theatlantic.comから記事の抜粋と試訳。

***
The King of Couture
クチュールの王

How Louis XIV invented fashion as we know it
ルイ14世はどのように今日のファッションを創り出したのか

Kimberly Chrisman-Campbell

Sep 1, 2015
2015年9月1日

September 1 marks the 300th anniversary of the death of King Louis XIV, France’s longest-reigning monarch. Logging 72 years on the throne, Louis eclipsed Queen Victoria by a decade. But this tercentenary also commemorates a beginning: the birth of haute couture as people know it today, seasonal, corporate, media-driven, and—above all—French.

フランスで最も長く君臨した国王ルイ14世が亡くなって、9月1日で300周年を迎える。72年間に及ぶ統治の記録は、ヴィクトリア女王の在位を10年ほど上回る。ところで、他にも300周年祝うものがある。それは、メディアが率先してシーズン毎に共同作業で開催される、そして、何よりもフランスらしい産業、今日のオートクチュールの誕生だ。

When Louis came to the throne in 1643, the fashion capital of the world wasn’t Paris, but Madrid. Taste tends to follow power, and for the past two centuries or so Spain had been enjoying its Golden Age, amassing a vast global empire that fueled a booming domestic economy. Spanish style was tight and rigid—both physically and figuratively—and predominantly black. Not only was black considered to be sober and dignified by the staunchly Catholic Habsburg monarchy, but high-quality black dye was extremely expensive, and the Spanish flaunted their wealth by using as much of it as possible. They advertised their imperial ambitions, as well, for Spain imported logwood—a key dyestuff—from its colonies in modern-day Mexico. While Spain’s explorers and armies conquered the New World, her fashions conquered the old one, and Spanish style was adopted at courts throughout Europe.

ルイ14世が国王になった1643年当時は、世界のファッションの都はパリではなくマドリードだった。テイストは権力に追随するもので、それまでの200年あまりスペインは黄金時代を迎え、国外では広大な帝国を拡張し、国内では経済が急成長していた。スペイン風のスタイルは外見上も実際にもタイトで堅苦しく圧倒的に黒色を多用した。黒は、筋金入りのカトリックだったハプスブルグ王室が控えめで威厳のある色とみなしていた。それだけではなく高品質の黒色染めはきわめて高価で、できる限り黒を用いて富を誇示していた。また、それは帝国としての野心をも誇らかに宣伝していた。というのも、スペインは今日のメキシコにあった植民地から染色に使うアカミノキを輸入していたのだ。スペインの探検家や軍隊が「新世界」を征服する一方でファッションは旧世界を征服し、ヨーロッパ中の宮廷でスペイン風スタイルを取り入れていた。

Image: everyhistory.org “フランス 16-17世紀”

Just as French aristocrats imported their fashions from Spain, they bought their tapestries in Brussels, their lace and mirrors in Venice, and their silk in Milan. They didn’t have much choice; France simply wasn’t producing luxury goods of a comparable quality, and it didn’t have the political, economic, or cultural clout to dictate fashions to other countries.

フランス貴族は、ファッションをスペインから輸入するように、タペストリーをベルギーから、レースや鏡をベニスから、シルクをミラノから輸入していた。他に選択肢がなかったのだ。フランスは、匹敵する上質の高級品を単に生産しておらず、また、ファッションで他国に君臨するような政治的・経済的・文化的影響力を持ち合わせていなかった。

Louis XIV set out to change that, and, over the course of his long reign, he succeeded brilliantly. Luxury was Louis’s New Deal: The furniture, textile, clothing, and jewelry industries he established not only provided jobs for his subjects, but made France the world’s leader in taste and technology. His shrewd finance minister, Jean-Baptiste Colbert, famously said that “fashions were to France what the mines of Peru were to Spain”—in other words, the source of an extremely lucrative domestic and export commodity. Louis’s reign saw about one-third of Parisian wage earners gain employment in the clothing and textile trades; Colbert organized these workers into highly specialized and strictly regulated professional guilds, ensuring quality control and helping them compete against foreign imports while effectively preventing them from competing with each other. Nothing that could be made in France was allowed to be imported; Louis once ordered his own son to burn his coat because it was made of foreign cloth. It was an unbeatable economic stimulus plan.

