マリー・アントワネットの美しい肘掛け椅子がオークションに出品されるという記事です。 architecturaldigest.comから記事と試訳です。

*****

Christie’s has announced an extremely rare lot up for auction on July 9 in London: a Louis XVI gilt-wood fauteuil en bergère that was designed for Marie Antoinette estimated at $459,000 to $766,000. The chair was made by François II Foliot, after a 1780 model by Jacques Gondoin, and features a sculpture by either Pierre-Edmé Babel or Toussaint Foliot. “It is a rare privilege to handle the sale of this exquisite and historic chair, which is an incredible piece of royal history,” says Amelia Walker of Christie’s London. “It was made for one of Marie Antoinette’s most personal retreats at Versailles, the Pavillon Belvédère in the jardin anglais at the Petit Trianon. This chair was part of the most expensive suite of seat furniture ever supplied to the queen, and is the only armchair to have survived.”

クリスティーズは、非常に珍しいロットが7月9日にロンドンでオークションにかけられることを発表した。マリー・アントワネットが注文した ルイ16世スタイルの木製金箔の肘掛け椅子 fauteuil en bergèreで、落札価格は45万9000ドルから76万6000ドルと見込まれている。ジャック・ゴンドワンによる1780年の模型を基にフランソワ II フォリオが製作し、ピエール=エメ・バベルもしくはトゥサン・フォリオの彫刻が施されている。「王家の歴史上でも逸品で、この優美で歴史的価値の高い椅子のオークションを扱うという数少ない機会に恵まれました。この椅子は、マリー・アントワネットのために製作された最も高価な椅子の一式の一つで、唯一今日まで残っている肘掛け椅子です。」とクリスティーズ・ロンドンのアメリア・ウォーカーが語った。

According to Christie’s, Marie Antoinette requested seating “in the very latest taste,” and court designer Gondoin provided her with a wax model for the armchair, complete with upholstery samples. The model still exists and is on display at the Louvre. The suite is known to have cost 20,000 livres and was later sold post-French revolution.

クリスティーズによると、マリー・アントワネットは「最新のデザインの」椅子という要望を出し、宮廷デザイナーのゴンゴワンはワックスで模型を製作し装飾も完成品と同様にしつらえて提示した。模型は現存しルーブル美術館に展示されている。この家具一式の価格は2万リーブルだったことが知られており、後にフランス革命後に売却された。

Image: .christies.com “Marie Antoinette’s armchair”

***from Christie’s***

This exquisitely carved fauteuil en bergère is the only known surviving armchair from a suite comprising eight side chairs and eight armchairs which were ordered in 1780 for one of Marie Antoinette’s most personal retreats, the Pavillon Belvédère in the ‘Jardin Anglais’ of the Petit Trianon.

この優美な彫刻のfauteuil en bergèreは、8脚のサイドチェアと8脚の肘掛け椅子の一式の中で唯一現存している椅子で、マリー・アントワネットの最も私的な隠れ家プチトリアノンの英国式庭園にあるパビリオン・ベルベデーレに設置するために1780年に注文されました。

Image: Wikipedia

Image: Wikipedia

*

2015年7月9日(現地時間)Christie’s Press Releaseから

落札価格:£1,762,500 (3億3,600万円)
18世紀の椅子として過去最高額

*