telegraph.co.ukから記事の抜粋と試訳。

***

The Queen ‘loves Downton Abbey and likes to spot historical mistakes’ author reveals
エリザベス女王も「ダウントンアビーがお好きで時代考証の間違いを見つけていらっしゃいます」と作家が明かす

When Downton Abbey returns later this month, the Queen will be glued to the screen and watching out for gaffes

今月後半にダウントンアビーが始まると、女王陛下は画面をじっとご覧になり間違いをチェックされるでしょう。

8:30AM BST 06 Sep 2015
2015年9月6日

When Downton Abbey returns to our screens for the last time later this month, one hawk-eyed fan in particular will be ready to pounce on any historical inaccuracies the producers allow to slip through the net.

今月後半にダウントンアビーの最終シーズンが始まると、ある鷹のように鋭い目のファンが製作者がうっかり見逃してしまった時代考証上不正確なものに飛びかかろうと構える。

The Queen, it has emerged, is a huge fan of the series, and loves nothing better than to point out the mistakes that have become a whole sub-plot in themselves for devotees of the show.

女王陛下がダウントンアビーの熱烈なファンであることは知られているが、間違いを指摘されるのを大いに楽しまれていることが番組ファンの間で密かに話題になっている。

Brian Hoey, the author of At Home With The Queen, revealed that Downton came up in a recent conversation with a worker at Buckingham Palace.

At Home With The Queenの著者ブライアン・ホウェイが、近頃バッキンガム宮殿関係者との会話でダウントンアビーの話題が上がったときのことを語った。

He told The Daily Telegraph: “We were talking about Trooping the Colour and how the Queen always notices if anything is not quite right, such as one young officer she spotted wearing his medals in the wrong order not long ago.

ホウェイ氏がデイリーテレグラフに語ったところによると、「Trooping the Colour(女王誕生日の衛兵式典)の話になり、女王陛下はいつも何かが正しくないとよく気づかれるとのことで、ここ何年か前にも若い衛兵がつけていたメダルの間違いを指摘していらっしゃったとのことです。」

“Apparently she is exactly the same when she is watching the television. She loves watching Downton Abbey and pointing out things they have got wrong, partly because she is familiar with Highclere Castle, where it is filmed. She used to stay there as a guest of the Carnarvon family.

「おそらくテレビをご覧になるときも同様なのでしょう。女王陛下はダウントンアビーがお好きで、何かが間違っているとご指摘なさいます。陛下は撮影場所のハイクレア城をよくご存知だということもあるのでしょう。城主カナーヴォン家のゲストとしてよくご滞在されていました。」

“She is the same when she is watching anything on television. In one programme she was watching, the Queen noticed that a British officer was wearing medals that were from the wrong era. It was set in the First World War but the medals he was wearing did not come in until the Second World War.”

「テレビをご覧になるときはいつも同じです。ある番組で英国軍人が間違った時代のメダルをつけていたことにお気づきになりました。第1次世界大戦に設定されてた番組で第2次世界大戦のメダルをつけていたのです。」

The Queen is not the only royal Downton watcher – the Duchess of Cambridge is known to be a “huge” fan, and makes the Duke of Cambridge watch it with her, and the Duchess of Cornwall never misses an episode, though the Prince of Wales is less keen.

王室でダウントンアビーをよくご覧になるのは女王陛下お一人ではない。衆知のごとくキャサリン妃ケンブリッジ公爵夫人も熱烈なファンでウィリアム王子ケンブリッジ公爵に勧めてご一緒にご覧になる。また、皇太子夫人コーンウォール公爵夫人も欠かしたことがないが、皇太子はそれほどご熱心ではない。

Downton Abbey employs the royal commentator Alastair Bruce as its historical adviser, but his advice is not always heeded and a string of historical anomalies have cropped up.

番組では王室解説者のアラスター・ブルースが時代考証しているが、その助言を完璧に守るのは難しくどうしてももれてしまう。

In an episode set in 1912, a 1921 Model T Ford was being used. In another, there was a piano rendition of a song written six years after the episode was set. Such late 20th century devices as television aerials, double yellow lines and a PVC conservatory have also made appearances, and in a publicity photograph for the fifth series a plastic water bottle had been left on the fireplace.

<…..>

1912年に時代設定されていた回では、1921年モデルのT型フォードが使われていた。ピアノを弾くシーンで時代設定の6年後に作曲された曲が流れた。テレビアンテナや交通標識の黄色い二本線、ビニールの温室など20世紀末のものも登場した。第5シーズンの宣伝用ポスターではマントルピースの上にペットボトルが置いてあった。

<省略>

telegraph.co.uk

Image: telegraph.co.uk

上:ポスター。下:そのことをジョークにして、チャリティにつなげているダウントンアビーのFacebook。