ルーヴル=ランス美術館館長、退任。

theartnewspaper.comの記事と、試訳。

*

Louvre-Lens director Xavier Dectot steps down after five years, and heads for Edinburgh
ルーヴル=ランス美術館イクザヴィエ・デクト館長、5年勤務の末退任。エジンバラへ。

by Gareth Harris  |  7 January 2016

Medieval expert will head the department of art and design at the National Museum of Scotland

中世美術の専門家デクト氏、スコットランド国立博物館美術デザイン部長に就任

Gabarit couverture 36 pages

Image: louvrelens.fr

Xavier Dectot is stepping down as director of the Louvre-Lens museum in northern France to take up a new role at the National Museum of Scotland in Edinburgh, where the 42-year-old will head the department of art and design.

イクザヴィエ・デクト氏(42)は北フランス、ルーヴル=ランス美術館館長を退任し、エジンバラのスコットランド国立博物館、美術デザイン部長に着任する。

Opened in December 2012 on a former mining site, the northern outpost of the Paris museum has since welcomed almost two million visitors. The satellite branch drew 900,000 visitors in its first year compared with 400,000 in 2015.

フランス北部にあるパリ・ルーヴル美術館分館の同美術館は、2012年の開館以来200万人ほどの来館者があった。初年の来館者数は90万人だったが2015年は40万人だった。

When he was appointed early 2011, Dectot was considered a surprise choice to lead Louvre-Lens. A specialist in Medieval sculptures and ceramics, he was previously a curator at Paris’s Musee Cluny (Musée National du Moyen Age). He leaves the Louvre-Lens on 31 March; museum officials say that the search is underway for his successor.

2011年にデクト氏がルーヴル=ランス館長へ任命された当時、驚きをもって迎えられた。それまでは中世彫刻と陶磁器の専門家として、パリのクリューニー博物館(国立中世博物館)の学芸員だった。ルーヴル=ランス美術館によると、デクト氏は3月31日に退任し後任は未定だ。

During his tenure, Dectot organised a series of popular scholarly exhibitions including Seeing the Sacred (2013), and Gold and Ivory: Paris, Pisa, Florence, Siena 1250-1320 (2015).

デクト氏は在任中、好評となった学術的展覧会を開催した。Seeing the Sacred (2013) [聖なるものを知る(2013年)]や、Gold and Ivory: Paris, Pisa, Florence, Siena 1250-1320 (2015)[金と象牙:1250年~1320年のパリ、ピサ、フィレンツェ、シエナ(2015年)]などだ。

homeor_300

Image: louvrelens.fr “Gold and Ivory”

The regional French newspaper La Voix du Nord credits him with working closely with local authorities and “placing the museum at the heart of the mining region”. He was also instrumental in establishing a business and arts digital hub called Louvre Lens Vallée.

地元紙ラ・ヴォワ・ドゥ・ノールによると、デクト氏は地元政府と緊密に連携し「美術館を炭鉱地域の中枢に据えた。」また、ルーヴルランス・ヴァレという企業と芸術のデジタルハブの設立にも貢献した。

Dectot joins the National Museum of Scotland at a key moment. This summer, the institution is due to open ten new galleries, dedicated to science and technology, decorative art, design and fashion, after a £14.1m redevelopment.

デクト氏は国立スコットランド博物館の重要な時期に着任する。同博物館では、今夏、1410万ポンドの再整備事業により、科学とテクノロジー、装飾美術、デザインとファッションをテーマにした新ギャラリー10館が開館することになっている。