nytimes.com/interactive/2016/02/04/arts/dance/から抜粋と試訳

Who Is Benjamin Millepied and Why Is He Leaving the Paris Ballet?

ベンジャミン・ミルピエとはどういう人でなぜパリのバレエ団を辞めるの?

By ROSLYN SULCAS

FEB. 4, 2016/2016年2月4日

Who is Mr. Millepied?
ミルピエ氏ってどんな人?

He’s a star in the dance world who has crossed over into popular culture.

ダンス界のスターでPOPカルチャーにクロスオーバーしている人

The French-born dancer and choreographer went to the School of American Ballet in New York at 15, then joined the New York City Ballet, becoming principal dancer in 2002.

フランス生まれのダンサーと振付家で、15才のときにニューヨークのアメリカンバレエ学校に入学し、その後、ニューヨークシティバレエ団に入団して2002年にプリンシパルダンサーになった。

He worked on the Darren Aronofsky film, “Black Swan” (2011), where he met Natalie Portman, whom he later married. The charismatic Mr. Millepied has been featured in advertisements for Saint Laurent and Dior.

ダレン・アロノフスキー監督の映画「ブラックスワン」(2011)の制作に加わり、そこでナタリー・ポートマンと出会い後に結婚した。カリスマ的なミルピエ氏は、サンローランやディオールの広告に出ている。

Why is he leaving?
なぜ辞任するの?

He says he’s eager to return to his own dance company in Los Angeles, among other projects. And he has recently expressed frustration with the Paris Opera Ballet’s hierarchy, training and lack of diversity.

本人によると、ロサンゼルスの自身のダンスカンパニーに戻りたいということや、他にもプロジェクトがある。そして、近頃、パリオペラ座バレエ団の階級制度や訓練、ダイバーシティの欠如に対して不満を表明している。

What makes the Paris Opera Ballet so special?
パリオペラ座バレエ団の何がすばらしいの?

It is the oldest dance company in the world. It is effectively an outgrowth of the very beginnings of ballet at the court of Louis XIV in the 17th century.

世界で最も古いバレエ団。17世紀ルイ14世の宮廷で始まったバレエから事実上脈々と受け継がれている。

Its dancers — it has around 150 — almost all come from the Paris Opera Ballet School. They rarely leave to dance elsewhere once they have achieved a coveted position in the company, leading to a purity of style and approach.

150名ほどのダンサーは、ほとんどがパリオペラ座バレエ学校出身者。バレエ団で待ち望んだ地位を達成したら他に移籍することは稀で、スタイルや手法の純粋性につながっている。

The company performs at both the beautiful Palais Garnier and the modern Opera Bastille. Although it is considered one of the finest classical troupes in the world, its dancers tend not to be on the international guest-star circuit.

バレエ団は豪華なガルニエ宮とモダンなオペラ・バスティーユで公演する。世界でトップクラスのクラシックバレエ団とみなされているが、バレエダンサーは海外でのゲストスターとしての活動はあまりない。

What impact did he have on the company?
ミルピエ氏はバレエ団にどんな影響を与えたの?

A lot, in a short time.
短期間に多くをもたらした。

Mr. Millepied brought William Forsythe, one of the most important dance-makers working today, to the Paris Opera Ballet as an associate choreographer and collaborator on the new Academy, an in-house training program for choreographer.

ミルピエ氏は、大物の現役ダンスプロデューサーであるウィリアム・フォーサイスを、提携振付家としてパリオペラ座バレエ団に招き、内部の振付家養成プログラムである新アカデミーでコラボしている。

Mr. Millepied’s first season opened with a bang, with a celebrity-filled gala that raised over a million euros. He has established a digital platform for new work, pumped up the company’s social media profile and organized dancer exchanges with the Mariinsky and American Ballet Theater.

ミルピエ氏が初めて手がけるシーズン初日は大成功を収め、多くの著名人が集まったガラ公演で100万ユーロを超す資金を集めた。新作のためにデジタルプラットフォームを立ち上げてバレエ団のソーシャルメディアを強化し、マリインスキーバレエ団やアメリカンバレエシアターとダンサーの交流を企画した。

What is the Paris Opera Ballet losing?
パリオペラ座バレエ団は何を失うの?

