The Tabletから抜粋と試訳

***

Botticelli Reimagined (Victoria and Albert Museum, London, 5 March-3 July)
Botticelli Reimagined(ボッティチェリ再現)(ロンドン、ヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)、3月5日-7月3日)

We British like to claim ownership over Botticelli, since it was largely thanks to John Ruskin and the Pre-Raphaelites that he was rediscovered after three centuries of neglect. The V&A takes its cue for this exhibition from the beautiful portrait of Smeralda Bandinelli bought for £20 from Christie’s in 1867 by Dante Gabriel Rossetti. Through 50 original works, the show will trace the influence of Botticelli’s lyrical vision of feminine beauty on artists from Rossetti to Warhol and on dress designers from Elsa Schiaparelli to Dolce & Gabbana.

英国人はボッティチェリは自分たちのものだと主張したがる。それは、ジョン・ラスキンとラファエロ前派のおかげで、300年間忘れ去られていたボッティチェリを再発見したといっても過言でないからだ。V&Aは、1867年に(ラファエロ前派の)ダンテ・ガブリエル・ロゼッティが20ポンドでオークションハウスのクリスティーズから購入した美しき肖像画「スメラルダ・バンディネッリ」から、展覧会の手がかりを得ている。展覧会では50作品を通して、ボッティチェリの詩情豊かな女性像の影響を受けた芸術家、ロゼッティからウォーホール、また、デザイナー、エルザ・スキャパレッリからドルチェ&ガッバーナを辿っていく。

extra_53

Madonna with Child and Angels, 1490 /Image:  Akademie der bildenden Kunste, Vienna

2015hk6678_jpg_ds

Portrait of a Lady known as Smeralda Bandinelli, Image: V&A

スクリーンショット 2015-12-30 20.05.31.png

Image: V&A