theguardian.comより文と試訳。

***
Charlotte the Japanese monkey to keep her name despite right royal row
正当な王室に関わる騒動にもかかわらず、ニホンザルのシャーロット、名前はそのままに。

City officials rule out complaints after baby macaque at Takasakiyama Natural Zoological Garden given same name as British princess

高崎山自然動物園で生まれたばかりのマカクザルに英国王女と同名を付けたことで殺到した苦情を、市当局は退けることにした。

Agencies in Tokyo
Friday 8 May 2015 10.20 BST
2015年5月8日(金)

Image: theguardian.com

A monkey born in a Japanese zoo will keep the name Charlotte, despite concerns that the decision could offend British royals.

英国王室の感情を損ねかねない決定に対する懸念にもかかわらず、日本の動物園で生まれたサルに名付けた「シャーロット」はそのまま変更されないことになった。

Oita city officials have settled a national debate by saying they would stick to their first choice because there was no protest from the royal family in the UK.

大分市当局は、英国王室から反対がなかったことを理由に、当初に選択した名前を固持すると発表し、国民的な論争に終止符が打たれた。

The flap began on Wednesday when the Takasakiyama Natural Zoological Garden called a newborn macaque Charlotte after the name came top in a public ballot. Immediately after the decision was announced, the zoo received complaints from some people who thought it was disrespectful.

事の起こりは水曜日で、高崎山自然動物園が生まれたばかりのマカクサルに、公募で一番多かったシャーロットと名付けたことに始まる。命名が発表されるやいなや不遜ではないかという苦情が相次いだ。

Kyodo News said that Japanese complainants had asked how people in Japan would react if a British zoo were to name an animal after a member of Japan’s revered imperial family.

共同ニュースによると、そのような国内からの苦情には、もし英国の動物園が崇拝する皇室一家の名前を動物につけたら、日本ではどう受け取るかと書かれていた。

Britain’s royals are immensely popular in Japan, where their easy familiarity with the public stands in marked contrast to the austere image of the country’s own imperial clan.

日本では英国王室の人気がかなり高い。自国の堅苦しい皇室に比べ一般市民に打ち解けた姿が際立っている。

A recent visit by Prince William was followed in detail by Japan’s media, which revelled in the chance to show pictures of him dressed as a samurai lord.

近頃ウィリアム王子が訪日したときも、日本のメディアはことごとく追いかけ、王子が大名の衣装を着た写真を見せることができて大はしゃぎした。