トレパック

NORAD Tracks Santa 2015

Published on 19 Nov 2015 by NORAD Tracks Santa

⭐️

NORAD Santa Cam DSP Satellite – English

Published on 24 Dec 2013 by NORADTracksSanta

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が毎年DSP(国防支援計画衛星)を使って、クリスマスイブのサンタクロースの動向を追跡。普段はDSPに搭載されている赤外線センサーで弾道ミサイルや宇宙ロケット発射に伴う熱源を監視しているが、12月24日は、トナカイの赤い鼻から発する熱を捉えてサンタの動きを逐次伝えている。🎅

⭐️

始まりは1955年12月24日、4つ星最高司令官か大統領からの専用電話に5歳の女の子から電話がかかってきた。「サンタクロースさんですか」

How NORAD’s Santa Tracker tradition got started

Published on 23 Dec 2014 by The National

 

http://www.norad.mil/AboutNORAD/NORADTracksSanta.aspx

On Dec. 24, 1955, a call was made to the Continental Air Defense Command (CONAD) Operations Center in Colorado Springs, Colo. However, this call was not from the president or a general. It was from a girl in Colorado Springs who was following the directions in an advertisement printed in the local paper – she wanted to know the whereabouts of Santa Claus.
<試訳>
1955年12月24日、コロラド州コロラドスプリングスCONAD(中央防衛航空軍基地)オペレーションセンターに一本の電話がかかった。実は、この電話は、大統領でも最高司令官からでもなくコロラドスプリングスに住む女の子からで、地元紙の広告通りに電話しただけだった。女の子はサンタクロースの居場所が知りたかった。
The ad said “Hey, Kiddies! Call me direct and be sure and dial the correct number.” However, the number was printed incorrectly in the advertisement and rang into the CONAD operations center.
広告には、「やあ、よい子のみんな!わしに電話してごらん。電話番号を間違えないようにね」ところが、広告に印刷されていた電話番号が間違っていて、CONADオペレーションセンターの電話が鳴った。
On duty that night was Colonel Harry Shoup, who has come to be known as the “Santa Colonel.”
Colonel Shoup received numerous calls that night and rather than hanging up, he had his operators find the location of Santa Claus and reported it to every child who phoned in that night.
その夜当直だったのはハリー・シャウプ大佐で、後に「サンタ大佐」として知られるようになった。その夜何本もの電話を受けたシャウプ大佐は、電話を切らずに、部下にサンタクロースの居場所を見つけ電話してきた子供ひとりひとりに知らせるように言った。