オニール八菜さんが、後半でワガノワメソードとオペラ座バレエの違いを語っています。

原文:
http://www.culturekiosque.com/dance/inter/hannah_o_neill991.html

意訳です。

***

INTERVIEW: HANNAH O’NEILL
オニール八菜インタビュー

By Patricia Boccadoro

25ans page 2. #dior

A photo posted by Hannah O'Neill (@hannah87oneill) on

.

PARIS, 16 JUNE 2016 — “As far back as I remember” said Hannah O’Neill, “my dream was to be part of the Paris Opera Ballet which I think is the most beautiful company in the world. It’s the definition for ballet for me; I have all the DVDs of the troupe I could find.” In 2013, 20-year-old O’Neill, born in Japan, resident of New Zealand, and trained at the Australian Ballet school, not only realized that dream, entering the company as quadrille, the lowest rank, but two years later found herself dancing the role of the Swan Princess in Rudolf Nureyev’s production of Swan Lake, programmed at the Opéra Bastille. More recently, she has triumphed as Gamzatti in Nureyev’s sumptuous Bayadère, attracting the attention of two of the world’s most famous choreographers along her way. How did that happen at the Paris Opera, one of the most hierarchical troupes in the world?

パリ、2016年6月16日:「物心ついてからパリオペラ座バレエ団に入団することが私の夢でした。世界でもとても素晴らしいバレエ団だと思います。私にとってバレエとは何かを教えてくれるところです。見つけたDVDはすべて持っています。」とオニール八菜が語る。日本生まれ、ニュージーランドの市民、オーストラリアバレエ学校出身のオニールは、その夢がかないクワドリル(最下ランク)としてバレエ団に入団したばかりか、2年後の2013年、20才でオペラバスティーユの舞台で、ルドルフ・ヌレエフ振付の「白鳥の湖」の主役、白鳥の王女を踊った。最近では、ヌレエフの瀟洒な「バヤデール」でガムゼッティを踊って大成功を収めて、世界で最も著名な振付家の2作品で注目を集めた。他のバレエ団に比べて階級制度がしっかりしてるパリオペラ座で、どのようにしてこのような偉業を成し遂げたのか。

I met her at the Palais Garnier in Paris on her return from Saint Petersburg, where she had been invited to dance Gamzatti in Petipa’s original staging of the Bayadère, to talk about her meteoric rise in the international dance circuit.

私はサンクトペテルスブルグから戻ったばかりのオニールに、パリのガルニエ宮で会った。サンクトペテルスブツグでは、招待されてプティパ版オリジナルの「バヤデール」でガムゼッティを踊った。そのオニールに、バレエ界で国際的に流星のごとく出世していることについて話を聞いた。

To begin with, Hannah O’Neill is beautiful. She possesses the slender figure and delicate traits of her Japanese mother coupled with the athleticism and steely strength of her rugby-man father, born and bred a New Zealander. If one adds to that her passion for dance aided by an innate musicality and a rare, indefinable quality which distinguishes the true artiste, it seems that the gods had smiled upon her from birth.

まず、オニール八菜はすばらしい。すらっとした体型に、日本人の母親譲りの繊細さと、ラグビー選手だった生まれも育ちもニュージーランドの父親の運動神経と鋼のような体力を併せ持つ。さらに付け加えるなら、生来の音楽性と、本物のアーティストを際立たせる類稀な定義しがたい資質に裏打ちされたバレエに対する情熱をもち、どうやら神様は生まれた時からオニールに微笑みかけていたようだ。

“There was nothing special about my early childhood in Tokyo”, she told me. “My two brothers and I grew up as normal Japanese kids, doing all the usual activities with lots of sports, ballet included, for me. The Paris Opera dancers are adulated in Japan and dance for me became synonymous with Paris. Then when I was 8, my father got injured and wanted to go back home to Auckland where he became a rugby coach. ”

「東京での子供時代は、何も特別なことはありませんでした。2人の兄弟と普通の日本人として育ち、スポーツや私の場合はバレエなど普通の生活をしていました。日本ではパリオペラ座のダンサーはもてはやされていて、私にとってバレエはすなわちパリと同意語でした。その後、8才の時に父が怪我をしてオークランドにもどりラグビーのコーチになりました。」

“I attended a normal school in Auckland, continuing my dance studies and then when I was 13, I sent a video to audition for the Paris Opera School which unfortunately didn’t impress Elisabeth Platel!   It wasn’t very nice to be rejected, but then I went on to win the Youth American Grand Prix and was offered a full scholarship for the Australian Ballet School”.

「オークランドで普通の学校に通いながらバレエを続け、13才になっって、パリオペラ座バレエ学校にビデオを送ったのですが、残念ながらエリザベス・パルテルの印象に残らなかったようです!合格しなかったのはがっかりしましたが、その後、ユースアメリカングランプリで入賞しオーストラリアバレエ学校でのスカカラーシップをいただきました。」

Her first teacher was Irina Konstantinova, a former principal of the Mariinsky Ballet, who taught the Vaganova method in favour there. Subsequent teachers were Lynette Wills, former principal of the Australian Ballet, and then Marilyn Rowe who coached her for the Prix de Lausanne which she won in 2009. Being happy where she was, she completed her training in Melbourne, but then came to Europe to see performances at both the Royal Ballet in London and the Paris Opera.

