Uchimura retained his legend as the world’s greatest gymnast on Wednesday, but only after the most severe test of his powers in nearly a decade. The man who had led Japan to team gold two days ago was made to wait nervously until the very final routine of the competition as the young Ukrainian pretender Oleg Verniaiev finished 0.099 points behind him – and Max Whitlock became the first Briton to win an all-around medal in 108 years.
スポイラー警告:スーパーマン健在。水曜日、輝かしい内村航平選手は、世界最高の体操選手としてのレジェンドを守り抜いた。ただし、その実力がここ10年ほどの中で最も厳しい試練にさらされてやっとのことだった。2日前に日本を団体金メダル獲得に導いたその人は、試合のまさに最終演技まで、つまりウクライナの若い金メダル候補者オレグ・ベルニャエフ選手が演技を終えて内村選手より0.009点低い得点が確定するまで、不安な思いで待たされた。そして、マックス・ウィットロック選手は英国で108年ぶりに総合メダルを勝ち取った。

Whitlock’s performance was both a fillip and vindication for the men’s team, proof that they continue to take the sport somewhere it has never been before in Britain. “Me and my coach Scott Hann have been working so hard the last four years,” said Whitlock as he beamed with his bronze round his neck. “I wanted to prove myself as an all rounder and I think I’ve fulfilled that.”
ウィットロック選手の演技は男子体操にとって刺激がありながら正当性を主張し、これからもこのスポーツをこれまで英国に決してなかったところへ導く証となった。「僕とコーチのスコット・ハーンはこの4年間必死で努力してきた。」と、ウィットロック選手は銅メダルを首に下げて嬉しそうに話した。「僕は自分が全種目をこなせることを証明したかったし、それが達成できた」

It was an honour too to stand on the podium alongside his hero Uchimura, a man whose routines he watches compulsively on YouTube. “And Oleg, I’ve been competing with him for years, he’s produced phenomenal results, getting massive scores so I feel very honoured to come third to those.”
自分のヒーロー内村選手、その演技をどうしても見たくてYouTubeで見ていた選手と同じ表彰台に立ててとても光栄だった。「それから、オレグは長年競い合ってきて、驚異的な結果を出し高得点を獲得してきた選手で、この2人に続いて3位になったことをとても光栄に思う」

Uchimura is only the second gymnast in history to defend an Olympic gold all-around title, following the example of his compatriot Sawao Kato in 1972. When Uchimura’s story is made into a film – and after this dramatic victory it surely will be – you can only assume it will be anime. The 27-year-old already has the artfully mussed hair and winning smile of a manga hero; and as he proved here, once again, his action skills are unsurpassed.
内村選手は、1972年に加藤沢男選手がオリンピック総合金メダルを死守したのに続き日本で史上2人目の選手となった。内村選手が映画化されるとしたら、そしてこのドラマチックな勝利の後ではきっとそうなるに違いないが、アニメになるにことは間違いないだろう。この27歳の選手は髪型を器用に整え漫画のヒーローのような勝利の笑顔だった。そして、再度リオで証明したように、内村選手の演技技術は上に出るものがいない。

Beauty in motion has been Uchimura’s lifelong pursuit. You might almost say his destiny: his gymnast parents gave him a name that means “peaceful flight”. At 5ft 3in, he is shorter even than the Russian women’s captain Aliya Mustafina. When his team-mates raised their arms to celebrate their gold on the podium earlier this week, they inadvertently lifted him off his feet – but he looks taller as he moves through the air, his body creating long lines and artful curves, his toes as en point as a ballerina.

動きの美しさが内村選手が終始追い求めてきたものだ。これは内村選手の運命だと言えるかもしれない。体操選手だった両親は「平和な航行」という意味の名前をつけた。身長は5フィート3インチ(162cm)、ロシアの女子体操チームリーダーのアリヤ・ムスタフィナより低い。今週、団体戦の金メダルを祝うため表彰台でチームメートが両手を上げた時、うっかり内村選手を持ち上げてしまったが、内村選手は宙を浮くときに背が高く見え、身体が長い線と美しいカーブを描き、つま先はバレリーナがトウシューズを履いているようだった。

The final here boiled down to a contest between Uchimura’s elegance and the strength of Verniaiev, the current European champion who had qualified here in first place. As Uchimura pulled out his usual tricks, the 22-year-old responded with performances of immense power, and a giant show of strength on the rings took him top halfway through the competition.
ここでの決勝戦は内村選手のエレガンスと現ヨーロッパ選手権金メダリストで予選を1位で通過したベルニャエフ選手の力強さの戦いに要約できる。内村選手がいつもの技を使うと、22才のベルニャエフ選手はものすごい力の演技で応え、つり輪の力強い演技で試合の途中まで1位の成績を取っていた。

