telegraph.co.ukより抜粋と試訳。

********************
Five sites of revolutionary Paris
パリのフランス革命史跡、5カ所
Place de la Concorde
コンコルド広場

Paris’s largest square (21 acres in total) – pitched at the south-east end of the Champs Elysées – was, of course, the scene of the French Revolution’s official bloodletting. Christened Place Louis XV when it was inaugurated in 1755, it was renamed “Place de la Revolution” as France embraced republicanism. Louis XVI was executed in the square on January 21 1793. The infamous guillotine stood in its northern corner, roughly outside what is now, by complete contrast, the decidedly refined and composed Hotel de Crillon.

パリ最大の広場(8.64ha)でシャンゼリゼ通り東南端にあり、フランス革命期、言わずと知れた公の流血の場だった。建設された1755年当時はルイ15世広場と命名され、フランスが共和制となると革命広場と呼ばれるようになった。ルイ16世は1793年1月21日にこの広場で処刑された。悪名高いギロチンは、広場北角、全く対照的に、現在の紛れもなく洗練され威風堂々としたオテル・ド・クリヨンの前あたりに設置されていた。

Image: Wikipedia “Execution of Louis XVI in the then Place de la Révolution. The empty pedestal in front of him had supported a statue of his grandfather, Louis XV, torn down during one of the many revolutionary riots. ルイ16世の処刑の様子。目前の台座には祖父ルイ15世の銅像があったが、革命の暴動で破壊された。”

Pont de la Concorde
コンコルド橋

The bridge which runs off the south side of Place de la Concorde was already under construction when the Revolution took hold in July 1789. It was completed in 1791 – some of its structure made of stone blocks retrieved from the demolition of the Bastille.

コンコルド広場の南にかかるこの橋は、フランス革命が始まった1789年7月にはすでに工事が進行中で、1791年に完成した。一部の石材ブロックは、解体されたバスティーユ牢獄のものが利用されている。

Image: Wikipedia “Le pont en 1829, avec les douze statues placées sous la Restauration 1829年当時のコンコルド橋。王政復古期に12体の銅像が設置された”

The Louvre
ルーヴル美術館

Now (arguably) the world’s finest art gallery (0033 1 4020 5317; louvre.fr; €15), the Louvre was the French monarch’s main residence until the late 17th century. In 1648, the Fronde riots saw a Parisian mob break into the palace, and into the bedchamber of Louis XIV – then a nine-year-old minority king, who feigned sleep until the intruders retreated. The incident affected the boy, and was a contributing factor in his later commissioning of the Palace of Versailles, which shifted the French royal court 15 miles south-west of the capital, and helped to dislocate the French king from his people. Louis moved in in 1682.

現在(ほぼ間違いなく)世界最高峰の美術館であるルーヴルは、17世紀末期までフランス王家が居住する宮殿だった。1648年のフロンドの乱でパリ市民が宮殿に乱入し、当時9歳だったルイ14世の寝室まで達した。幼い王は闖入者が引き下がるまで寝たふりをした。この出来事がルイ14世に影響を与え、後にヴェルサイユ宮殿建築を命ずる要因となった。

Palace of Versailles
ヴェルサイユ宮殿

The French monarchy was cocooned in its enclave of luxury and ornate gardens when the Revolution broke out. Louis XVI and Marie Antoinette were removed from the palace on October 6 1789. The Petit Trianon – the pastoral estate within the grounds where the queen used to play – has become seen as a symbol of the royal family’s distance from the harsh economic realities which sparked the crisis. It is still there as part of a palace which revels in royal pomp over two centuries on (0033 1 3083 7800; chateauversailles.fr; €18).

フランス革命が勃発したとき、王室は装飾された庭園に守られた豪華な別世界で暮らしていた。ルイ16世とマリー・アントワネットは、1789年10月6日にこの宮殿から移された。王妃が楽しい時間を過ごしていたのどかなプチトリアノンは、王家が厳しい経済状況の現実からかけ離れていた象徴として見られるようになり、革命を煽ることになった。プチトリアノンはヴェルサイユに現存し、2世紀に渡る王家の夢の跡を物語っている。

Musée Carnavalet
カルナバレ博物館

This intriguing museum (0033 1 4459 5858; carnavalet.paris.fr; €9), in the Marais, is dedicated to the history of Paris. It covers the Revolution with exhibits including some of Marie Antoinette’s possessions, and portraits of key players like Danton and Robespierre

マレ地区にあるこの興味深い博物館には、パリ市の歴史が展示されている。展示品の中には革命に関するものも多々あり、マリー・アントワネットの所持品や革命の中心人物、ダントンやロベスピエールの肖像画もある。