A glamorous figure at its head with considerable fund-raising pull, as well as excellent relationships with a new generation of artists and a wide-ranging perspective on the world of dance.

相当な資金集め力のあるバレエ監督として魅力的な人材と、若い世代のアーティストとの優れた関係性と、ダンスの世界に対する幅広い視野。

What’s next for Mr. Millepied?
ミルピエ氏の次の仕事は?

He plans to return to Los Angeles, where he still runs a small contemporary dance ensemble, the L.A. Dance Project. He said he would like to expand the troupe into a larger company, incorporate ballet into its repertory and spend more time choreographing.

今でも運営している小規模なコンテンポラリーダンスグループ、LAダンスプロジェクトのあるロサンゼルスに戻る予定だ。ミルピエ氏によると、そのグループを大きなバレエ団に拡張し、バレエをそのレパートリーに組み込み、振付にもっと時間を割きたいと考えている。

He has two ballets planned at the Paris Opera Ballet for the 2016-17 season, and he plans to supervise coming stagings of his works by the Mariinsky, Pacific Northwest Ballet, American Ballet Theater and La Scala, among others.

パリオペラ座バレエ団の2016-17年シーズンで2作品を振付し、マリインスキーバレエ団、パシフィックノースウエストバレエ団、アメリカンバレエシアター、スカラ座バレエ団、その他で、自身の作品を舞台化する予定だ。

Who is his successor?
誰が引き継ぐの?

Aurélie Dupont, 43, a former Paris Opera Ballet étoile who retired in May.

5月に退団したパリオペラ座バレエ団元エトワールのオーレリー・デュポン(43)。

Ms. Dupont’s entire career has been at the Paris Opera; she entered the Paris Opera Ballet School at 10, and joined the company at 16, progressing to the top rank of étoile in 1998. Mr. Millepied asked her to be a senior ballet mistress after he arrived, but she did not take the position.

デュポン氏は終始パリオペラ座バレエ団でキャリアを積んだ。10歳でパリオペラ座バレエ学校に入学し、バレエ団には16歳で入団、最高峰のエトワールには1998年に昇格した。ミルピエ氏は着任後シニアバレエミストレスになるよう要請したが、デュポン氏はその地位に就かなかった。

Ms. Dupont has no experience running a company, but she does know the troupe inside out.

デュポン氏はバレエ団運営の経験はないが、このバレエ団を知り尽くしている。

***
Screen Shot 2016-08-05 at 21.34.36

nytimes.com/2016/02/11/arts/dance/の原文と試訳

Benjamin Millepied Opens Up on Leaving Paris Opera Ballet
ベンジャミン・ミルピエ、パリオペラ座バレエ団退任について打ち明ける

By ROSLYN SULCAS
FEB. 10, 2016/ 2016年2月10日

PARIS — “No questions?” Stéphane Lissner, the general director of the Paris Opera, asked the 200 or so journalists assembled on Wednesday morning for the announcement of the Opera’s 2016-17 season. There was the briefest pause. “Well, thank you,” he said, leaving the podium immediately with the music director Philippe Jordan and the director of dance, Benjamin Millepied.

パリ:「質問はありませんね」パリオペラ座総監督ステファーヌ・リスネール氏は、水曜日午前にオペラ座の2016年ー2017年シーズンの発表に集まった200名そこそこの取材陣に尋ねた。ほんの一瞬の間があった。「それでは、ありがとうございました」と言い、音楽監督フィリップ・ジョーダンとバレエ監督ベンジャミン・ミルピエとともに素早く演壇を立ち去った。

If Mr. Lissner had not specified that remarks be limited to those about the new season, there would certainly have been a flurry of questions for Mr. Millepied, who announced last Thursday that he would leave his job at the end of the current season. The news reverberated around the dance world and made the front pages of France’s major daily newspapers, Le Monde and Le Figaro. Although Mr. Millepied said he was leaving to focus on his choreography, avid speculation continued about his real motivation.

