theartnewspaper.comから記事と試訳。

***
News
France and Britain prepare for battle over Joan of Arc’s ring
フランスと英国、ジャンヌ・ダルクの指輪をめぐって戦闘準備

Jewel sold in UK for £300,000 last month has left the country—but did it have an export license?
先月英国で30万ポンドで売却された指輪は、英国を離れた。ーただし、輸出ランセンスはどうなっているのか。

by Martin Bailey  |  16 March 2016
2016年3月16日

59141-s

Image: timelineauction.com

A dispute may be about to blow up between France and Britain over a ring that once belonged to the Medieval French heroine, Joan of Arc.

かつて中世フランスのヒロイン、ジャンヌ・ダルクが所有していた指輪をめぐり、フランスと英国の間で論争が巻き起こりつつある。

The ring sold for nearly £300,000 at the London/Harwich-based TimeLine Auctions last month, but questions have arisen over the legality of its export. If no licence was granted, the British authorities are likely to ask for it to be returned.

指輪はロンドン/ハーウィッチのタイムラインオークションで、先月、30万ポンド(4800万円)で落札された。だが、輸出に関して法に則っているかどうかが疑問視されている。仮にライセンスが未発行の場合、英国当局が返還を求める可能性が高い。

ring

Image: timelineauctions.com

Gaëtan Favreau, a spokesman for the Puy du Fou theme park, which acquired the piece of jewellery, tells The Art Newspaper that “the ring is now in France”. He has “touched” the ring and says it “probably has an export licence”. Favreau says there was no attempt to hide the fact that the ring is now in France (invitations to a ceremony to unveil the ring have been issued) and that he believes the ring was there legally.

指輪を落札したテーマパークのピュイ・デゥ・フーの広報担当ゲートン・ファヴロー氏がアートニュースペーパーに語ったところによると、「指輪は現在フランスにあります。」ファヴロー氏は指輪に「触れて」おり、「おそらく輸出ライセンスは取得しているでしょう。」指輪が現在フランスにあるという事実を隠蔽しようとしたつもりはなく(指輪を公開する式典への招待状は発送済み)、指輪は合法的にフランスにあると信じているとファブロー氏が語った。

However, the official guidance states that for items which may be of national importance (including those closely connected with the UK’s history) the time taken to issue a licence “will normally be 28 working days”. A licence is required for antique items, such as the ring, if they are worth over £39,219 and have been in the country for at least 50 years.

ところが規定によると、国家的に重要な品目(英国史に密接に関係するもの等)は、ライセンス発行に「通常、28営業日かかる」となっている。39,219ポンドを超える価値があり、50年以上英国に存在した指輪のようなアンティーク品にはライセンスが必要になる。

The ring came up for sale at TimeLine Auctions on 26 February, with an estimate of £10,000-£14,000. Competition was fierce, and it sold for £297,600 (with buyer’s premium). The buyer was the Puy du Fou Espérance Foundation, which supports a historical theme park near Nantes, in western France. Puy du Fou attracts around 1.5 million visitors a year.

指輪は2月26日にタイムラインオークションで競売にかかり、1万ポンドから1万4000ポンドの落札価格が見込まれていたところ、激しい競り合いの結果、29万7600ポンド(プレミム込み)で落札された。落札したのはフランス西部ナント近郊、年間入場者数150万人の歴史テーマパークを運営するピュイ・デュ・フー財団だった。

The silver-gilt ring was made in France in around 1400 and was given to Joan of Arc by her parents as a devotional object for her first communion. Joan of Arc inspired the French side in the Hundred Years’ War between England and France. At the age of 19 she was tried by a pro-English bishop and burned at the stake in 1431. The ring had been seized from her in prison and taken across the Channel as war booty.

銀メッキの指輪は1400年ごろフランスで製作され、聖餐式に祈りの対象として両親からジャンヌ・ダルクに贈られた。ジャンヌ・ダルクはイングランドとフランスの間の百年戦争でフランス軍の士気を高めた。19歳のときイングランドに通じていた司教に異端審問にかけられ、1431年に火刑に処せられた。指輪はジャン・ダルクが囚われていた時に押収され、戦利品として英仏海峡を渡った。

wikipedia

Image: Wikipedia “Joan of Arc depicted on horseback in an illustration from a 1505 manuscript. 手稿(1505年)に描かれている馬上のジャンヌダルク”

The ring was acquired by Cardinal Henry Beaufort, who was present at the trial and execution. It then descended through the Cavendish-Bentinck family (the Dukes of Portland) and remained with them for nearly five centuries. In 1914, Lady Ottoline Morrell (née Cavendish-Bentinck) gave it to her lover, the artist Augustus John, who wore the ring for years. He later sold the ring and it then went to Frederick Oates (the keeper of the London Museum and of the King’s Armouries), James Hasson (an art historian and author of a romanticised account of the ring, The Banquet of the Immortals) and Cyril Bunt (a library employee at the Victoria and Albert Museum). Bunt’s son Robert, who lives in Essex, sold the ring at TimeLine Auctions.

