アートニュースペーパーから8月と11月の記事2件
原文の抜粋と試訳

*************

theartnewspaper.com

Italy appoints 20 new museum directors
イタリア、20ヶ所の美術館に新館長就任
by Ermanno Rivetti  |  18 August 2015

The Italian ministry of culture announced today, 18 August, the 20 new directors of Italy’s most important state museums. Out of the 20 posts—evenly split between men and women—seven have gone to non-Italian EU nationals (three Germans, two Austrians, one British and one French). The ministry made the selection from 1,200 Italian and 80 foreign applications with the help of a committee that included Paolo Baratta, the president of La Biennale di Venezia, and Nicholas Penny, the former director of London’s National Gallery.

8月18日、イタリア文化省は、同国トップクラスの国立美術館20ヶ所に、新館長が着任することを発表した。20件の館長職は男女同数で、そのうち7人は外国人が就任する(ドイツ人(3)、オーストリア人(2)、イギリス人・フランス人(各1))。ラ・ビエンナーレ・ヴェネツィア代表パオロ・バラッタ氏とロンドン国立絵画館の前館長ニコラス・ペニー氏がメンバーになっている委員会が選考作業を実施して、文化省がイタリア(1200人)と海外(80人)の応募者から選出した。

Italy’s beleaguered state museums are famous for the strength of their collections but bogged down by outdated bureaucracy and insufficient funding. So the ministry decided to look for manager-directors with experience of the more financially attuned and efficient UK-US museum systems.

イタリアの苦境に立っていた国立美術館はそのコレクションのすばらしさで知られているが、時代遅れの官僚的なシステムと予算不足で行き詰っていた。そこで文化省は、財務に長け効率的な英米美術館の運営経験者を探していた。

Three of the seven foreign candidates have been given the reins to institutions the ministry has listed as “first tier”. The Uffizi galleries will be run by the German art historian Eike Schmidt, formerly the head of decorative arts at the Minneapolis Institute of Art; Milan’s Pinacoteca di Brera will be run by James Bradburne, the former head of the Fondazione Palazzo Strozzi; and the Museo di Capodimonte, Naples, will now be headed by Sylvain Bellenger, the former head of European painting and sculpture at the Cleveland Museum of Art.

7人のうち3人の候補者は、文化省が「トップクラス」にあげている美術館を任される。ウフィツィ美術館は、前ミネアポリス美術館の装飾美術部長で美術史専門のドイツ人アイク・シュミッツ氏、ミラノのブレラ絵画館は、前ストロッツィ宮殿財団長のジェイムズ・ブラッドバーン氏、そして、ナポリのカポディモンテ美術館は、前クリーヴランド美術館のヨーロッパ絵画・彫刻部長シルヴァン・べランナー氏が着任する。

/…/

*********

theartnewspaper.com

Meet the new guard: How the Uffizi’s first foreign director plans to modernise the museum
新任館長:ウフィツィ美術館初の外国人館長、美術館を最新の状態にする計画

by Menachem Wecker  |  18 November 2015

/…/

When Italy’s minister of culture called Eike Schmidt early one morning in August to offer him the job as director of Florence’s Uffizi Gallery, “I thought maybe I was still dreaming”, he says. This month, the German-born Schmidt, formerly a curator at the Minneapolis Institute of Arts, will become the first foreigner to lead the Uffizi—Italy’s most visited museum.

8月のある朝、文化大臣から電話でフィレンツェのウフィツィ美術館館長の職のオファーがあったとき、「まだ、夢から覚めていないのだろうと思いました」とアイク・シュミッツが語った。ドイツ出身で前ミネアポリス美術館学芸員のシュミッツ氏は、今月、イタリアで最も来館者数の多いウフィツィ美術館で初の外国人館長になる。

/…/

The museum welcomes nearly two million visitors a year, but it “was not built for mass tourism”. Queues during the summer can exceed two hours. And attendance is set to grow: the Pitti Palace and Boboli Gardens, due to be moved under the Uffizi’s purview, will add another 1.2 million visitors a year.

ウフィツィ美術館は年間200万人の来館者があるものの、「マスツーリズムを念頭に建築されたわけではありません」夏場には長い行列の待ち時間が2時間を超える。来場者数はさらに増加する見込みで、ウフィツィ美術館の管轄下に移行するピッティ宮殿とボボリ庭園の来場者数を合わせると年間120万人が加わる。

The museum will adopt a two-pronged response: architectural and technological. “The focus on visitor experience in American museums is something that I can bring to the table,” Schmidt says. Over the next two years, the Uffizi will install new exits, a new entrance and a new space for temporary exhibitions. Schmidt also hopes to reopen the Vasari Corridor, which runs along the Ponte Vecchio. In addition, he intends to update ticketing software and launch mobile device programmes to avoid bottlenecking.

ウフィツィ美術館は建築上とテクニカル上の2つの別の対応策を採用する。「米美術館で実施しているビジターエクスペアリアンスへのアプローチが、私が貢献できる取組みです」とシュミッツ氏が話す。今後2年間でウフィツィ美術館は2ヶ所の出口と1ヶ所の入口を新設し、新たに特別展用のスペースも設ける。また、シュミッツ氏はヴェッキオ橋上を渡る「ヴァサーリの回廊」を再開する予定だ。さらに、チケットアプリをアップデートし携帯端末用プログラムを立ち上げてボトルネックを回避をめざす。

/…/

A step-by-step application process
館長応募プロセス

1. Schmidt first learned of the 20 Italian museum openings from an advertisement in the Economist magazine, published in January.
1. シュミッツ氏は、まず、1月に出版された雑誌エコノミストに、イタリアの20ヶ所の美術館が募集広告を掲載していることを知った。

2. He submitted a CV, a publication list and a motivational letter to the ministry of culture.
2. 履歴書、出版物リスト、志望動機を文化省に提出した。

3. Italy, like France, uses a concorso model, in which the committee welcomes an application from anyone who meets the requirements. Schmidt ticked the boxes for three positions and was selected as one of ten finalists for the Uffizi and the Galleria Borghese in Rome.
3. イタリアはフランス同様コンコルソ(コンペ)方式を採用、つまり、委員会が要件にかなう応募者を審査する。シュミッツ氏は3ヶ所の美術館にチェックマークを入れたが、ウフィツィ美術館とローマのボルゲーゼ美術館の最終選考対象者10人の中に選ばれた。

4. After a half-hour interview with the ministry of culture in Rome in July, Schmidt emerged with a good feeling about the Borghese position. Six weeks later, the phone call—offering him the Uffizi job—caught him by surprise.
4. 7月にローマの文化省で30分の面談があり、その後、シュミッツ氏はボルゲーゼ美術館に選ばれそうな感触を持っていた。6週間後に電話が鳴り、ウフィツィ美術館のオファーがあって、シュミッツ氏は驚いた。