Uploaded on 29 Nov 2010 by yakidk89

**

以下、nytimes.com(1996年2月に掲載された記事)からの抜粋と試訳。

Eva Hart, 91, a Last Survivor With Memory of Titanic, Dies
タイタニックを覚えていた最後の生存者、エバ・ハート(91)、逝去

Eva Hart was 7 years old and bound for a new life in Canada when her father woke her in the middle of the night, carried her outside in a blanket and told her, “Hold Mummy’s hand and be a good girl.”

その時、エヴァ・ハートは7歳で、両親に連れられて新天地を求めてカナダに向かうところだった。父親が真夜中にエヴァを起こし毛布に包んで外に連れ出して言った。「ママの手をしっかり握って、いい子でいるんだよ。」

It was the last thing he ever said to her, and she never saw him again. Later that night, wide awake and clinging to her mother in a lifeboat, the little girl watched as the Titanic rose straight up on her bow and plunged to the bottom of the sea, carrying her father and more than 1,500 other passengers and crew members to their deaths in the North Atlantic.

それが父親の最後の言葉となり、その後二度と会うことはなかった。その同じ夜、幼いエヴァは救命ボートの上で母親にしがみつきながら、タイタニックが船首をまっすぐ持ち上げ海の底へ急激に沈んでいくのをはっきりと見つめていた。父親と1500人以上の乗客乗員を乗せたまま北大西洋の死の底へ沈んでいった。

As one of only 705 Titanic passengers who survived, Eva Hart never forgot what she had seen and heard that night. When she died on Wednesday at a hospice in London at the age of 91, she was regarded as last link of living memory with the maritime disaster that rocked the world on April 15, 1912.

タイタニック生存者705人の一人として、エヴァ・ハートはその夜見聞きしたことを決して忘れなかった。ロンドンの病院で水曜日に91歳で亡くなり、1912年4月15日に世界を震撼とさせた海運の大惨事の生き証人はいなくなった。

Of the eight remaining survivors, seven were too young at the time to know what was happening, according to Karen Kamuda of the Titanic Historical Society in Springfield, Mass., and one, nearing her 100th birthday, no longer remembers.

マサチューセッツ州スプリングフィールドのタイタニック歴史学会のカレン・カムダ氏によると、現時点で8人の生存者がいるが、そのうち7人は当時何が起きているのか理解するには幼すぎ、残る一人は間もなく100歳を迎えすでに記憶にない。

But even during Mrs. Hart’s last years, her memory remained vivid and chilling.

だが、エヴァ・ハートは最晩年でさえ当時の恐怖を鮮明に記憶していた。

“I saw that ship sink,” she said in a 1993 interview. “I never closed my eyes. I didn’t sleep at all. I saw it, I heard it, and nobody could possibly forget it.”

「船が沈むのを見ていました」と、エヴァ・ハートは1993年のインタビューで語っている。「まばたきひとつしませんでした。一睡もしませんでした。私は見ていました。聞いていました。だれも忘れることなんてできやしないわ。」

There have been shipwrecks with greater loss of life before and after the Titanic, but none have clamped such a chilling grip on the popular imagination.

タイタニックの前にも後にも船舶の大惨事が起きたが、これほどまでに人々の恐怖心をつなぎとめた事故はない。

That is partly because the Titanic was on her maiden voyage carrying many prominent and wealthy passengers, but it is mainly because of a well-publicized exercise in hubris.

それは、タイタニックが多くの著名人や富裕階級を乗せた処女航海だったこともあるが、何よりも威丈高な広報活動にある。

The White Star Line had proclaimed the Titanic the “unsinkable ship,” a claim that caused Miss Hart’s mother such apprehension that even as they walked up the gangplank, her daughter later recalled, she renewed her warning that calling a ship unsinkable was “flying in the face of God.” She was so convinced of impending doom, her daughter later maintained, that she slept during the day and stayed awake in her cabin at night fully dressed.

ホワイトスターラインはタイタニックは「沈まない船」だと宣言していた。エヴァ・ハートの母親はそれが不安で、タラップに上がったときでさえ船を沈まないと呼ぶのは「神に逆らう行いですよ」と再度語ったとエヴァが話した。母親は差し迫った悲運を予見していたのかのように、日中に就寝し夜は客室で服を着たまま起きていた。エヴァは後にその例に従った。

The iceberg that sliced the Titanic’s hull below the waterline belied White Star’s claims. The network of massive bulkheads that supposedly made the Titanic unsinkable had not been extended high enough. Water gushing into one compartment simply flowed over the top of the bulkheads.

タイタニックの吃水線下船体を切り裂いた氷山は、ホワイトスターの断言を裏切った。タイタニックを沈まない船にするはずだった網状のがっしりとした隔壁は十分な高さがなかった。ひとつの区画に大量に流入した海水は、容易く隔壁の上に溢れ出した。

***

Until recent years, Miss Hart chose not to talk about the disaster, but when she did open up, she was outspoken, denouncing efforts to salvage artifacts from the Titanic as “grave robbing,” and excoriating White Star officials for failing to provide enough lifeboats.

最近までエヴァ・ハートは大惨事について語らないことにしていた。だが、一旦語り出すと容赦なかった。タイタニックから遺物を引き揚げる取り組みを「墓場泥棒」と批判し、救命ボートを十分に搭載していなかったことに対してホワイトスターを激しく非難した。

“If a ship is torpedoed, that’s war,” she once said. “If it strikes a rock in a storm, that’s nature. But just to die because there weren’t enough lifeboats, that’s ridiculous.”

「もし船が魚雷で破壊されるのなら、それは戦争のせい。嵐で岩に激突したら、それは自然のなせるわざ。でも、救命ボートが足りないだけで死ぬなんて、ばかげている。」

Her anger was fueled by memory.

あの日の記憶が怒りにさらに火をつける。

“I can remember the colors, the sounds, everything,” she said. “The worst thing I can remember are the screams.”

「色や音、すべてを思い出すことができるわ。その中でも最悪なのは、悲鳴よ。」

But even worse, she conceded, was the silence that followed.

だが、さらに最悪なのはその後の静けさだと認めた。