Larry the Cat
The Chief Mouser to the Cabinet Office
内閣府ネズミ捕り長官
ネコのラリー

.

証拠写真

.

この写真、だれも見ないって約束してたのに!

.

我輩の執事が入れ替わって、どうも世間が我輩のことで騒々しいようだ。

.

BBCより

Larry the cat escapes Downing Street eviction
ネコのラリー、ダウニング街退去を免れる

12 July 2016/7月12日

Larry the cat is to keep his job – and home – in Downing Street after it was confirmed he would be spared eviction when David Cameron leaves on Wednesday.
デイビッド・キャメロン氏が水曜日にダウニング街を去るが、ネコのラリーは撤退を免れ、ここでの仕事と住まいを継続することになった。

The furry feline has been a familiar face on the steps outside Number 10’s black door since he moved in, in 2011.

ラリーは2011年にダウニング街10番地首相官邸に引越してきて以来、お馴染みの顔になった。

And the “chief mouser” will stay when Theresa May replaces Mr Cameron as UK prime minister.

「ネズミ捕り長官」のラリーは、テリーザ・メイ氏がキャメロン氏の後継として英国首相になっても留まるとになる。

“It’s a civil servant’s cat and does not belong to the Camerons – he will be staying,” a government spokesman said.

政府報道官は、「ラリーは公務員のネコでキャメロン家のものではなく、このまま留まります」と語った。

The tabby cat, from London’s Battersea Cats and Dogs Home, was brought in to Downing Street in 2011 tasked with tackling a rat problem, after a large black rat was seen scuttling past the No 10’s front door in the background of a live TV broadcast.

ロンドンのベターシー犬猫保護センターにいたラリーは、2011年にダウニング街に連れてこられてネズミ問題に取り組むことになった。ダウニング街10番地のTV中継中に、大型の黒ネズミが走り回るのが映し出されていた。