Wikipediaより文と試訳

Les Gentilshommes du Duc d’Orléans

オルレアン公の紳士達

Les Gentilshommes du Duc d’Orléans dans l’habit de Saint-Cloud (English: The Duke of Orléan’s Gentlemen dressed in the frock coats of Saint-Cloud) is one of Henri Félix Emmanuel Philippoteaux best known paintings which he painted in 1839. However, this painting is only a copy of the original Gouache by Louis Carrogis Carmontelle from 1770.

「サン=クルーのフロックコート姿のオルレアン公の貴族」は、アンリ・フェリックス・エマヌエル・フィルポトウの代表的な絵画で、1839年に製作された。ただし、この絵画は複製画で、オリジナルはルイ・カロジ・カルモンテルが1770年に描いたグワッシュ画である。(訳注:そのオリジナルはオルレアン家が所有し、近く競売に出される。)

The painting shows six “gentlemen”(French: Gentilshommes) dressed in red frock coats and black stockings which was the outfit for the countryside of the House of Orléans. The six gentlemen are (from left to right): The Chevalier de Gax, the Marquis de Périgny, the Chevalier de Saint-Mars, the Chevalier d’Estrées, the Baron de Tourempé and the Chevalier Desparts.

この絵画には、オルレアン家の領地サン=クルー(パリの西5Km)で着用していた赤いフロックコートと黒いストッキング姿の6人の貴族が描かれている。左から、ギャックス騎士、ペリニ侯爵、サン=マース騎士、エストレ騎士、トゥロンペ男爵、デパー騎士。

This painting belonged to Prince Emmanuel, Duke of Vendôme. It was sold at auction with part of the Duke’s estate when he died in 1931. Today the painting belongs to the collection of the Musée Nissim de Camondo (Inv. CAM 568).

この絵画はヴァンドーム公エマヌエル王子が所有していたが、1931年に亡くなると邸宅と共にオークションにかけられた。現在は、ニジム・ド・カモンド美術館が所有している。

In December 1987 an extract of the painting was the front cover of the magazine Vogue Décoration. The front cover showed the extract with the Chevalier de Gax (half of him), the Marquis de Périgny, the Chevalier de Saint-Mars and the Chevalier d’Estrées.

1987年12月には絵画の一部がヴォーグ・デコラシオンの表紙を飾った。登場したのは、ギャックス騎士(半身)、ペリニ侯爵、サン=マース騎士、エストレ騎士だった。

The painting is very popular and is often copied and re-used as a design for wallpaper, cushions et cetera

この絵画は大変人気があり、壁紙やクッションなどに利用されている。

Image: lesartsdecoratifs.fr “The Gentlemen of the Duke of Orleans, ” Felix Philippoteaux (1815-84)”