最初の教師は元マリインスキーバレエ団プリンシパルのイリーナ・コンスタンティノワで、当地で好まれていたワガノワメソードを教えていた。次の教師は元オーストラリアバレエ団プリンシパルのリネット・ウィルス、そして、次の教師マリリン・ロウ (現同校校長)師事のもと2009年にローザンヌ国際バレエコンクールで入賞した。オーストラリアでの日々は満足なものだったが、メルボルンでの訓練を終えた後、ヨーロッパに来てロンドンのロイヤルバレエ団とパリオペラ座の舞台を見た。

“I still hoped to have a chance to enter the French company but came fourth in their external auditions and was rejected again”, she said ruefully, “but then a miracle happened when I was halfway home, changing planes in Singapore and feeling a little depressed. I got a phone call from Laurent Hilaire, offering me a seasonal contract!”

「当時もやはりオペラ座バレエ団に入団を希望していたのですが、外部オーディションで4位となり、再び落ちてしましました」とオニールは悲しそうに話す。「ところが、奇跡が起きたんです。オーストラリアに帰国する途中シンガポールでフライトを乗り継ぎましたが、やや気が滅入っていたところへ、ローラン・イレールから電話があり、短期契約のオファーがあったんです!」

Very excited, O’Neill moved to Paris as ‘stagiaire’, a dancer on a temporary contract, but not speaking French and not fully understanding her position which she soon realized when standing in the wings most nights instead of dancing.  It wasn’t exactly what she had been dreaming of. Dispirited, but encouraged by her parents who knew that her heart was set on the Paris Opera company, she nevertheless took the external audition for the company a second time, but when passed over yet again was on the point of giving up when Hilaire programmed her in the third act of The Bayadère.

オニールは胸弾ませてパリに戻り、仮契約のバレエダンサー「スタジエール」になった。ただ、フランス語が話せずその地位を完全に理解しておらず、間もなく、ほぼ毎晩、踊るのではなく舞台袖で立っているだけだったときに、その意味に気がついた。それは、オニールが夢見たことではなかった。意気消沈したが、パリオペラ座バレエ団に憧れを抱いていたことを知っていた両親に励まされ、オニールはともかく2回目の外部オーディションを受けた。再び合格せず諦めかけていたときにイレールが「バヤデール」の第三幕にオニールを抜擢した。

“My disappointment and homesickness disappeared overnight and I almost began to think my troubles were over”, she admitted, “but I fell on stage!  Yes, my leg just gave way under me in the biggest crisis of nerves I’ve ever had … and I trust, will never have again. I was heart-broken. I thought my career was over before it had begun! But then I finally got a place in the company in 2013.”

「失望感とホームシックは一夜で消えてなくなり、辛い日々は終わったかに見えました。」と語った。「ところが、舞台で転んでしまったのです!そう、足が邪魔をして、これまでで最大の危機に陥りました。そして、もう二度とチャンスはないだろうと思いました。とても気落ちしました。私のキャリアは始まる前に終わってしまったのだと思いました。ところが、2013年にとうとうバレエ団に正式に入団することができました」

That was an exceptional achievement in itself as she was in competition with girls selected and trained at the opera’s own school, but then, allowed to compete in the annual concours, she was promoted to coryphée in 2014, the same year she won the silver medal at Varna, passing as sujet in 2015, and première danseuse in 2016.

それは、破格の出世だった。オペラ座所属バレエ学校に選抜されて入学し学んできたバレエダンサーの中で競い、年に一度の昇格のための内部コンクールに出場する資格を得て、2014年にはコリフェになり同年にヴァルナ国際バレエコンクールで銀賞を受賞し、2015年にはスジェ、そして2016年にプルミエ・ダンスールに上り詰めた。

“I am just so relieved that my time of competitions is over”, she said. “Coming from New Zealand, I had to show that I was there, but it was getting harder and harder. I did enjoy being in the corps de ballet, but now as a soloist I will have the opportunity to develop roles and hopefully to dance everything. There are so many choreographers I’d like to work with.”

「競争しなければならない時期が終わって、本当にホッとしています」と話す。「ニュージーランドから来て、存在感を示さなければなりばせんでしたが、それが徐々にきつくなっていきました。コールドバレエで踊るのも好きでしたが、ソリストとなった今、役柄の幅を広げる機会に恵まれ、できればすべてを踊れるといいと考えています。踊りたい振付家がたくさんいます」

“Aready Pierre Lacotte has been extremely supportive and I believe he was also behind my gaining the Carpeaux prize as he was on the jury.  I loved dancing both his Paquita and Celebration, while working with William Forsythe was quite an experience, he has such incredible energy.  I also love all of Rudolf Nureyev’s choreography for the grand classics even if the steps are harder, being a little more tricky than any other version. It’s such an incredible feeling when you’ve grasped that certain coordination. If you can dance them, you feel you can dance everything, as for instance, when I danced at the Mariinsky in Saint Petersburg last week. The director, Yuri Fateyev, invited me to dance the Petipa version and I found it so easy I felt I was cheating! But being at the Mariinsky was such a joy; I spent 4 magical days there which was a real morale booster.”

