傑作に隠された意味を探っています。telegraph.co.ukの記事から抜粋と、意訳です。

***

Image: telegraph.co.uk

Every one of Dan Brown’s Da Vinci Code theories about Leonardo’s fresco has been debunked by scholars: St John the Evangelist is not Mary Magdelene, as Brown argues, and there is no disembodied hand. But that hasn’t stopped art historians adding a few wacky hypotheses of their own. Vatican researcher Sabrina Sforza Galitzia claims to have cracked the mathematical and astrological code contained in the half-moon window above Christ’s head, revealing portents of a “universal flood” which will begin on March 21, 4006, and end on November 1 the same year, destroying the world, but marking “a new start for humanity”.

レオナルド・ダヴィンチのフレスコ画に関して、作家ダン・ブラウンが「ダヴィンチコード」で唱えた説はことごとく専門家が否定した。洗礼者ヨハネはマグダラのマリアではなく、誰のものでもない手などない。ところが、それでもなお独自の風変わりな説を唱える美術史専門家がいる。ヴァチカンの研究者サブリナ・スフォルツァ・ガリツィアは、キリストの頭上半月型の窓に数学的・天文学的暗号が隠されていると主張する。4006年3月21日に始まる「世界の大洪水」の兆しを意味しているというものだ。洪水は同年11月1日まで続きこの世を一掃するが、同時に「人類の再出発点」となるとしている。

*

Image: telegraph.co.uk

A joyous celebration of female beauty and gaiety? An exuberant pagan ode to the season of renewal? Nothing so simple. Botticelli’s masterpiece is not only a botanist’s dream, with 500 identifiable plant species, but has been variously interpreted as containing the clues to a plot against the Medici and an attempt to reconcile the ideals of Christianity, Judaism and Islam, a pet project of Neo-Platonist intellectuals at the Medici court. If that seems far-fetched, Renaissance Florence rivalled Sixties California for wacky theories and spurious gurus. Botticelli attached himself to one of them, the hellfire preacher Savonarola, and his work took on a more austere and mystical turn, before his spiritual guide was burned in the city’s main square in 1498.

女性美と陽気さの祭典だろうか。それとも、再生の季節を祝う華麗な異教徒の賛歌なのか。いや、それほど単純ではない。ボッティチェリのこの傑作は、判別可能な500種もの植物が描かれた植物学者の夢の世界であるばかりでなく、様々に解釈されてきた。メディチ家に対抗する陰謀の手がかりや、キリスト教とユダヤ教、イスラム教の理想を調和させる試み、メティチ家に集まったネオプラトニズムの学者たちの思想等だ。それが持って回ったように見えるようだったら、ルネサンス時代のフィレンツェは風変わりな論説と疑似指導者という点で60年代のカリフォルニアに似ている。ボッティチェリは業火のような説教者サヴォナローラに心酔し、その作品は禁欲的で神秘的な作風に様変わりした。その後、サボナローラは1498年にフィレンツェ中心部の広場で火刑に処せられた。

*

Image: telegraph.co.uk

No self-respecting 16th century artist would have undertaken a project on the scale of Michelangelo’s Sistine Chapel ceiling without throwing in at least a few puzzles to confuse later viewers. According to one recent theory, the ceiling’s nine episodes from the book of Genesis are a set of kabbalistic messages, with the poses of the figures spelling out letters in the Hebrew alphabet. David and Goliath form the letter gimel, which symbolises strength in the Jewish mystical system – all part of annattempt, on Michelangelo’s part, it is argued, to create a bridge between Catholicism and Judaism. Other commentators, many of them doctors, have managed to piece together most of the human nervous system and other essential body parts in the ceiling’s vast design.

16世紀の自尊心ある芸術家なら、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画のようなスケールのプロジェクトを引き受けたら、後世の人々を惑わせる謎を少なくとも数件は埋め込まずにはいられないだろう。最近の仮説によると、天井に画かれた9つの創世記の物語には隠されたメッセージが込めらているらしい。人体のポーズはヘブライ語のアルファベットを形作っているという。ダビデとゴリアテは、ユダヤ教神秘主義で力強さを意味するギメル(ヘブライ語3番目の文字)を型取っている。そして、すべてがカトリックとユダヤ教の橋渡しを試みているという。その他の説では、主に医師によるものだが、人間の神経系統と人体の基本的部分を天井画全体の構図の中に見立てている。