theguardian.com から、記事と試訳

*****

The Next Rembrandt
Published on 5 Apr 2016

*

‘New Rembrandt’ to be unveiled in Amsterdam
「新たなレンブラント」アムステルダムで一般公開

Portrait is not a lost work by Dutch master but a 3D printed painting made by software that distilled the features of a Rembrandt
肖像画は失われていたレンブラントの作品ではなく、ソフトウェアがレンプラントの特徴を抽出して3Dプリンターで作成した。

Mark Brown
Tuesday 5 April 2016
2016年4月5日火曜日

If people think the portrait of a 17th-century thirtysomething man in black hat and white collar looks unmistakably like a Rembrandt, then Bas Korsten will be a happy man. The painting’s true creators are, however, data analysts and computers.

黒い帽子と白い襟、30代の17世紀の男の肖像画が、紛れもなくレンブラントに見えるとしたら、バス・コルシュテン氏が喜ぶだろう。ただし、この肖像画の本当の制作者はデータアナリストとコンピュータだ。

On Tuesday in Amsterdam, an artwork called “the Next Rembrandt” will be unveiled for the first time.

アムステルダムで火曜日、「Next Rembrandt」という名の作品が初めて一般公開される。

It is the result of an 18-month project which asks whether new technology and data can bring back to life one of the greatest, most innovative painters of all time.

これは、最新テクノロジーとデータで史上最も偉大で革新的な画家を蘇らせることができるかを追求した18ヶ月に及ぶプロジェクトの成果だ。

Advertising executive Korsten, whose brainchild the project was, admitted that there were many doubters. “The idea was greeted with a lot of disbelief and scepticism,” he said. “Also coming up with the idea is one thing, bringing it to life is another.”

このプロジェクトの生みの親、広告代理店エグゼクティグのコルシュテン氏は、懐疑的な意見も多かったと打ち明ける。「この案には多くの懐疑的な意見がありました。また、案を着想することと、それを実現することは別だという意見も多数ありました。」と語った。

The project has involved data scientists, developers, engineers and art historians from organisations including Microsoft, Delft University of Technology, the Mauritshuis in The Hague and the Rembrandt House Museum in Amsterdam.

プロジェクトには、マイクロソフト社、デルフト工科大学、デン・ハーグのマウリッツハイス美術館、アムステルダムのレンプラントハイス美術館から、データサイエンティスト、開発者、エンジニア、美術史研究者が参加した。

The final 3D printed painting consists of more than 148 million pixels and is based on 168,263 Rembrandt painting fragments.

完成した3Dプリントの絵画は、1億4,800万画素以上で構成され、16万8,263個のレンプラントの絵画の断片に基づいて製作された。

Some of the challenges have been in designing a software system that could understand Rembrandt based on his use of geometry, composition and painting materials. A facial recognition algorithm was then used to identify and classify the most typical geometric patterns used to paint human features.

難関だったのは、レンブラントが使用した形状や構成、絵の具の素材に基づいてレンブラントの絵画を理解できるソフトウェアシステムを構築することだった。そこで、顔認識アルゴリズムを採用して、人物像の顔の造作を描くときの最も典型的な幾何学図形を特定・分類した。

Korsten stressed the project was not trying to create a new Rembrandt. “We are creating something new from his work. Only Rembrandt could create a Rembrandt.”

コレシュテン氏は、プロジェクトでレンブラントの新作の制作を試みたのではないことを強調した。「レンブラントの作品をもとに新しいものを制作しています。レンブラントはレンブラントだけが制作できるのです。」

There have been – and will be – critics of the project, said Korsten, people who object to having their idol messed with.

これまでも、そしてこれからも、プロジェクトを批判する人はいる。自分の大切なものに干渉されていることに反対する人たちだと、コルシュテン氏が話す。

But many more “have embraced this as a way of getting to know more about Rembrandt and what made Rembrandt Rembrandt,” he said. “It is a way of keeping the great master alive.”

一方、多くは「このプロジェクトを、レンブラントをより深く知るための、何がレンブラントをレンブラントたらしめているかを知るための方法として受け入れています。これは絵画の巨匠を生かし続ける一つの方法なのです」と、コルシュテン氏が語った。

Many art historians, including the directors of the Mauritshuis and Rembrandt’s house were on board and provided significant help.

マウリッツハイス美術館やレンプラントハイス美術館の館長など多くの美術史研究者がプロジェクトに参加し、多大な支援を行った。

The art historian Gary Schwartz called it “a fascinating exercise in connoisseurship”. He added: “The developers deserve credit for setting themselves to identify the features that make a Rembrandt a Rembrandt.

美術史研究者のゲイリー・シュワルツ氏は、プロジェクトを「芸術品鑑定における魅力的な試みだ」と話す。さらに、「レンブラントをレンブラントたらしめている特徴を、自ら特定することができるようにした開発者は賞賛に価する。」と語った。

“While no one will claim that Rembrandt can be reduced to an algorithm, this technique offers an opportunity to test your own ideas about his paintings in concrete, visual form.”

「レンブラントを一つのアルゴリズムに縮小することなどこれからも誰にもできないが、この技術はレンブラントの絵画に関する解釈を具体的に目に見える形にすることを試みる機会となる。」

Prof Joris Dik, who led the Delft University of Technology team, said: “There’s a lot of Rembrandt data available – you have this enormous amount of technical data from all these paintings from various collections. And can we actually create something out of it that looks like Rembrandt? That’s an appealing question.”

デルフト工科大学のグループリーダー、ヨリス・ディック教授は、「レンブラントに関する多くのデータ、様々な美術館にあるすべてのレンブラント絵画に関する膨大な量のテクニカルデータがあります。そこから実際にレンプラントに似たものを作り出すことができるのでしょうか。なかなか魅力的な課題です」と語った。

The idea was developed by the advertising agency J Walter Thompson in Amsterdam for its client, ING Bank. “They wanted us to match its innovation in the banking world in the domain of art and culture,” said Korsten, the agency’s executive creative director.

このプロジェクトは、アムステルダムにある広告代理店 J ウォルター・トンプソンが、顧客であるING銀行のために開発した。「ING銀行の要望は、金融業界のイノベーションを芸術文化の領域に当てはめることでした」と、広告代理店のエグゼクティブ・クリエイティブ・ダイレクター、コルシュテン氏が話す。

He hopes the project will be the start of a conversation about art and algorithms. “If you look at how music has embraced the computer, why doesn’t that happen in visual arts?

コルシュテン氏はプロジェクトが芸術とアルゴリズムについての会話の出発点となることを期待している。「音楽がどのようにコンピュータを取り込んできたかを考えれば、ビジュアルアートにもあっておかしくないでしょう」

“It has taken some perseverance. There have been many moments when we’ve thought we’re not going to make it … it’s too overwhelming, there’s too much information, too much data. But I think we have something decent to show people.”

「プロジェクトでは忍耐力を必要としました。成功しないかもしれないと思う時が何度もありました。あまりにも多くの情報やデータに圧倒されました。でも、今は、まともなものを一般公開できると考えています。」