express.co.ukから文と、試訳。

***

Napoleon and Wellington’s ancestors go head-to-head…200 years after Battle of Waterloo

ナポレオン対ウェリントンの対決、ワーテルローの戦いから200年の時を経て

EXACTLY two centuries after the famous Battle of Waterloo, Napoleon and Wellington are waging war once again – only this time in the boardroom.

有名なワーテルローの戦いからまさに2世紀、ナポレオンとウェリントンが再び対峙している。ただし、今回は役員室でだが。

By Tom Batchelor
15:44, Sat, Jun 13, 2015 | UPDATED: 16:47, Sat, Jun 13, 2015
2015年6月13日

The descendants of the celebrated generals are now working head-to-head at rival investment firms, it has been revealed.

有名な将軍の子孫が、現在、ライバル同士の投資金融機関としてしのぎを削っていることが明らかになった。

Jean-Christophe Napoleon Bonaparte and Arthur Mornington are investment managers at leading private equity firms in the City of London.

ジャン=クリストフ・ナポレオン・ボナパルトとアーサー・モーニングトンは、ロンドンの金融街シティにある資産会社の投資マネージャだ。

Image: Wikipedia

But the pair have swapped the musket and cannon of their ancestors for well-cut suits and a battle for the billions of pounds which are traded each day.

二人は、祖先のマスケット銃や大砲の代わりにキリッとした背広を着用し、戦いの代わりに毎日何百万ポンドもの取引を行っている。

Image; Wikipedia “The Duke of Wellington, by Sir Thomas Lawrence. Painted in 1814, a few months before the Battle of Waterloo.”

Despite the historic tensions, neither man holds a grudge.

歴史的な緊張関係だったにもかかわらず、二人とも恨みをもっていない。

Mr Bonaparte, 28, said: “It is quite amusing to see that we both work in the same industry, but that we don’t replicate the rivalry of our ancestors.”

ボナパルト氏(28)は、「私たちは同業者ですが、先祖のライバル心は二人とももっていないということを考えると、なかなかおもしろいと思います」と語る。

image: express.co.uk “Jean-Christophe Napoleon Bonaparte”

While Mr Mornington, 37, the Marquess of Douro, added: “Jean-Christophe and I are friends, he’s a great guy.”Mr Mornington, who was educated at Eton College and Oxford, is also a descendant of Queen Victoria and is eligible to succeed to the British throne.Both are representing their respective families at events to mark the 200th anniversary of the 1815 Battle of Waterloo.

一方、デューロー侯爵モーニングトン氏(37)[父は第9代ウェリントン公爵チャールズ・ウェルスリー]は、「ジャン=クリストフは友人です。好感のもてる友人です。」と話す。モーニングトン氏はイートンカレッジに続きオックスフォード大学を卒業し、また、ビクトリア女王の子孫でもあり、英国の王位継承の資格がある。二人とも、1815年のワーテルローの戦い200周年記念式典に、それぞれの一族を代表して出席する。

Image: telegraph.co.uk “Arthur Gerald Wellesley, Earl of Mornington and Jemma Wellesley, (née Kidd) Marquess of Douro arrive to attend the ceremony”

They will travel to Belgium for commemorations that are set to take place later this month.Mr Bonaparte, who is the great-great-great-great-nephew of Emperor Napoleon I, told the Financial Times he felt “deeply European”.But in a subtle dig at his native France, he added: “We live in an open world, where money moves around.“Countries need to be more competitive and attractive.”

二人とも今月開催される記念式典に出席するためベルギーに向かう。皇帝ナポレオン1世の何世代も隔てた甥にあたるボナパルト氏は、「心底ヨーロッパ人」だと感じるとファイナンシャルタイムズ紙に語った。ただし生まれ故郷フランスに対する繊細な愛着から、「現在はオープンな世の中で、資金は国境を越えて動いています」と語った。

「それぞれの国が、もっと競争力をつけ人を惹きつけるようになるべきです。」

The Napoleon dynasty has maintained close links to the UK since that battle, when the general himself sought asylum in Britain following the humiliating defeat.And Emperor Napoleon III moved to Chislehurst in Kent after he fell from power in 1870.The Battle of Waterloo was one of the most important military conflicts of the 19th century, involving at least four armies and 200,000 soldiers.

ナポレオン家はワーテルローの戦い以降英国と緊密な関係を保ってきた。ナポレオン一世自身が、屈辱的な敗北の後英国に亡命を求めた。皇帝ナポレオン三世は、1870年に権力の座から退くとケント州チスルハートに移り住んだ。ワーテルローの戦いは19世紀の最も重要な軍事衝突で、少なくとも4カ国の軍隊と20万人の兵士が戦った。

Image: Wikipedia “The Battle of Waterloo by William Sadler II (1782–1839)”

It took place in present-day Belgium and saw a French army under the command of Napoleon defeated by a coalition of armies led by the Duke of Wellington.

The battle, fought on Sunday, 18 June 1815, left 12,000 dead and 35,000 wounded.

現在のベルギーで戦いが展開され、ナポレオン率いるフランス軍はウェリントン侯爵率いる同盟軍に敗北した。

それは1815年6月18日日曜日のことで、1万2000人が死亡し3万5000人が負傷した。

However, the French had been accused of being “bitter” after they failed to nominate a single official to commemorate the battle at events across Europe this month.

フランス人は、今月ヨーロッパ各地で開催される記念式典に出席者を出さず、「冷酷だ」と非難されていた。

Image: telegraph.co.uk “The current Duke of Wellington, Prince Charles Bonaparte and Prince Bluecher von Statthalter, descendants of the key players in the battle, shook hands before Charles unveiled the memorial.”「現在のウェリントン公爵、チャールズ・ボナパルト王子、ブルーチェア・フォン・シュタータルター王子、戦いのキープレイヤーの子孫が、チャールズ皇太子が記念碑を除幕するまえに握手を交わしている。」