leroiestmort.comの文と試訳。

***

September 1, 2015

The death of the “Grand Century”
「偉大なる世紀」の終焉

By Hélène Delalex

On the morning of 1st September 1715, the King died. After steadfastly enduring 15 days of suffering, “he effortlessly gave up his soul, like a candle going out”, as the Marquis de Dangeau wrote. At that very moment the officers left the Royal Bedchamber and disappeared into the attic to move the single hand on the clock in the Marble Courtyard. This clock, a motionless one with no mechanism, does not show the real time but the time of the king’s death. Like an invisible finger, the unmoving hand of Versailles now indicated 8:15am.

1715年9月1日 朝、国王が崩御した。15日間に及ぶ苦痛に断固とした態度で耐えた末、「いともたやすく自身の魂を放棄した。まるでロウソクの炎が消えるように。」と、ドドンジョウ公爵が書いている。まさにその瞬間、近習が国王の寝室を出て屋根裏部屋に向かい、大理石の中庭に面した時計の針を動かした。この時計は、機械仕掛けのない動かない時計で、実際の時間ではなく国王の死去した時刻を指している。見えざる手のように、ヴェルサイユ宮殿の不動の時計の針は、この時に8:15AMを指し示すようになった。

twitter.com/CVersailles

Image: twitter.com/CVersailles

The King had died, and the news spread in a great wave across Europe without ever needing to specify which king it was, because Louis XIV was ‘the’ king, ‘the world’s greatest king’, a king who was almost immortal having reigned for 72 years. At a time when 50 was old-age and the average life expectancy in France was only 25 years, such physical and moral endurance, at more than 76 years old, seemed truly supernatural. His reign, the longest in the history of France, bestowed unprecedented fame on the country, and people still remember the monarch’s greatness as builder of modern France, a creator whose name features on the pediments of grand monuments set up in his honour, author of Paris Ville Lumière, military reformer, a warlord who extended the boundaries of his kingdom, patron, commissioner of artistic and intellectual masterpieces, and more.

国王が崩御した。その知らせはヨーロッパ中を大きな波のように駆け巡った。どの国王か特定する必要はない。なぜなら、ルイ14世は唯一の国王、「世界で最も偉大な国王」、72年間君臨した不滅といっても過言ではない国王だったのだ。50歳が老人とみなされフランスの平均寿命が若干25歳だった時代に、76歳を過ぎてもなお体力的にも道徳的にも持続力があったのは、まさに人知を超えているようだ。フランス史上最長となったルイ14世の治世は、国家に前例のない栄光をもたらし、国民はいまだに国王の偉業を覚えている。近代フランスの建国者、功績を讃えた大きな記念碑の台座にその名が刻まれている創造者、Paris Ville Lumière (明かりの街パリ)の創始者、軍事の改革者、王国の境界線を拡大した将軍、学芸の傑作の擁護者であり依頼主等、枚挙にいとまがない。

The King is dead, but this is not merely the death of a king: Louis XIV also took with him the Court, Versailles and the whole era of which he was the last remaining rampart.

国王が崩御した。だが、それは単に一人の国王の死ではない。ルイ14世は、宮廷、ヴェルサイユ、そして自身が最後の生きる城壁であった一時代をも引き連れて逝ってしまった。