#Repost @ikaubert with @repostapp. ・・・ Hannah O'Neill et Pierre Lacotte @hannah87oneill

A photo posted by Hannah O'Neill (@hannah87oneill) on

.

「ピエール・ラコット先生は前から非常に目をかけてくださり、おそらくカルボ賞を受賞できたのは審査員だったラコット先生のお陰だと思います。ラコット振付の「パキータ」と「セレブレーション」は大好きです。一方、エネルギッシュなウィリアム・フォーサイスはなかなか勉強になります。ルドルフ・ヌレエフ振付のクラシックバレエは、ステップが複雑で他の振付に比べて難しいのですがやはり好きです。そのようなあるコーディネーションを掴むとわくわくします。そのようなバレエを踊ることができれば、なんでも踊れるような気がしてきます。たとえば、先週、サンクトンペテルスブルグのマリインスキー劇場で踊った時もそうでした。芸術監督のユーリ・ファテイエフが招待してくださってプティバ版を踊りましたが、まるで騙されたかのように楽に踊れました。ともかく、マリインスキーバレエ団に出演したのは嬉しい限りで、4日間は夢のように過ぎ士気が高まりました」

As she was trained in the Vaganova/Australian method, I asked Hannah O’Neill whether or not she found it hard to adjust to the French style, if indeed there was still a French style.

オニール八菜はオーストラリアのワガノワメソードで学んだので、そのようなものがあるとしたらだが、フランスのスタイルに調整するのは難しくなかったかきいてみた。

She replied that the general use of the upper body, the “épaulement”, was different in Paris. The French dancers were more sophisticated, more feminine and elegant and gave a lot of attention to detail, while greater emphasis was given to the footwork. But as far as adjusting to that, she was and had been greatly helped by the teachers, particularly by Agnès Letestu who coaches her.

オニールによると、上半身の使い方「エポールマン」はパリでは違う。フランスのバレエダンサーの方が洗練されていてフェミニンでエレガント、足元の動きを強調する一方細かいところに着目する。そのようなスタイルに調整するにあたり、オニールは教師に非常に助けられ、特に、師事しているアニエス・レテステゥから大いに学んでいる。

In addition to dancing in Saint Petersburg, the young ballerina will shortly be leaving for Moscow where she will dance Millepied’s La Nuit s’Achève with Hugo Marchand, the recently promoted premier dancer, followed by the pas de deux from Esmeralda in New York.

サンクトペテルスブツグに引き続き、まもなくモスクワへ飛びミルピエ振付の「夜の終わり」を最近プルミエダンサーに昇格したユーゴ・マルシャンと踊り、さらに、ニューヨークで「エスメラルダ」のパドドゥを踊ることになっている。

“I want to dance works by Roland Petit, Mats Ek, Béjart, Neumeier, Robbins, everything! Especially Giselle! At this point in my life, it’s important to be dancing the most challenging things possible, but,” she repeated, “never in competitions which I was obliged to do to get where I am! ”

「ローラン・プティやマッツ・エク、ベジャールやノイマイヤー、ロビンスなどすべて踊りたいと考えています。特に、ジゼルです。私のキャリアの中で、今、難しい役を踊ることが重要なんです。ただし、今の地位を得るために必要だったコンクールはもう結構です!」と繰り返した。

[ミルタ]

Tonight, Last time ruling over this Giselle! @amandinealbisson

A photo posted by Hannah O'Neill (@hannah87oneill) on

.

[ジゼル]

.

Meanwhile, having arrived in France knowing no one and without speaking any French, she is now fluent, and being adaptable with an attractive easy-going personality, she also has a firm circle of people she can count on here as well as at home in Australia.

ところで、知人もなくフランス語もわからないままフランスに来たオニールだが、今やフランス語を流暢に話し、魅力的なイージーゴーイングの性格で適応力があり、ここフランスにも出身地オーストラリアにも頼れる人たちがいる。

“I have also got to know  a cousin of my aunt’s who lives in Paris”, she told me, “Not only was I happy to meet her as being someone I can talk to, but she is in the contemporary art world and often invites me to previews at art exhibitions which I really enjoy. Apart from that, I adore going to see the All Blacks and simply being out and about with friends.

「パリに叔母の従兄弟がいることがわかりました。話しができる相手ができてよかっただけでなく、その親戚はコンテンポラリーアートの世界に携わっていて、よく美術展のプレビューに誘ってくれます。その他にも、オールブラックスを見に行ったり、友人とちょっと出かけるのも楽しんでいます」

ABC News (Australia)
Uploaded on 24 Jul 2011
オーストラリアバレエ学校の18才のオニール八菜が、世界でトップクラスのパリオペラ座で受け入れられたことを、オーストラリアABCニュースが伝えている。教師がオニール八菜には天性の才能があると語っている。