ルイ14世はその状況を打破べく立ち上がり、長期政権のあいだに見事にやり遂げた。贅沢品がルイ14世の新経済政策「ニューディール」だった。家具、テキスタイル、衣料、宝飾の産業を創立して部下に仕事を提供したのみではなく、フランスをテイストと技術で世界最先端の国に作り変えた。鋭敏な大蔵大臣ジャン=パブティスト・コルベールは有名な言葉を残している。「フランスにとってのファッションは、スペインにとってのペルーの炭鉱に匹敵する。」つまり、ファッションは国内においても輸出品としてもかなりの利益をもたらす商品となった。ルイ14世統治下のパリでは、3人に1人の労働者が衣料とテキスタイル産業で働き、コルベールはその労働者で高度に専門化し厳格な規律をもったプロのギルドを組織し、品質管理を徹底し輸入品に対して競争力がもてるよう支援する一方、内輪で競い合うのを効果的に防いだ。フランスで生産できるものは何一つ輸入することが許されなかった。ルイ14世は王子に上着を焼却処分するよう命じたことがある。外国製の布地で仕立てられていたためだった。これは、天下無敵の景気刺激策だった。

As he waged a never-ending series of expensive wars across Europe, the French luxury goods industry replenished his war chest and enhanced the king’s reputation at home and abroad. Louis transformed Versailles—a dilapidated royal hunting lodge buried in the countryside 12 miles from Paris—into a showplace for the best of French culture and industry; not just fashion but art, music, theater, landscape gardening, and cuisine. A strict code of court dress and etiquette ensured a steady market for French-made clothing and jewelry. Louis has been accused of trying to control his nobles by forcing them to bankrupt themselves on French fashions, but, in fact, he often underwrote these expenses, believing that luxury was necessary not only to the economic health of the country but to the prestige and very survival of the monarchy. France soon became the dominant political and economic power in Europe, and French fashion began to eclipse Spanish fashion from Italy to the Netherlands. French was the new black.

ルイ14世がヨーロッパ中でいつ終わるとも知れぬ戦争を繰り広げるなかで、高級フランス製品業界は軍事資金を補給し国の内外で国王の評判を高めた。ルイ14世は、パリから12マイル(19キロ)の田園地帯に埋没し荒廃していた王室の狩猟用屋敷のヴェルサイユを、フランス文化と産業の最高級品を披露する場所に造り変え、ファッションのほかにも、美術、音楽、演劇・舞踊、風景式庭園、そして、料理も超一流のものを揃えた。徹底的な規範に基づく宮廷ドレスとエチケットでフランス製衣服と宝飾品マーケットを不動のものにした。ルイ14世は貴族をフランスファッションが原因で破産に追い込みコントロールしようとしたと非難されているが、実際には、しばしば費用の支払いを保証し、贅沢は国家経済の健全性のみならず王室の権威と存続に必要不可欠だと考えていた。フランスは間もなくヨーロッパで政治上・経済上圧倒的な影響力を持つ国家となり、フランスファッションはイタリアからオランダまでスペインファッションを塗り替えていった。メイド・イン・フランスが新しい黒となった。

Image: historyoffashiondesign.com “フランス17世紀”

The king and Colbert employed the full range of available media in service of their fashion propaganda campaign. As the art historian Maxime Préaud writes in the catalogue to the current Getty Research Institute exhibition A Kingdom of Images: French Prints in the Age of Louis XIV, “from the very beginning of Louis’s reign, he … recognized that images had the power to shape perception.” <…..>

<…..>

ルイ14世とコルベールはありとあらゆるメディアを駆使して、ファッションのプロパガンダキャンペーンを実行した。ゲッティ研究所が現在開催している展覧会「イメージの王国:ルイ14世の時代のフランスの印刷物」のカタログに美術史家マキシム・プレオードが書いているように、「ルイ14世は治世当初から、イメージには物の見方を形作る力があることがわかっていた。」<省略>

<省略>

In the highly regimented and specialized haute couture industry, artificial flowers, embroidery, tapestries, buttons, and even fans continue to be handmade using the traditional skills and techniques passed down from the 17th century. More importantly, Louis’s legacy is evident in modern France’s attitude toward fashion; it isn’t a frivolous or trivial industry but an utterly serious one, inseparable from the country’s economic health and national identity. As Susan Sontag once observed, “The French have never shared the Anglo-American conviction that makes the fashionable the opposite of the serious.”

非常に厳しく統制され専門化されたオートクチュールの世界では、アートフラワー、刺繍、ゴブラン織り、ボタン、さらには扇子までもが、17世紀からめんめんと受け継がれた伝統的な技術と技法に則り手作業で製作されている。さらに注目すべきは、ルイ14世から受けついだものが現在のフランスのファッションに対する姿勢に明らかに見て取れる。ファッションは浮ついた、または、取るに足らぬ産業などではなく、まさに真剣に取り組む産業であり、フランス経済の健全性や国のアイデンティティになくてはならぬものなのだ。スーザン・ゾンタクがかつて語っていた。「ファッショナブルなことは真剣なことと相反するというアングロ=アメリカンの信念を、フランス人はこれまで決して分かち合うことはなかった。」