christies.com/features/Marie-Antoinette-A-life-in-objectsより。

(原文と試訳)

**

German or Austrian school, after 1774. Marie-Antoinette shop sign, inscribed, oil on metal, arched angles, double sided, with its original suspension. Estimate: €10,000-15,000. ドイツまたはオーストリアの作風。1774年以降。マリー・アントワネット・ショップの署名。彫刻。金属上に油絵具。アーチ型。両面。オリジナルの吊り金具。

On 19 April 1770, Marie-Antoinette left Vienna, travelling to France to meet her future husband in a train of 132 people, spread between 57 carriages driven by 376 horses — ordered by her future father-in-law Louis XV and the French ambassador.

1770年4月19日、マリー・アントワネットはウィーンを出発し、未来の夫に会うためフランスに向かった。376頭の馬が引く57台の馬車に乗って132人が従った。後の義理の父親、ルイ15世とフランス大使が用意した。

Two days before, a proxy wedding had been held for Marie-Antoinette in Austria — the King himself remaining in Versailles. A second marriage was held in Versailles on 16 May 1770, in the presence of King Louis XV and the entire French court.

その2日前、オーストリアでマリー・アントワネットのために代理結婚式が行われたが、国王はヴェルサイユにとどまった。第二の結婚式は国王ルイ15世とフランス宮廷全員臨席のもと、1770年5月16日にヴェルサイユ宮殿で行われた。

*

Precious manuscript regarding the budget of the ‘Maison-Bouche de la Rein’ for year 1781, with the autograph signature of Queen Marie-Antoinette. Estimate: €3,000-5,000.  「メゾン=ブシュ・ド・ラ・レーヌ」の予算が記載された貴重な手稿。1781年。王妃マリー・アントワネットの自署。

This book — which bears the signature of Marie-Antoinette — outlines the budget for the royal household’s multiple kitchens, and includes an inventory of the animal stables, candle stores, pastry and fruit stocks, and supplies of wax and wood.

マリー・アントワネットが署名しているこの本には、王家の複数の台所関連の予算がまとめられている。家畜小屋、ロウソク店、ペストリーやフルーツの備蓄、ロウや薪の備品などが記載されている。

In total, Marie-Antoinette’s proposed budget ran to 678.802 livres, 9 sols et 7 deniers.

マリー・アントワネットが提案した予算の総額は、678,802リーヴル9ソル7デニエール。(現在の約6億円相当 = 2005年の約300万ポンド= 1780年当時の約5000ポンド = 678.802 livres, 9 sols 7 deniers)

*

Travelling case given by Queen Marie-Antoinette. By Jean-Etienne Langlois, Gabriel Gerbu, Antoine-Gaspard Loret, Francois Corbie and Pierre-Claude Mottie, Paris, 1773-1786. Estimate: €40,000-60,000. 王妃マリー・アントワネットが用意した旅行用ケース。ジャン=エティエンヌ・ラングロワ、ガブリエル・ゲルブ、アントワーヌ=ガスパール・ロレ、フランソワ・コルビ、ピエール=クロード・モティエ。パリ。1773年~1786年。

In 1789, an angry mob of thousands had marched to Versailles to demand that the Royals relocate to Paris, where they had lived — threatened and under house arrest — ever since.

1789年、怒りに満ちた大勢の民衆はヴェルサイユに向かって行進し、国王一家にパリに移るよう要求した。それ以降、一家はパリに住み脅かされ監禁状態になった。

The King and Queen constantly sought ways to escape and, on the night of 20-21 June 1791, made an attempt to flee the city. Their plan was excellent, and certainly would have succeeded were it not for the royals themselves: Louis was recognised when he peered through a carriage window, and Marie-Antoinette’s insistence upon a large travelling case had raised suspicions back at Tuileries.

国王と王妃は頻りに逃亡方法を模索し、1791年21日未明にパリ脱出を試みた。その計画は見事に練られ、国王一家でなかったら確実に成功していただろう。ルイ16世は馬車の窓から外を覗いたときに見咎められ、マリー・アントワネットは大型の旅行用ケースを持ち出すことにこだわり、出発前にパリのテュイルリー宮殿で疑念をもたれていた。

Madame Campan, Marie-Antoinette’s chamber maid, later testified against the Queen: ‘on the 21 May she claimed that she was making preparations for a departure from Tuileries… that her Majesty was too attached to this object to go without it, and that it would be useful when travelling.’

マリー・アントワネット付き女官だったマダム・カンパンは後に証言している。「5月21日、王妃はテュイルイー宮殿から脱出する準備をすることにこだわりました。女王陛下はこのケースなしには出発できないほど執着しておられ、旅先で役立つからと主張されました。」

Amongst Marie-Antoinette’s travel essentials were a teapot and tea box, a hot chocolate pot, a gilt fruit knife, a small stove, an ink well, mirror and manicure set.

マリー・アントワネットの旅行必需品とは、ティーポット、ティーボックス、ホットチョコレートポット、金メッキのフルーツナイフ、小型コンロ、インク壺、鏡、マニュキアセットなどだった。