リスネール氏が次期シーズンに限定していなければ、ミルピエ氏が先週木曜日に今シーズン限りで現職を辞任することを発表したことに関して嵐のような質問が飛んだに違いない。その知らせはバレエ界を騒然とさせ、ルモンドやルフィガロなどフランスの主要新聞のトップッページを飾った。ミルピエ氏は振付に専念するために辞任すると語ったが、本当の動機についての興味津々の憶測が絶えない。

Why exactly did he quit?

辞任の本当の理由は何だったのか。

In an interview in his office at the Palais Garnier the day before the news conference, the French-born but American-trained Mr. Millepied said he had come to realize he was not the right man for the job.

記者会見前日、オペラ座のガルニエ宮でのインタビューでフランス生まれでアメリカでバレエ教育を受けたミルピエ氏は、この職務に適任ではないことに気がついたと語った。

“I knew it was going to be complicated and I tried really hard,” he said. “To face the cultural and economic issues of our time, we need new kinds of organizations, and I’ve realized that it’s too hard to turn this one into what I think is most relevant for ballet today. It’s two and a half years that I’ve worked on this, and I know it’s a short time, but it is long enough to realize this is not something I want to do.”

「初めから一筋縄ではいかないことは覚悟していたし、最大限の努力をした。今の時代の文化的経済的課題に立ち向かうには新しい種類の組織が必要で、今日のバレエに最適だと僕が考えるものにこのバレエ団を変えていくのは難しすぎることに気がついた。2年半かけて取り組んできて短いことはわかっているが、自分が目指すものではないことに気がつくには十分すぎる年月だった。」

He added, “They need someone better suited to run this company.”

「オペラ座はこのバレエ団を運営するのに相応しい人材を必要としているんだ」と付け加えた。

At the time of his resignation he said he wanted to return to Los Angeles with his wife, the actress Natalie Portman, and focus on his own choreography and a small ensemble he founded in 2012.

辞任したら妻で女優のナタリー・ポートマンとロサンゼルスに戻り自身の振付家としての活動と2012年に立ち上げた小規模なダンスグループに専念したいと語った。

Mr. Millepied is to leave the company on July 15, and will be succeeded by Aurélie Dupont, 43, a former Paris Opera Ballet étoile.

ミルピエ氏は7月15日にバレエ団を去り、元パリオペラ座バレエ団エトワールのオーレリー・デデュポン(43)が引き継ぐ。

Mr. Millepied, 38, has brought a glamorous profile and international attention to the Paris Opera Ballet. After he began his directorship in November 2014, he moved quickly to bring about change. He secured William Forsythe as its associate choreographer, commissioned new ballets, established a digital platform for new work, bolstered the Opera’s social media presence and put a new emphasis on fund-raising, with his season-opening gala raising over a million euros. His second season, detailed at the conference, brings an enviable group of contemporary dance-makers, as well as high-profile artists like Tino Sehgal, Olafur Eliasson and Philippe Parreno to the Ballet’s program.

ミルピエ氏(38)は華やかなプロフィールと国際的な注目をパリオペラ座にもたらした。2014年11月にバレエ監督に着任してから早々に改革に取り組んだ。ウィリアム・フォーサイスを提携振付家として確保して新しいバレエを依頼し、新作品のためのデジタルプラットフォームを創設してオペラ座のソーシャルメディアでの存在感を強化し、資金集めに新たに注力してシーズンオープニングガラで100万ユーロを越す資金を集めた。記者会見で発表された2年目のシーズンでは、誰もがうらやむコンテンポラリーダンスプロヂュサーを集め、ティノ・シーガルやオラファー・エリアソン、フィリップ・パレノなど大物アーティストをバレエのプログラムに取り入れた。

Critics of Mr. Millepied have portrayed him as having given up too quickly, abandoning a company that he had promised to remake as a 21st-century troupe. Others have suggested that his departure is a sign that the Paris Opera Ballet — like France itself — is so resistant to change that it defeats anyone trying to bring it about. Another view holds that Mr. Millepied did not sufficiently respect the Opera’s traditions and culture and had suffered a well-deserved fall.