Between routines Verniaiev pulled the hoodie of his tracksuit up around his head, as if trying to keep out the expectations that were building around him. Uchimura, meanwhile, is not used to chasing after anything other than a few pesky Pokémon. He looked troubled as he moved to the parallel bars, a piece on which gives away a 0.3 point deficit in start value. Verniaiev’s strongest apparatus gave him a nearly a full point lead going into the high bar.
演技と演技の間、ベルニャエフ選手はトレーニングウェアの帽子を頭に引き上げ、周囲の自分に対する期待から離れようとしているかのようだった。一方、内村選手は、やっかいなポケモン以外は何も追いかけることに慣れていない。0.3点負けていて平行棒に移動するときは暗い顔をしていた。ベルニャエフ選手は鉄棒に向かうときには得意の種目で1点近くリードしていた。

Whitlock, meanwhile, has not had the easiest week. Arriving here as a world silver medallist in the all-around, and despite his reputation as an unflappable competitor, his scores have failed to live up to his usual exacting standards. As the athletes were presented before the competition he kept his head down, staring at his feet rather than facing the crowd. But the focus paid off – when the world pommel champion began on his favourite apparatus, a classy double pirouette dismount helped him into a temporary first place.
一方、ウィットロック選手にとってスムースな一週間ではなかった。総合世界選手権銀メダリストとしてリオに入り冷静な選手としての評判にもかかわらず、得点はいつもの自分の厳格な基準に達することができなかった。試合前の選手紹介では下を向き、観客を見ずに足元を見つめていた。だが、それが功を奏したのか、世界トップ選手が得意の器具の演技を始めたとき、華やかなダブル回転で落下してウィットロック選手は一時首位になった。

He stayed in position for a medal throughout, his high-difficulty triple-twist Yurchenko paying off on vault despite a tough landing, his parallel bars score a full half point better than in the team final. But he began his final floor performance a touch frenetically, and something bothered him in his penultimate pass – before he made his final tumble, he visibly shook his head as if to clear it. “It wasn’t so much nerves, I don’t know what happened to be honest, there was a slight mistake but I’m glad I managed to recover it.” Whitlock had no idea of where his rivals were placing. “It just made it so much more tense at the end – it was really tough to be honest.” A score of 15.2 left his fate down to the high bar routines of Uchimura Verniaiev and the fourth-placed Russian David Belyavskiy.
常にメダル圏内を維持し、跳馬で高難度の伸身ユルチェンコ3回半ひねりが着地がスムーズでないにもかかわらず功を奏し、平行棒の得点が団体最終戦で0.5ポイント高かった。ところが、最終の床の演技でかなり動揺し、最後から2番目の技で何かに悩み、最後の宙返りの前にその悩みを振り払うように頭を明らかに振った。「あれはそれほど神経質になっていたわけではないけど、正直、何が起きたのかわからない。わずかなミスだったが挽回できてよかった」ウィットロック選手はライバルの順位を意識していなかった。「最後はかなり緊張していた。正直キツかった」15.2点が内村選手、ベルニャエフ選手、そして4位のロシアのダヴィド・ベルヤフスキー選手の鉄棒の演技がウィットロック選手の運命を左右した。

If there is one thing Uchimura is not good at it is, by his own admission, “sensing pressure”. His routine took him above Whitlock into second place and Verniaiev mounted the bar knowing that he needed 14.899 for gold. He had scored 15.133 in qualification but in the end managed only 14.8.
内村選手の不得意なことがあるとしたら、それは、本人が認めるところの「重圧を感じること」だった。内村選手は演技でウィットロック選手を負かし2位に浮上し、ペルニャエフ選手が鉄棒の演技を始める時には金メダルには14.899点が必要だということを認識していた。予選では15.133点を取っていたが、最終的に14.8点しか取れなかった

The man his fans call “Supermura” is now unbeaten in all-around competition for a record eight consecutive years, cementing his place alongside all-time greats like Kato, Nikolai Andrianov and his personal hero, the Belarusian Vitaly Scherbo.
ファンが「スーパームラ」と呼ぶ内村選手は、今や体操総合試合で初の8年連続優勝を果たし、加藤、ニコライ・アンドリアノフ、本人のヒーロー、ベラルーシのビタリー・シェルボのような偉人の地位を磐石なものとした。

