300年前のヴェルサイユからライブツィート。

9月1日 8:13PM「わたしは逝くが、国家は永遠なり。」

9月1日 8:00PM  国王の寝室のドア、閉まる。

9月1日は終日ロイヤルチャペルでオルガンコンサートを開催。

ヤサント・リゴー作戴冠式の装束姿のルイ14世が、公式な肖像画になる。(ルーヴル美術館)

死者の礼拝所が整えられる。(国立図書館)

9月1日 11:39AM 国王の寝室は死者の礼拝所となる。遺体の横たわるベッドはロウソクやロウソク立てで飾られる。

9月1日 10:36AM 国王の遺体が寝室に安置され、宮廷人たち皆駆けつける。

9月1日 10:01AM 「詩編第130編(絶望の深い淵から)」、国王を悼んでヴェルサイユで演奏される。

9月1日 9:22AM 近侍、国王の瞼を閉じて着替えさせる。

9月1日 8:33AM ノートルダムのブルドンエマニュエル(鐘)、名付け親のルイ14世の死を悼んで鳴り響く。(パリノートルダム大聖堂)

国王、9月1日朝8時5(15?)分に逝去。(国立公文書館)

死の床に横たわるルイ14世の初の画像(国立図書館)

9月1日 8:36AM ブイヨン伯爵、寝室のバルコニーに出て「国王ルイ14世、ご逝去。ルイ14世に神のご加護を」

9月1日 8:15AM ルイ14世逝去。

9月1日 00:22AM 神父ルテリエールは、国王のベッド脇で一夜を過ごす。

8月31日 11:44PM 国王は死に行く者のための祈りとアヴェマリア、クレドを聞いている。

8月31日 6:09PM 医師団や宮廷人は去り、わずかな人数が国王の側に残る。

8月31日 5:00PM この時点から、国王が口にするのはゼリーのみ。

leroiestmort.com/fr

Image: leroiestmort.com/fr