ミルピエ氏の批評家は、断念するにはあまりにも早すぎた、21世紀のバレエ団に再構築すると約束していたバレエ団を放棄したと非難している。また、ミルピエ氏の退任は、フランス自体と同様に、パリオペラ座バレエ団が誰であろうと変革しようとする者を打ち負かしてしまうほど変化に抵抗的だと語る批評家もいる。または、ミルピエ氏はオペラ座の伝統と文化に十分に敬意を払わず、その当然の報いを受けたという見方もある。

“It is not that I didn’t respect the traditions, but I put everything into question,” Mr. Millepied said in a phone call on Wednesday. “I immediately talked to the dancers about the annual competition, and told them I didn’t want them to be ranked in this way. I wanted to cut out one rank from the hierarchy. The idea of questioning the system in those ways was a big deal.”

「伝統に敬意を払わなかったのではなく、すべてに疑問を投げかけたんだ」と、ミルピエ氏が水曜日に電話で答えた。「僕はすぐにバレエダンサーたちと年一度の昇格試験について話し合い、ダンサーたちをこのようにランク付けしたくないと話したんだ。あの階級から一つランクを外そうとした。あの制度にこのようなやり方で疑問を投げかけるという考え方は大波乱を起こした」

Mr. Millepied also drew criticism for what was seen as neglect of the French repertory. Laura Cappelle, a Paris-based dance critic for The Financial Times said, “He came in and judged the existing repertory of the company based on American standards about classical choreography.”

ミルピエ氏は、フランスのレパートリーを無視したと見られていたものに対して批判された。フィナンシャルタイムズ紙のパリ在住ダンス評論家ローラ・カッペルは、「ミルピエ氏は就任してバレエ団の既存のレパートリーを、クラシックバレエの振付に対するアメリカ的標準で判断しました」と話す。

Ms. Cappelle added: “He may be right in an absolute sense, but it felt like he was imposing a view. The French neo-Classical tradition is much more theatrical and less based on musicality than the American tradition. To us, that doesn’t mean it’s substandard, just different. There was a real sense of disappointment that he didn’t take people’s attachment to these works into account.”

カッペル氏は続ける。「ミルピエ氏は絶対的な感覚で正しいのかもしれませんが、見方を押し付けているように見えました。アメリカの伝統に比べ、フランスのネオクラシックの伝統は音楽性に基づくというよりは相当演劇的です。私たちにとってそれは標準以下という意味ではなく単に異なるのです。ミルピエ氏が周囲の嗜好を考慮に入れなかったのは、本当に残念なことでした。」

Some dancers thought Mr. Millepied was too blunt, Ms. Cappelle said, especially when he asked for changes from “people who have been working in certain ways for 20 or 30 years.”

カッペル氏によると、ダンサーの中にはミルピエ氏は無遠慮すぎると感じる人もいて、特に、「20年〜30年間あるやり方で取り組んできた人たち」に変革を求めた時にそう感じたという。

Among other issues, Mr. Millepied has spoken openly about the need for the company and its school to be more racially diverse.

別件では、ミルピエ氏はバレエ団とバレエ学校にはもっと人種的多様性が必要であることを大々的に語っていた。

“I agree with him that diversity should have a place without discussion, but I disagree that there is any prejudice about it within the company,” Mr. Lissner said in an interview last week.

「私は、ダイバーシティが疑問の余地なく必要であることには賛同しますが、バレエ団内に偏見があるということには賛同できません」と、リスネール氏が先週インタビューで語った。

Raphaëlle Delaunay, a mixed-race dancer who went to the Paris Opera Ballet School and danced with the company from 1992 to 1997, said that Mr. Millepied was right to raise the issue.

親が異なる人種のバレエダンサーで、パリオペラ座バレエ学校に通い1992年から1997年までバレエ団に所属したラファエル・ドローネイは、ミルピエ氏がこの問題を取り上げるのは正当だと言う。

“I have never wanted to add to the polemic about the lack of diversity in our institutions,” she wrote in an email, saying that she had been obliged to whiten her skin in certain roles, laughed at for having frizzy hair and been told she was paranoid when she objected. “I’m abandoning that stance today to do justice to the reforms led by Millepied.” She added: “Bravo! Of course it’s polemical; a polemic that many think is useless because the Opera has ‘welcomed’ diversity.” But to cite the few dancers who are of Vietnamese, Moroccan, Algerian or other ethnic heritage, she added, “is a bit like saying ‘I have a black friend’ against an accusation of racism.”