Even Simone Biles, the undisputed face of gymnastics at these Games, has admitted she is starstruck with admiration for him. And it is not over yet – there would be no better poster boy for Tokyo 2020, and Uchimura has already hinted he could go for an unprecedented third all-around title at his home games.
不動のオリンピック金メダリスト体操選手シモーネ・バイルズ選手でさえスター内村選手に憧れていることを打ち明けている。そればかりではない。2020年東京オリンピクのポスターのモデルとしてこれ以上最適な選手はいないだろう。そして、内村選手は体操総合初の3連覇を自国のオリピックで目指すことをすでにほのめかしている。

As for Whitlock, his immediate plans were to phone his fiancee Leah – she is currently on holiday in Spain – and ensure that his bronze kickstarts a medal campaign for the rest of the week’s apparatus finals. “Everyone’s still disappointed [about the team competition] but we have to move on and hopefully this medal can inspired the other guys.”
ウィットロック選手の直近の計画はフィアンセのレア(現在スペインで休暇中)に電話して、自分の銅メダルをきっかけに残りの決勝戦でメダル獲得を鼓舞することを約束することになっている。「みな、未だに(団体競技)を残念に感じているが、僕たちは前に進まなくてはならず、このメダルがみなの励みになることを願っている」

*

【NHKリオ】内村の6種目 全部見せます 体操個人総合決勝
NHK
Published on 10 Aug 2016

***
yahoo.com

Controversy arises after Phelps of gymnastics wins men’s all-around gold
体操のフェルプスが男子総合金メダル受賞後、物議をかもす

Eric Adelson
Aug 11, 2016, 10:39 AM

RIO DE JANEIRO — There was a moment of tension, a moment of shock, a moment of controversy and then a moment of awkwardness.
リオデジャネイロ:緊張の瞬間、ショックの瞬間、論争の瞬間、そして気まずい瞬間があった。

Finally, there was a moment of respect.
最後には、尊敬の瞬間となった。

Kohei Uchimura, arguably the greatest men’s gymnast ever, needed a near-pristine high-bar routine to have a chance at becoming the first to defend an Olympic all-around championship in more than 40 years.
議論の余地なく最も偉大な体操選手、内村航平選手は、40有余年ぶりにオリンピック総合チャンピオンの連続覇者になるチャンスを掴むためには、ほぼ完璧な鉄棒演技が求められていた。

He was pushed to the edge by Ukraine’s Oleg Verniaiev, who was the only one in the competition to score more than a 16 on any one apparatus on Wednesday – a 16.100 on parallel bars. It came down to the last few minutes, with Uchimura jumping up and grabbing the bar and everyone in the arena knowing one error would keep him from history.
内村選手は水曜日の決勝戦で、ただ1人16点以上を取っていた(平行棒で16.100)ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手に、瀬戸際まで追い込まれた。それは最後の数分のことだった。内村選手は高く飛んで鉄棒を握り、アレーナにいた一人一人は一つでもミスをしたら内村選手は歴史的偉業に達成しないことを知っていた。

His routine was a work of art, earning Uchimura a score of 15.800, but Verniaiev still had a clear shot at gold. Even after a slight step on his dismount, he pumped a fist and drew cheers. It looked as if he had pulled the upset, and everyone inside Rio Olympic Arena watched the scoreboard.
内村選手の演技は芸術の域に達し得点は15.800だったが、ベルニャエフ選手はそれでも金メダルの射程距離にいた。最後の着地でわずかに足が前に出ても、ベルニャエフ選手はガッツポーズを取り喝采を呼んだ。あたかもベルニャエフ選手が番狂わせ演じているかのように見え、そしてリオオリンピックアリーナの誰もが得点板を見つめた。

Then, the number: 14.800. He was a tenth of a point short. Silver for Verniaiev.
結果、得点:14.800.  0.1点足りなかった。ベルニャエフ選手は銀メダルだった。

The crowd gasped and groaned. Verniaiev hunched his shoulders in querulousness. Did a single half-step change gymnastics history? Was the score fair? Was this judging malfeasance in a sport known for it?
観客は息をのみ、そして不満の声を上げた。ベルニャエフ選手は不満そうに肩をすぼめた。半歩足が出たことが体操の歴史を変えたのか。採点は公平だったのか。不正行為で知られるスポーツの判定はその通り不正だったのか。