異端審問と処刑に立ち会った枢機卿ヘンリー・ボーフォーが指輪を所有した。その後、カヴェンディッシュ=ベンティンク家(ポートランド公爵家)に代々5世紀近く伝わった。1914年、(カヴェンディッシュ=ベンティンク家出身の) オットリン・モレル夫人は恋人で芸術家オーギュスト・ジョンに贈り、オーギュスト・ジョンは何年も指輪を着用した後売却し、その後、フレデリック・オーツ(ロンドン博物館館長で国王の兵器庫管理者)、ジェイムズ・ ハッスン(美術史家で指輪をロマンチックに描いたThe Banquet of the Immortals の著者)、シリル・バント(ヴィクトリア&アルバート博物館の図書館司書)の手に渡った。 エセックス在住のバントの息子ロバートが、タイムラインオークションで指輪を売却した。

This means that the ring has been in the UK for nearly 600 years, way over the 50-year-period for which an export licence is required. TimeLine’s managing director, Brett Hammond, tells us: “We handed over the ring to the buyer’s solicitors in London on 3 March. We also gave them a letter, which they signed for, advising them that the ring would need a UK export licence.” Obtaining the licence is the responsibility of the exporter, not the auction house.

つまり、指輪は英国に600年近く存在したことになり、輸出ライセンス条件の50年を優に超えている。タイムラインのマーネージングダイレクター、ブレット・ハモンドによると、「当社は指輪を落札者のロンドンの代理人に3月3日に引き渡しました。落札者側が署名した書類も添付し、そこには指輪には英国の輸出ライセンスが必要であることが記載されています。」輸出ライセンス取得は輸出者の責任であり、オークションハウスではない。

If it turns out that the ring has gone to France without an export licence, the UK authorities are likely to demand its return. To export it would then mean going through the normal procedure. If an export licence was subsequently deferred, a UK buyer would have an opportunity to match the price.

仮に指輪が輸出ライセンスなしにフランスに渡っていたとしたら、英国当局が返還を求めることも考えられる。そして、国外へ持ち出すためには通常の手続きを踏むことになる。その後、輸出ライセンスが猶予されることになれば、英国で(美術館などが)落札額相当を募る機会ができるかもしれない。

A spokeswoman for Arts Council England, which oversees the export regulations, says that “the application process is confidential; however, given the age and price of the item, its export would require an individual licence”. The process of issuing licences for items of national importance normally takes a month, or longer if the item is then deferred.

輸出規制を管理しているアーツ・カウンシル・イングランドによると、「申請手続きは非公開ですが、年代と価格から見て輸出には個別のランセンスが必要になります。」国宝級の芸術品のライセンス発行手続きには通常で1ヶ月、延期になるとそれ以上かかる。

The Puy du Fou head office referred us to their London solicitors for a comment on whether an export licence had been obtained. At the time of publication, our questions had gone unanswered.

ピュイ・デュ・フー本部は、輸出ライセンスの有無に関する問い合わせ先としてロンドンの代理人を指名した。この記事が公開される時点で回答は得られていない。

The ring has the inscribed letters I, M, IHS and MAR (for Iesus and Maria). It was sold with an antique casket in the form of a reliquary. The link with Joan of Arc is widely accepted among specialists, since it so closely fits the description of a ring she spoke about during her trial.

指輪にはI, M, IHS, MAR (イエスとマリア) という文字が刻まれている。競売では聖遺物箱型のアンティークの小箱に収められていた。指輪は異端審問時にジャンヌ・ダルクが証言した内容にかなり近合っているため、ジャンヌ・ダルクとの関係性は広く専門家が認めている。

The Puy du Fou acquisition has been welcomed by the Far Right in France. Marine le Pen, leader of the Front National, has thanked Philippe de Villiers, the founder of the theme park, for bringing it back to French soil.

ピュイ・デュ・フーが落札したことは、フランスの極右政党に歓迎されている。国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は、テーマパーク設立者フィリップ・ドヴィエール氏に指輪をフランスの地に取り戻したことを感謝している。

A Puy du Fou statement says that their acquisition means “this symbolic ring has returned to its homeland”. A ceremony to mark the ring’s acquisition is due to be held at Puy du Fou on 20 March.

ピュイ・デュ・フーの発表によると、今回の落札は「この象徴的指輪が母国に帰還した」という意味を持つ。ピュイ・デュ・フーは記念式典を3月20日に開催する。

Medieval Joan of Arc Devotional Ring with Casket
Published on 15 Feb 2016 by Timeline Auctions Ltd

***

指輪のその後

Save