「私は、バレエ団のダイバーシティ欠如に対して議論を加えることは決してしませんでした」とメールに書きながら、ある役のときは肌を白く塗るよう強要され、縮れた髪を笑われ反論するとおかしくなったと言われたという。「ミルピエ氏の改革を評価する立場をもうやめます」さらに、「ブラボー!もちろんこれは論争的です。多くの人が無意味だと思う論争です。なぜなら、オペラ座はダイバーシティを「歓迎」してきたからです」ただし、ベトナム人、モロッコ人、アルジェリア人など民族系の少数の団員に言及し、「人種差別という批判に対抗して「私には黒人の友人がいる」と言っているようなものです」

Mr. Millepied has also run into trouble over his remarks about the quality of the company’s dancing in the classics. In the documentary “Relève,” broadcast in December on the French television channel Canal Plus, he said he did not want the corps de ballet to serve as wallpaper, but to dance as individuals; a comment that was widely circulated as an example of rudeness to the dancers. He also remarked in the documentary that the Paris Opera Ballet is not the best classical company in the world as is commonly stated in the press here.

ミルピエ氏も、バレエ団のクラシックバレエの質に関する自身の言及に関して、困難に遭遇した。12月にフランスのTVチャンネル「チャネルプリュス」で「ルルヴェ」というドキュメンタリー番組が放送された時、コールドバレエに壁紙ではなく個人個人として踊らせたいと語った。そのコメントは、バレエダンサーに対する暴言の一例として広まった。また、ミルピエ氏は、パリオペラ座バレエ団はフランスで報じられているような世界最高峰のクラシックバレエ団ではないとドキュメンタリーの中で語った。

“When I arrived, there was too much of that attitude,” he said on Tuesday, “and my goal was to see first-rate performances. I am not against people being together and in line, as I keep reading. But we are not the Rockettes.” He added: “In every company there is a group of upset dancers, but that’s not the majority,” he said. “I did not have a bad reaction at the time.”

「着任した当時、そういう態度があまりにも多かった」とミルピエ氏が火曜日に語った。「僕のゴールは最高レベルのパフォーマンスを見ることだった。ずっと読んでいるように、集まったり一列になることに反対はしない。でも、ロケットダンサーじゃないんだ」「どのバレエ団にも不満を抱くダンサーはいるが、多数派ではない。」「当時、悪い反応はなかった」

Mr. Millepied isn’t the first Paris Opera Ballet director to run into trouble quickly. Roland Petit’s tenure lasted less than six months. John Taras and Claude Bessy made it a year; Violette Verdy and Rosella Hightower three years; Rudolf Nureyev a stormy six years. Ariane Dollfus, a journalist who has written a biography of Nureyev, said Millepied wanted similar changes to the rules as Nureyev. “These dancers are protected and cocooned since they are children, and Millepied and Nureyev are people who have taken care of themselves. A Paris Opera dancer can’t grasp the idea of being a self-starter.”

パリオペラ座バレエ団監督で早々に問題に遭遇したのは、ミルピエ氏が初めてではない。ローラン・プティは6ヶ月もたなかった。ジョン・タラやクロード・ベッシーは1年続いた。ヴィオレット・ヴェルディとロセラ・ハイタワーは3年、ルドルフ・ヌレエフは荒々しい6年を過ごした。ヌレエフの伝記を書いたジャーナリストのアリアーネ・ドルフスは、ミルピエ氏はムレエフと似たような規則の変更を望んでいたと言う。「ここのバレエダンサーたちは子供の時から保護され外界から守られていました。ミルピエやヌレエフは自分で道を切り開いてきました。パリオペラ座のバレエダンサーは物事を率先してやるという概念を理解できないんです」

Mr. Millepied said he hoped to continue to have a close relationship with the company. “There is a beautiful tradition of ballet here, with charm and musicality and elegance,” he said. “I really wanted to bring back the great tradition of French ballet.”

ミルピエ氏はバレエ団と緊密な関係を継続することを望んでいると語った。「ここには、魅力と音楽性とエレガンスのあるすばらしいバレエの伝統がある。僕は、フランスバレエの偉大な伝統を取り戻したかった」と語った。

*****

Save

Save