The drama lifted again in the press conference, as one reporter stood to ask Uchimura if the judges had made their marks simply out of personal favoritism.
このドラマは記者会見でも持ち上がった。ある記者が立ち上がり、内村選手に審判たちは単に個人的な好みで点数をつけたのではないかと質問した。

The Japanese star listened to the translation through his headphones, tilted his head and asked the man to repeat his question. The other reporters laughed nervously.
日本のスター内村選手はヘッドフォンで通訳を聞き、頭を傾けて記者にもう一度質問を繰り返すように依頼した。他の記者たちは神経質に笑った。

“Your performance in the last event was very impressive,” the reporter said. “But you won by one tenth of a point. Don’t you have any doubt that this difference is too much? Don’t you feel you have sympathy from referees?”
「先ほどの大会でのあなたの演技はとても印象に残りました」と記者が言った。「ただ、あなたは0.1点差で優勝しました。この差は大きすぎるのではないかと思いませんか。審査員から共感を持たれているのではないかと思いませんか」

It was an accusation draped in a question: Did the judges choose you because of your reputation?
それは質問というベールに覆われた批難だった。審判員はあなたの評判が理由であなたを選んだのではありませんか。

“Have I been shown favor?” Uchimura replied, again through a translator. “Absolutely no. It would never happen.”
「僕が贔屓されていたかですか」と内村選手が通訳を通じて答えた。
「絶対に違います。そのようなことは決して起こりません。」

“There’s no such thing as judges liking a certain athlete or not,” he went on. “We just do our best as we are trying to achieve. We’re all human beings, we all have feelings. But they are professionals; there’s no room for personal feelings to come into that judgment.”
「審判員が特定の選手を贔屓するしないなどということはありません」と続けた。「僕たちは結果を出すためにただベストを尽くすだけです。僕たちはみな人間で、みな感情を持っています。ただし、審判員はプロです。審判に個人的な感情を持ち込む余地などありません」

Now it was up to Verniaiev to respond. He could have raised hell. He could have made the case that he was robbed of the gold, and it could have been a credible case.
今度はベルニャエフ選手が応えるかどうか決める番だ。その場を修羅場にすることもできた。金メダルを奪われたと訴えることもでき、これを信用問題とすることもできた。

He didn’t go there.
ベルニャエフ選手はそこへは向かわなかった。

“We all have feelings,” he said, “but we know the scores are fair. All the questions are superfluous here.”
「僕たちはみな感情をもっている」とベルニャエフ選手が言った。「でも、得点は公平だとみな知っている。この場の質問はみな余計なものだ」

It was a classy gesture by a defeated man, and it seemed a sincere one. He steered further away from the controversy and then added a layer of praise.
それは負けた選手の粋な言動で、誠実なものに見えた。ベルニャエフ選手はその疑念からさらに遠ざかるよう舵を切り、次に賞賛を付け加えた。

“Kohei in gymnastics is like Phelps in swimming,” he said. “We have our own Phelps.”
「体操界の航平は水泳界のフェルプスのようなものだ」と言った。「僕たちには僕たちのフェルプスがいるんだ」

At that, the Japanese media applauded.
そこで、日本のメディアが拍手した。

It was a bit of a strange scene: the pressing question, the applause and there was even a Ukrainian reporter who stood up to say Verniaiev was “our champion.”
それは少し妙な場面だった。唐突な質問、賞賛、そして、ウクライナの記者までが立ち上がりベルニャエフ選手は「我らのチャンピオン」だと言った。

In the end, though, few will remember what came after the athletes left the podium. Uchimura’s history is what everyone will remember.
だが、最終的には、選手たちが演壇を立ち去ってしまえば何が起きたかほとんど誰も覚えていないだろう。内村選手の偉業こそがみなが後々まで覚えていることだ。

“When it comes to the quantity of medals,” Verniaiev said, “he is a legend, he was already a legend.”
「メダルの数ということでは、」とベルニャエフ選手が言った。「彼はレジェンドだ。彼はすでにレジェンドだった」

That much is beyond argument.
その数の多さに関しては、議論の余地はない。

【NHKリオ】外国人記者のいじわる質問に「ムダな質問」 怒ったライバル 体操個人総合

NHK
Published on 10 Aug 2016

***

21:52, 16 August 2016

Congratulaitons, Oleg Verniaiev!!

Ukrainian artistic gymnast Oleg Verniaiev has won a first gold medal for Ukraine in the men’s parallel bars competition at the Olympic Games in Rio de Janeiro, Brazil, on August 16.
Ukraine

unian.info

630_400_1471370325-4963

Image: unian.info

*